短編1
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊というもの

music:1

たまに幽霊はいるいないで議論することがある…

そんなときはいつもわからないと答える。

中途半端な科学者ならいないと答える人が多いかもしれない。

だか今、人間が持っている知識でさえ人間が勝手に決めて信じ込んでいる知識に過ぎない。

新発見というものも今持っている知識以外を知ったときに認識できる。

今、世界中で新発見が起こっているのはその未知数の知識の膨大さを物語っている。

その中の一つに幽霊というものも含まれているかもしれない。

例えば、人は一人一人違う世界を見ているとする。

同じ世界を見てる人もいるかもしれない。

だから幽霊が視える人や視えない人や、いないと考えてる人がいると思う。

答えというものは無限にある。

自分で決めるしかない。

だから俺は分からないという。

Normal
閲覧数コメント怖い
23800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