長編17
  • 表示切替
  • 使い方

契り

「なぁ、やってみない?」

 酔客の声に負けないようにボリュームを2つほど上げて、Nは言った。

 俺は、良く冷えた生ビールを喉に流しながら、片手で奴の話を制す。

 ゴクッゴクッと喉を鳴らし、一気に空けて、タンッとジョッキをテーブルに落とす。

 「かぁ〜旨い! 死んでもいい!」

 お気に入りの居酒屋で飲む生ビール、最高だ!

 お通しの、茄子のニンニク醤油を一つつまみ、口に頬りこむ、これまた美味。

 「で、何だっけ? 何の話?」

 ふたつめの茄子に手を付けながら俺はNとの会話を戻した。

 「だからぁ、呪いのアパートだって」

 メニュー表に目をやりながらNが言う。

 「ああ、はいはい、アパートね、そんで? 何で俺が住むの?」

 「実はさ、次はホラーを題材で書きたいんだよね」

 自称小説家のN、小金もちの家庭でニート暮らし、まあ、たまに家の仕事を手伝っているらしく、ニート呼ばわりすると結構マジで怒る。

 21歳にもなって定職にも就かず、フリーターで好きなことやってる俺も、他人のことは言えないけどね。

 二杯目を注文しつつNは続けた。

 「それで、K町にあるアパートなんだけど、結構ヤバイ噂があるのよ」

 小声になり、雰囲気を出そうとしたNだったが、周りがうるさくて聞こえないことに気付き、声量をボリューム3に戻す。

 「そのアパートに住んだ人達はさ、みんな普通じゃなくなるんだって」

 「普通じゃなくなる? 具体的に頼む」

 「ノイローゼ、鬱、自殺未遂、などなど...まあ、全部噂だけど」

 「ようは、精神に異常をきたすってことか、そんでその原因が呪い...?」

 「だからぁ、それをJが体を張って調査するんだよ」

 Nは何でそんなことも解らないんだ位にいい放った。

 「何で俺がお前の小説の為にお化け屋敷に住まなきゃならねんだよ」

 「だってJ部屋探してるって言ってたじゃん?」

 「ああ、確かに探してる、だが、そこに住むいわれはない」

 「それがさ、そのアパートそんな噂が広まっちゃったから、入居者全然入らないらしくて、今はただみたいな家賃で貸してるらしいんだよ、お前、金ないんだろ」

 流石、俺を一番よく知る男、痛いところをついてくる。

 確かに金はない、身の丈に合わない買い物をしてしまい、高額ローン返済中だ。それで今のアパートより安い部屋を探している。

 「そこでだっ! 俺からの提案」

 急に声を張るN、ボリューム6。俺は隣の席のサラリーマンに軽く頭を下げる。

 「俺は小説のネタにそのアパートを調査したい、お前は安いアパートに引っ越ししたい、利害の一致だな」 

 「お前は得しかしてねぇだろが」

 素早く突っ込む俺に、Nも切り返す。

 「調査費として半年分の家賃を俺が払う、それで何もなければそのまま住めばいい」

 「何でそこまでする? Nが住めばいいだけじゃねぇのか?」

 俺のごもっともの疑問にNは応える。

 「えっ? 何で? 嫌だよ! 怖えーじゃん! 俺、呪われたくないもん」

 清々しい位の素直さ、昔からだが、いい性格している。

 「俺が呪われるのはいいってことか?」

