中編5
  • 表示切替
  • 使い方

美への執着。

wallpaper:3965

初めての投稿となります。黒雪と申します。私には霊感も文才も御座いませんのでお見苦しいかもしれませんがここになら書いても良いと思い筆(キーボードですね)をとった次第にございます。霊は出てきません。

nextpage

separator

私は美容アドバイザーとして有名な化粧品会社の販売部門、店頭でお客様に合った物を選び、メイクのコツなどをお話させていただいております。

そんな折2人のお綺麗な姉妹が足を止め品物を見て下さっておりました。何故姉妹だと分かったのか?と申しますと顔が本当にそっくりだったからでございます。

姉と思しき方は化粧もしっかりしており、髪の毛も綺麗にアレンジしておりましたが妹だと思しき方は綺麗な顔立ちにも関わらずノーメイクで少し暗い表情をしておりました。姉は何度か店頭にお立ち寄りいただいているお客様で新作が出ると直ぐにお買い求めに来てくださる方でした。

そんな姉は妹へ化粧は良いものだ、美を求める事は悪い事ではないのだから化粧の一つくらい...と半ばお説教の様になってきていた為、私は喧嘩などされたら他のお客様にご迷惑をお掛けしてしまうと思い姉妹の方へと向かいました。そしていつもありがとうございます。と姉の方へと挨拶をしますと開口一番、妹に似合う化粧品一式を!と私に申すのです。

妹は姉に私はお姉ちゃんみたいになれないよ…と言いますが私も、お節介ではございますが、お美しいお顔立ちにノーメイクは勿体ない事と、ノーメイクで紫外線に当たる事は将来への自傷行為だとも思っておりますので椅子に座っていただき、好きな色や憧れの方などをお聴きしますと、この色とこのメイクを...と想像が浮かびお座りになってお待ちいただき、10分も経たない間に厳選したメイク道具を選ばせていただきました。

nextpage

そうして選んだ物をお見せすると姉の方は嬉嬉として今教えて貰いなさいよ、と妹へ言っております。渋々といった様子でパウダーブースへと向かい、お座りいただきました。メイク途中には、これはこの様に...などと説明を含めながらお顔に合った色を重ねて行きました。

30分程経ちましたでしょうか。妹へのメイクは完成致しましたのでどうぞ鏡を見てください。とお伝え致しますと、鏡を恐る恐る見る姿に初めてメイクをした時の自分を重ね微笑ましく思い、お気に召しましたか?とお聞きしました。

妹はこれが私...?と驚いた表情になり姉の方へ振り向きます。姉はやっぱり素材が良いと倍以上に綺麗になれる!と言い、これで今よりもっと自慢の妹だ!とも言いました。

私共が取り扱う化粧品は安いものでは御座いません...しかし姉は誕生日のプレゼントに、と全てお買い上げくださいました。有難い事です。妹も姉に対しありがとうお姉ちゃん!と喜んでお帰りになりました。

それから1週間も経たない内に妹は店頭に来てくださいました。そしてもっと美しくなりたいから鼻筋を綺麗に見せたい、アイシャドウも季節に合った色が欲しい。と私に申しましたので肌色と顔立ちに合う色をお勧めし、それをお買い求めくださいました。

美に目覚めたのでしょう、素敵な事です。妹が帰られた後に同僚の亜美子が私の元へ来て、ありゃあまた近い内現れるよ。と言います。亜美子は美しいし性格も良いのですが口だけは悪い人です。どうして分かるの?と聞いても、アドバイザーの勘ってヤツ〜と言い他のお客様の元へ行ってしまいました。

nextpage

そうしてちょうど1週間が経った頃、妹は現れました。ベースから何から全て明るい印象にしたい!もっと違う自分へ挑戦したいのだと...ベースメイクはそのままの方が肌に馴染んで美しく映えるとお伝え致しますと、その他を!と強く訴えかけてくるので揃えてお見せ致しました。

使い方のコツや美の秘訣を!とも伺われましたが秘訣など私の様な者には分かりかねる事なので、内から出る物ではないか?とお答え致しました。そしてこの日はお帰りになりました。亜美子がまた寄ってきて、ほら言ったべ?次はもっと変わると思うよ。と言って離れて行きました。

nextpage

その後2ヶ月程姿を現しませんでしたが、三ヶ月程した頃です。目が大きくなり人形の様な顔立ちになった妹が現れました。整形をしたのでしょう...元から端正なお顔立ちだったのですが不自然な美しさになっておりました。そして今回も顔に似合った物を!と強く仰るのでその通りに致しました。

次の日になると姉が店頭にいらっしゃいまして、予約限定コフレの予約を済ませた後、妹がおかしいから化粧品を売らないで欲しい。親の金を持ち出したり私の(姉の)金を盗ってまで化粧品を買い漁っている。と。しかし私共販売員は販売拒否など出来ません。そんな事をしたら始末書にございます。その旨をお伝え致しますと姉はそうですよね、と呟きお帰りになりました。家族のお金を盗ってまでコスメを買う...そんな事をしてまで何の有難味があるのでしょうか。

nextpage

その後クレームのお電話が入りました。例の妹からです。何故限定コフレの事を説明しなかったのか!とよく買っているのだから今から出来ないのはおかしい!と。その日私は休日であった為別の者が担当したらしいのですが、口汚く罵倒された様で次の日出勤した折に恐ろしかったと私に説明してきました。そしてしばらく姿を現す事はありませんでした。

nextpage

半年後、店頭にクリスマスコフレの予約に来た女性が私に声を掛けてまいりました。

前に予約限定コフレの説明をしなかったのはどうしてですか?と。全くの別人かと思う程に顔立ちが変わっていたのですが、その方はあの妹でした。

私は予約限定コフレはお手紙にて送付させていただいた旨をお伝えしますと、私、以前より美しくなったでしょう?メイクだって顔だって!と声高々に仰るのです。しかし私の眼には人の手が入ったバランスのおかしい、明らかな整形顔にしか映りませんでした。しかし接客業ですので、そうですね。とお答えするしかありません。

そこへタイミング悪く姉が来て、この整形女!私のお金返して!と喧嘩が始まりました。美しくなってお姉ちゃんの望み通りじゃない!と言い返す妹。お姉ちゃんなんて呼ばないで!気持ち悪い!整形し過ぎなんだよ!バランス悪くて見たくもない!姉は追い討ちをかけます。そうして掴み合いの喧嘩になり掛けた時、警備員がやってきて2人を引き離しどこかへ連れて行きました。私共販売員はアタフタしている事しかありませんでした1人冷静な亜美子。亜美子は私にこう言いました。

ね?変わったでしょ?あーゆー女は美しさに取り憑かれたカワイソーな生き物だよ(笑)美を追い求める亡者?いんや執着ってヤツだねぇ。あー怖っ!

そう言うと何事も無かったかの様に持ち場へ戻って行きました。その後姉の方はたまに顔を出しては商品をお買い求めくださいますが、妹は一切顔を出しませんのでどうなったのかは不明です。

Normal
閲覧数コメント怖い
6678
19
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信