中編3
  • 表示切替
  • 使い方

曾祖母ちゃん

これは、私が体験したお話しです。

…なんというか、オチどころが未だに分からない内容なので、読み終わった後、皆様には悶々と不快な感情を抱かせてしまうかもしれません。

その辺りをご了承頂いた方は、続きをお読み頂ければと思います。

nextpage

separator

当時、私は小学校2年生だったと思います。

夏休みに入っていた私は、K県に住んでいる曾祖母ちゃんの家へ遊びに行きました。

曾祖母ちゃんの家は、それはそれは田舎で、以前紹介したE県の私の田舎よりもはるかに田舎で、最早【田舎】というよりは【魔界】という表現が似合う程、山々に囲まれ既に廃墟と化した民家が2,3件ほど残っているだけの土地に住んでいました。

nextpage

何度か引っ越しを提案したものの、認知症も半分来ていたのか、元が頑固故なのか、頑なにその地を離れることを拒み続けていました。両親はそんな曾祖母ちゃんに愛想を尽かす場面も多々あったのですが、私は単純に優しい曾祖母ちゃんが大好きでした。

nextpage

曾祖母ちゃんが作ってくれるおはぎは絶品でしたし、畑で取れた野菜は、野菜嫌いの私が唸り、かぶり付くほどフレッシュで美味しいかったのを覚えています。その日も、曾祖母ちゃんの作った手料理をたらふく食べ、おはじきやお手玉で遊び、畑仕事を手伝って…父親と虫取りに行ったり、母親と庭で花の種を蒔いたり、滞在期間の2泊3日を満喫していました。

nextpage

いよいよ、大阪へ帰る日の朝。

私は「帰りたくない。」とだだを捏ねました。

曾祖母ちゃんの家は、なかなかいけるような場所ではなく、次にいつ会えるか分からなかったが故に、別れるのがとても寂しく感じました。

nextpage

普段ワガママを言わない私があまりにもだだを捏ねるので、両親もすっかり困っていたと思います。

そんな私の手を握って、曾祖母ちゃんはしわくちゃの顔をもっとしわくちゃにして、私に笑い掛けました。

「雪ちゃん、心配せんでええ。またすぐ会える。」

その言葉に子供故に純粋だった私は、素直に頷き、大阪へと帰ったのでした。

nextpage

separator

夏休みも終わり9月に入り、新学期でパタパタと忙しく過ごしていた私に、ある出来事が起きました。夜中、トイレへ起きた際、枕元に曾祖母ちゃんが座っていたのです。

驚いた私は声を上げようとしました。

「しーっ。」曾祖母ちゃんが私の口へ人差し指を当てます。

「雪ちゃん、約束通り会いに来たんよ。元気そうやねえ?」

nextpage

私は、小さな小さな声で言います。

「曾祖母ちゃん、いつ来たん?びっくりした。」

「今、来たんよ。会いたくなってねえ。」

「そうなんや、いつまでおるん?明日は学校も休みやから一緒に遊ぼう。」

そういうと、少し困った顔をした曾祖母ちゃん。

nextpage

「それは出来んのよ。ごめんね…でもまた遊びにおいで?」

「曾祖母ちゃんは、もう来てくれんの?」

「うーん…何回もは、難しいんだけどまた試してみるねえ。」

そう言って、私の頭を撫でた曾祖母ちゃん。

気が付くと朝でした。

曾祖母ちゃんに言われた約束があります。

nextpage

「お父さんと、お母さんには、今日バアちゃんが来たこと言っちゃダメよ?」

私は、その約束を守りました。

それから、曾祖母ちゃんが家に来ることもなく、私が遊びに行くこともなく、小学校5年生の時、曾祖母ちゃんは自宅で亡くなりました。老衰だったようです。加齢ということもあり、2日に1回介護ヘルパーさんが様子を見に来てくれていたらしいのですが、発見した時には布団の中で冷たくなっていたのだそうです。

nextpage

separator

私が見た、あの曾祖母ちゃんは何だったのでしょうか?

曾祖母ちゃんは不思議な力なんてやつを持っていたのでしょうか?

nextpage

だったら…

最期の瞬間に、それでなくても、いつだって、会いに来て欲しかった…

何の謎も解けないままに終わってしまった曾祖母ちゃんの人生。

会いに行けなかった事が、今思い出しても悔やまれる。そんな思い出話です。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,49318
33
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@ろっこめ 様
早速、執筆していると聞いて、今からワクワクしてるよ!!
こめちゃんの作品を久々に見れるなんて…
楽しみだなあー( *´艸`)♡♡

生霊と幽体離脱って別物って認識で良いのかな?
でも、どっちにしたって不思議な奇跡が起こったって事よね!!
幸せな時間だったなあ…
もう二度と経験することはないからこそ、素敵な思い出としてずっと覚えていたいなあ。。。

執筆作業頑張れ!!!うちも、新作を書き始めるぞー!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@ちっちっち♪ 様
ちいちゃんコメントありがとう♪

うちの特殊能力って、多分多少の霊感があるくらいのものなんやろうけど、強いて言うなら…うちは4色型色覚を持ってる。ってくらいかな?

返信

@F 様
お久しぶりです!!
コメントありがとうございます。
今回は久々の実体験でした。お楽しみ頂けましたでしょうか?

曾祖母ちゃんに関しては謎に包まれたままなのですが、アレは夢だとは思いたくないくらい、素敵な思い出なので、曾祖母ちゃんには特殊なスペックがあったと、今でも信じております!!

ドラマの引用ですが、人間の脳は数%程度しか機能していないらしいですね?残りの脳にどれだけの可能性が秘められているのか…なんとも興味深い話です。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@むぅ 様
コメントありがとうございます!!
お久しぶりです!!
今年の猛暑には本当に困ります…
1日クーラーをつけっぱなしで、電気代が恐ろしい…

こめちゃんも忙しいみたいで、心配ですが…
微力ながら!!私、このサイトの活気になれるように貢献いたしまする故!!!
過度な期待はせず(←)楽しみにしていてくださいね♬

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@月舟 様
つっきーコメントありがとう!!
8月からバシバシ投稿していくよー!!
つっきーのお話しも楽しみにしてるのだ☆
リレー企画の話もストーカーしてるなう←

アワードおめでとうもありがとう!!
前回は、何やかんや色々あったから、今回は綺麗に(?)アワード受賞が出来て嬉しいな!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@ゆかちん 様
ゆか久々!!
コメントのことなんて気にしないで!!
こうやってたまに覗いてくれてるのが嬉しんだゾ★

田舎あるあるやwww
うちの田舎も鍵とか開けっ放しwww
何か、さびれたコンビニに謎の茶系の瓶で「風邪薬」とだけサインペンで書かれた薬瓶が売ってた時は、田舎の闇を感じたで…

返信

@肩コリ酷太郎 様
コメントありがとうございます!!

何とも、感動的な話ですね…
果たして幻聴だったのか、本当に相手の方が無意識に飛ばしたエールが届いたのか…
どちらにしても、素敵な経験です☆

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信