 「でも、J、お前、呪いとかそうゆうの信じてないじゃん」

 「そりゃそうだが、わざわざ変な噂の所に住むことはないな」

 俺はそう言うと、この店自慢の焼き鳥を頬張り、奴の反応を待った。

 「...分かった、半年後に取材費で5万出す、それでどうだコラ! あっ? 貧乏人!」

 口の悪い男に向かって俺が言う。

 「あと、ここの払いもな」

 そう言うと俺は、この店で一番高い刺身の盛り合わせを注文した。

separator

後日、Nと一緒に不動産屋に向かった。

 事前にNが下調べしていたので、例のアパートを管理している不動産屋は直ぐにみつかった。

 担当のおっさんと部屋の詳細、間取りや住所が書いてある紙を見ながらいろいろ話を聞いた。

 事故物件ではない、3年前に建て直ししたが、その前のアパートでも人が亡くなる様なことはなかった。

 何故か男性の住人ばかりがこの部屋を借りる、一年ともたない、入れ替わりが激しく変な噂が立ち、家賃を下げざる得なくなった。

 実際、K町の家賃相場を確認したが、その部屋は相場の半分以下だ。

 「何故、前の住人の方達はすぐに出ていかれたんですか?」

 俺はストレートに聞いてみた。

 「私共は退去される理由までは聞きませんので、分かりかねます」

 そのあとも、幾つか質問してみたが、守秘義務やら個人情報保護法がなんちゃら言われ、上手くはぐらかされた。

 Nは事前に情報をあまり入れたくないらしく、ほとんど口を挟まない。

 得るものも無さそうなので、契約の話に移ろうとした時、Nが「ちょっといいですか」と口を開く。

 それから、Nの家賃値下げ交渉が始まった。

 すでに、かなり破格だと思うがNは相手の足元をみて話を進める。

 こっちは無理に借りる必要もないので、強気の交渉ができた。

 結果、家賃を二千円下げることに成功。契約書に判子を押して、前払いで家賃半年分をNが支払い、鍵を受け取り不動産屋を後にした。

separator

最寄り駅を降りK町に向かう、駅から少し歩くと商店街があり、わりと賑わっている。

 商店街を抜け右に曲がり、しばらく歩くと大きな神社が見えてきた。

 地図を確認すると神社と反対側の歩道を少し行った所にそのアパートはあった。

 外観はグレーでメゾネットタイプのアパート、部屋数は4つで、俺の部屋は向かって一番左の101号、例の部屋だ。

 築三年だけあってまだ綺麗な外観を保っている。

 「おいおい、なんか良い感じじゃないか?」

 何故か残念そうにNが言う。

 「俺的にはツタとか壁にわさわさっと着いてて、おどろおどろしい感じが...」

 Nを無視して預かった鍵で早速ドアを開ける。

 玄関に入ると、正面に2階に上がる階段が見える。

 三和土を上がり、左のドアを開けると六畳の洋室、中に入り左手、アパートの正面になる部分に、小さいながらテラスがあり、右手には五畳程の、ダイニングキッチン、風呂、トイレがある。

 風呂とトイレ別は俺の中で高得点。とりあえず、換気のため部屋中の窓を開けていく、階段で2階に上がると直ぐにドアがあり、開けると五.五畳の洋室、左手にある間仕切り扉を開けると六畳の和室、奥にベランダ、両方の部屋に一畳位の押し入れがある。

 全部の窓を開けてから畳に座り込み、そのまま大の字に寝転がる。

 畳の匂いがする。たまに嗅ぐと妙に落ち着く。

 「幽霊のでる部屋には見えねぇなぁ」

 いつの間にか隣の洋室にいたNは部屋を見回しながら一人ごちた。

 俺は身を起こしあぐらになってNに言う。

 「お前の一人損になりそうだな」

 Nは俺の隣に腰を下ろした。

 「ああ、だが、火のないところに煙は立たねぇからな」

 と、Nは不適な笑みを浮かべる。

 「そうゆうものかねぇ、...ところで調査って何をすんだよ?」

 「んっ、ああ、特に何も、此処で暮らしていれば何か起きるだろう、それを、五日に一回程度、報告してくれ」

 「そんなんでいいのか? ...カメラ仕掛けたり...」

 「そんな物仕掛ける金はない」

 Nはピシャリと言った。

 「でも、何も起きなければどうする?」

 「あまりにも何もなければ、こっくりさんなり、ひとりかくれんぼなり、やってもらおうか」

 「こっくりさんは分かるが、ひとりさくらんぼってなんだ?」

 初めて聞く言葉、疑問をぶつける。

 「さんらんぼじゃねぇよ、かくれんぼ、降霊術の一種で...まぁいいや、やる時に説明する」

 「さてっ」とNは立ち上がった。

 「そろそろ、親父のワンボックスが使える時間だ。さっさと引っ越しやっちまうか」と、大きく伸びをした。

 男の独り暮らしだ、荷物なんかたかが知れてる。ワンボックスを2往復で事足りた。

 元々6畳一間の部屋の荷物も、一時間で片付いた。

 住人への挨拶もすまし、二人で引っ越し蕎麦を食い、Nが帰る頃には22時を回っていた。

 心地よい疲れの中シャワーを浴び、缶ビールを二本空け、その日はすぐに床に着いた。

separator

「でっ! どうだった?」

 せっつくNを、まあ、待てと片手で制す。

 ゴクッゴクッとのどを豪快にならし、一気に空ける。

 「かぁ~ 旨いっ!死んでもいい!」

 死んでしまえ...ボソッと呟くNの声を、俺は聞き逃さない。

 今日は、第1回調査報告会、あのアパートに住んで5日が過ぎた。

 目を輝かしているNを見ているのも心苦しいので、単刀直入に言う。

 「結果から、言うぞ」...息を飲むN

 「幽霊は見ていない、呪われた実感もない」

 露骨に嫌な顔をするN

 「.........くそぅ...くそー!」

 そう言うと、ジョッキを持ち上げ一気に煽る。

 だが、まだ話は終わっていない、

 「でもな、...」俺がそう言うとNは片手で、待て、と俺を制する。

 これは、やられると結構ムカつく。

 どんっとジョッキを下ろし、なげやりに「で?」と一言。

 「音は..するんだよ...」

 Nの目に若干、光が戻る。

 「音? どんな?」

 「畳を擦るような音だろ、床に何か転がる音、壁をノックする音」

 「マジ...で? え? お前、怖くないの?」

 「怖えーよ普通に、でも、音だけだから、慣れてきたわ」

 「慣れるんだ?」と何やらメモを取り出し、書きはじめた。

 そのまま、いつ、どこで、どんな時? と、事細かく質問され、一通り説明した後、俺は一番気になる事を話した。

 「寝室を2階の洋室にしてんだけどさぁ、隣の和室で畳の擦れる音がさぁ...日に日に近づいて来てるっぽいんだよね、俺のベッドに...」

 「怖えぇぇ、やめろお前、嘘だろ? どっかで聞いた事ある話だ、作り話だろ?」

 「いや、本当だ、こう言うときは寝床を変えたほうがいいのか?」

 「悪りぃ、分からん、調べておくよ」と、Nは話を切り、その場はお開きとなった。

 結局、寝床を変えてもそっちに来たら同じだと思い、俺は同じベッドで寝続けた。

 擦る音は相変わらず近づいて来る様な気がしたが、なるだけ気にしないように過ごした。

separator

 

 薄暗い部屋に灯る光...影が揺れている。蝋燭の火だろうか? 薄い布団に寝ている。

 そして、俺の上に股がる赤い着物の女...

 両手で俺の首を抱えた状態で顔は向こうを向いていて見えない。

 髪は結っておらず、黒く美しい髪がゆらゆらと揺れている。

 ゆっくりと動かしていた女の腰が徐々に激しくなる。

 大きくなる女の喘ぎ声に興奮して、俺も負けじと下から突き上げる。

 暫くの快楽の後、互いが絶頂に達した。

 俺の上でぐったりとする女が愛おしくなり、顔が見たいと女の肩を持ち上げる。女の長い髪が俺の顔をすべっていく...女の顔が見えそうになる......。

 そこで...目が覚めた。

 部屋の天井を眺めながら、妙に生々しい夢の余韻に浸っていたが、パンツの中の違和感に気付き、着替えるために脱衣場に向かった。

separator

 

 「相変わらず、音だけか?」

 前ほどふざけた感じではなく、少し心配してるようにも見えるNとの、第2回調査報告会が始まった。

 「そうだな、まだ幽霊は見てない、ただ、この前、夢精した」

 「はっ!? 何ふざけてんだお前、俺はお前の性生活を書きたいわけじゃねぇぞ」

 「んなこと分かってる、まあ聞け、擦る音は相変わらずだったんだよ、近づいてくる気配、でもな、その夢を見てから、擦る音だけぱったりとしなくなった」

 俺は一呼吸おいて、続ける。

 「あの夢と何か関係があるのかもしれない、根拠はないがそんな気がする」

 「どんな夢なんだよ?」

 「エッロイ夢だよ...」正直、あまり話したくはない。

 「全然分からん、具体的に話せよ」

 取材費を貰う以上、話さない訳にはいかない、観念して着物女との情事を話した。

 「なるほど、まあ、普通に考えれば毎日少しずつJに近づいて、その日に到達し、夢に現れた...か、それから何か変わった事は?」

 「別に、相変わらず擦る以外の音は聞こえるが...それくらいだな」

 「そうか...、しかし、その着物の女は何者なんだろうな? あのアパートの元凶なのか...」

 俺に分かるはずもなく、黙っていると、Nが独り言のように喋る。

 「夢の部屋の雰囲気は...遊郭の部屋だな...、蝋燭ってことは古い時代...照明は無かったんだろ?」

 「ああ、無かった」

 「と言うことは...電気...普及...明治だから..それ以前...」と、ぶつぶつと呟き、ひとりの世界に入って行く。

 こうなるとNは長い、「俺は先に帰るぞ」と、一言いうと、Nは片手をひらひらさせ、それだけで挨拶をすませた。

separator

 

 ぬるめの湯にゆっくりと浸かり入浴を済ませ、くつろごうと、冷蔵庫からビールを取り出し、2階に上がる、夜風で涼もうと窓を開け、網戸にする。

 明るいままだと外から丸見えなので、豆電球にして明かりを落とす、ついでに和室の換気をしようと仕切り扉を開けた。

 思考より体が先に反応した。

 一瞬で全身が粟立ち、扉を開ける手が止まる。

 半分ほどひらいた扉、その先にそれはいた。

 横座りの状態で顔は俯き、黒く長い髪を下に垂らし、赤い着物を纏った女。

 怖い...俺は...初めて本当の恐怖を感じた。

 身体が硬直し動かない、いや、動くのだろうが、少しでも動けば相手が飛び掛かって来そうで動けない、まばたきすらできない。

 全身から嫌な汗が流れ、開きっぱなしの目から泪が落ちる。

 すると、女は横座りのまま、指を下に、手の甲をこちらに向けた左手を、ゆっくりと上げる、胸の辺りで下を向いてた指を上に返し、止まる。

 何か、女の左手に違和感を感じたが、そんな事を考えてる余裕はない、逃げ出したい、しかし動かない身体、そして、俯いていた女の顔がゆっくりと動きだす、顔を上げようとしているのだろう。

 ヤバい、今でこの状態だ、目でも合おうものなら、精神が持たない。

 そんな俺の気持ちなど関係なく、女はゆっくり顔を持ち上げる。

 その時、テーブルに置いてあるスマホが着信した。その音をきっかけに固まっていた身体が動く、頭が命令するより先に体が走った。

 スマホを拾い上げ、階段をかけ降り、一目散に玄関を飛び出した。

separator

 

 アパートから距離を置き、すぐにNに電話する。

 コール音がもどかしい、8コールで間の抜けた声がした。

 「もしも~し」

 「Nか、でたぞ! やばいっ、マジででた!」

 「なんだよ? でたでたって、また夢精でも...」

 「違えーよ! 馬鹿野郎! ふざけてんじゃねーんだよ!」

 俺は恐怖を打ち消そうと怒鳴り声になってしまう。

 「なんだよ、どーした? とりあえず落ち着けよ、今何処だ?」

 それから、近くのファミレスで落ち合うことにした。

 「なるだけ急いで向かう、お前は深呼吸でもして待ってろ」

 人と話すことで少し落ち着いてきた。

 「怒鳴って悪かった...」珍しく素直に謝る俺。

 「ああ、じゃあ、あとで」と電話を切ろうとするNを呼び止める。

 「ちょっと待てN、ついでに何か履くものを持ってきてくれ」

 俺は、裸足で部屋を飛び出していた。

separator

 俺は裸足なので店には入れず、ファミレスの駐車場で座り込み、俯いていると、頭上で声がした。

 「おす、とりあえず中に入るか」とサンダルを投げてNが言った。

 席につき対面する俺の顔を見てNが顔をしかめる。

 「酷い顔だな、真っ青だぞ」

 それだけ言うと、普段せっつくNだが、俺の気持ちを汲んでいるのだろう、こっちから話すまで待つようだ。

 冷たい水を一気に飲み干し、ふぅ〜と長い息を吐き、ついさっきの出来事を話した。

 一通り話を聞き終え、Nが口を開いた。

 「で、どーする? 実際でるのなら、あそこには住めないだろ?」

 「そんな事を言っても、引っ越しする金がない、貯まるまでは住まなけりゃ...」

 さっきの恐怖が甦り頭をかかえていると、「J、その指どうした?」と、Nが言う、指? 頭から両手をテーブルに下ろす。

 「...なんだよ...これ...?」俺の声は震えていたと思う。

 左手の小指に小さな、無数の傷がつき、血は出ていないが沢山の傷で指は真っ赤に見える。

 「...なぁ、Nぅ、なにこれ? 」

 涙声でNに問う...。

 「...俺にも分からない、でも、あの部屋からは離れたほうがいい...」

 「おまえは! なんでそんなに冷静なんだよ!」

 テーブルを両手で叩き、立ち上がり、叫ぶ。

 まわりの客の視線が刺さる、知ったことか、Nを睨み付ける。

 Nは俺の目を真っ直ぐに見て言う。

 「俺だって怖えぇよ、でも、ふたりでパニクっててもしょうがねぇだろうが!」

 Nも立ち上がり、俺の肩に手を置き、座らせる。

 完全に八つ当たりだ、解ってる、俺は、恐怖と情けなさで声を殺し泣いた。

 「家に使ってない部屋があるから、金が貯まるまでそこで暮らせ、明るくなったら一旦帰って必要なものだけ運んじまおう」 

 俺はうなずく事しかできなかった。

separator

 

 深夜2時を回った頃から、体がだるい、恐らく熱もあるだろう、ふしぶしも痛く、風邪をひいたようだ。

 Nにその事を伝え、テーブルに突っ伏し少し休ませて貰う。

 「そろそろ、行くか」とNの声、どれくらい経ったのか、時間の感覚がない、重い頭を上げると、空は明るくなっていた。

 スマホしか持っていない俺の分も、Nが会計を済ませ、ファミレスを出た。

 重い体を引きずり、歩くと、アパートが見えてきた。恐怖心はまだあるが、何より横になりたかった。

 鍵のされてないドアを開け、中に入る。

 「悪りぃ、N、俺ちょっと休んでいいか?」

 「ああ、勿論、俺も少し寝かせて貰うよ」

 まだ早朝なので、バイト先に人はいないだろうと、電話はやめて、休みたいとメールを一本打ち、そのままベッドに倒れ込んだ。

separator

 

 冷たいタオルが額に乗せられ、目が覚めた。

 「悪い、起こしちまったか」

 目覚めても、体はだるく、熱も下がってないようだ。

 「どうだ、調子は?」と、Nがペットボトルの水を差し出す。

 上半身だけ起こし受け取り、一口飲み応える。

 「良くないな、さっきより悪いかも」

 「だろうな、熱も下がってなさそうだし、あと、指も酷くなってる」

 言われて指を見ると、無数の傷口から膿が吹き出し、小指全体がぐちょぐちょとしてグロテスクだ。

 N曰く、拭いても、拭いても膿が出てくるらしい。

 「どうなっちまうんだろうな、俺?」グロテスクな指を眺めながら弱音がでた。

 「とりあえず、お前が起きたら病院に行こうと思ってたんだ。車を取ってくるから、少し待っててくれ」

 「えっ?」とNに顔を向ける。

 俺の顔は相当、不安そうな顔になっていたんだろうな、Nが諭すように優しく言う。

 「こんな真っ昼間から、流石にでてこないだろ、すぐ戻るから寝てろ」

 時計を見ると、正午を少し回ったところだ。

 ひとりになる不安はあったが、やはり、明るさは恐怖心を和らげる。

separator

 Nが出て行きひとりになる、眠ろうと努めるが、つい先程まで寝ていたので寝付けない、何度か寝返りを繰り返した後、尿意を感じた。そう言えば暫くトイレに行ってなかった。

 ふらつく体を慎重に進め、階段を降りる。小便を済ませ、ついでに汗をかいた服を着替えた。

 階段を上がるのがしんどく、手をつきながら四つ足で登る、四つん這いで寝室に着き、ベッドに向かう。

 苦労し、たどり着いたベッドに腰掛け、テーブルの水を取ろうとして、ふと、隣の和室に目がいった。

 「......なん...で?」

 カーテンを閉めてはいるが、充分明るい和室にそれはいた。

 昨夜と同じ様に横座りで俯き、左手をゆっくりと上げている。

 俺は、恐怖と熱で朦朧とする頭で訳が分からなくなっていた。

 ...何故? なんで俺がこんな目に? こいつは...何?

 恐怖の次に俺から涌き出た感情は、怒りだった。

 「何なんだよっ! お前はっ!あぁ!?」

 言うと同時に部屋中の物に当たり散らす、テーブルの物を手で払い落とし、カラーボックスを倒す、カーテンを引きちぎる。

 恐怖心と怒りで暴れるが、弱った体は直ぐに膝をついた。息を切らし女に目をやる。

 左手をこっちに向け、今は顔も上げている、その顔は、蒼白く美しい、怒っている様にも、泣いている様にもみえた。

 上げている左手、違和感の正体、女の左手、小指が短い...、第一間接が欠損していた。

 「それかぁ... あぁっ! それなのかぁ、あー!?」

 言いながら、辺りを見回す、散らかった部屋からハサミをみつけ拾う、

 「ほしけりゃ、くれてやるよ!」

 俺はそう言うと、右手で持ったハサミを左手の小指にはさみ、力一杯右手を握った。

 「ぐうぅわあぁぁぁー」

 激痛、流れ落ちる血...、痛みと熱で意識が飛びそうになる。

 側にあるテーブルを脛で蹴り上げ、意識を保つ、だが所詮、文房具のハサミ、肉は切れても骨まで断てない、俺はハサミを投げ捨て、血と膿でグロテスクな小指を口に含み、力の限り噛みついた。

 激痛で震える左手、力を込めて震える顔...。

 「ごりっ」と鈍い音が頭に響き、口から左手が離れる。

 ぺっ!っと口から小指を吐き出し、右手で取る、「ほらよ」と、それを女に、ぽいっと放り投げる。

 頭が朦朧とする...左手が痛い...涙で女の顔は見えない...そのまま、ゆっくりと意識の底に沈んでいった。

separator

 

 気がついた時は病院のベッドの上だった。2日間眠りっぱなしだったらしい。

 俺の意識が戻ったと連絡を受けたNは、三十分もしないうちに駆けつけた。

 涙と鼻水でグシャグシャの顔で、全部俺のせいだと、俺も指を切って責任をとると大騒ぎした。

 結局、お前の指なんか要らねえから、小説で賞でもとって賞金を寄越せってことで落着した。

 俺は左手の小指を第二間接まで失った。

 現場を散々探したが、何処にも指は無かったそうだ。

 例え、見つかったとしても、切断面がぐちゃぐちゃで、綺麗にくっつけるのは無理だったらしい、そりゃそうだよな、噛み切ったんだし。

 これでまた、頭がおかしくなった男が、自分の指を食いちぎったなんて噂が広まるのかもしれない、でも、まあいいか、俺はあのアパートを出る気はないしな。

 もう、あの女はでてこない確信がある。

 あの日、俺のやったことが正解なのかは分からない、だが...。

 指を女に渡し、気を失しなった時に、俺は...夢を見た......。

nextpage

 

 遊女になった巫女の悲恋の物語...。

 あの女が見せたものなのか、俺があの女のイメージで勝手に見たものなのかは分からない、だが、俺の指一本であの女が報われるなら、別にいいかなと、今は思える...。

 何で、報われたか分かるかって? それは、あの時、気を失う寸前、微かな意識の中で、確かに俺は声を聞いたんだ。

 「ありがとう」と。

  (完)

~Good end〜

separator

********

*****

***

「いいよ! いいよ! N君、良く書けてる! これ、実話なんだって? いや~いい! 編集長に押しとくよ」

 「ありがとうございます」

 丁寧に礼を言い、出版社を後にした。

 ......結局、あの後、1週間後にJは死んだ...。

 俺は思う...Jがあの時、聞いた声は、こう言ったんじゃないだろうか。

 

 「ありがとう...これでずっと一緒だね...」と。

 

  〜Bad end~

Normal
コメント怖い
11
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@ふたば
色々な解釈が聞けてたのしいです。
勉強になります。
ありがとうございました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@アンヴァシオン
そうですね(笑)、ですが彼も心に大きな傷を負った
と思うので、御勘弁下さい。
ありがとうございました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@mami-2
ありがとうございます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

むぅさん、雪-2さん、
ありがとうございました。
励みになります。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@珍味
ありがとうございます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信