Nくんの怪異~独白・幼少編~

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

Nくんの怪異~独白・幼少編~

wallpaper:4132

ん?

オレが自分でオレ自身の事を語るのは初めてだよな?

いつもの奴に、書け!書け!と言われてたが、オレにはんなもん書けやしねーから、オレが話した事を、いつもの奴に書いてもらう事にする。

結局、いつもパターンかよww

nextpage

wallpaper:4133

~~~~~~~~~~

オレの両親は、オレが子供ん時に離婚してなぁ。

オレは親父に引き取られた訳だ。

親父と2人で住んでたアパートっつーのが、これ又ヤバいとこでなww

酒呑みの親父は仕事が終わるとそのまんま飲みに行っちまうから、家に帰っても親父が帰る深夜になるまで、俺1人。

nextpage

未だ子供のオレは、1人で家に居るのが怖くてなww

今じゃ考えられねーって?

オレにもそんな可愛い頃が有ったって事さww

nextpage

wallpaper:4134

暗くなる前。

家に帰り着いて先ず最初にする事と言えば…風呂に入る事だった。

未だ明るいうちに、とっとと怖い事は済ませたかったんだな。

だってよ。

そのアパートの風呂には、知らねぇ女がいたからよ。

nextpage

玉の様に可愛い坊主頭のオレが頭を洗ってると、やたら長い髪が指に絡まって来やがるんだ。

いつも気付くと、そいつは自分の髪をオレに洗わせてるww

風呂場の天井から長~い髪をぶらーんて垂らしてなww

最初の頃は、ギャーって風呂場から慌てて飛び出したりしてたんだけどよ。

nextpage

親父なんて、その髪の毛を引っ張って顔まで見たらしい。

ただ、どんな顔してたとか、男か女かなんて、オレには聞く勇気もなくてよ。

親父も敢えてオレに話さなかった。

nextpage

wallpaper:4135

ビクビクしながら風呂から出て、その日は何も出なかった事にホッとしながら、それでも風呂場から目を逸らさず身体を拭こうとバスタオルを掴めば…

ザラって、妙な手触り。

掴んだバスタオルに目をやると…

バスタオルなんかじゃねーwww

オレの手は、長~い髪をシッカリ握ってやがったwww

nextpage

wallpaper:4136

手を変え場所を変え、オレや親父を驚かすのが楽しかったとしか思えねーよなww

ただな?

その髪。

ツヤツヤでキューティクルケアしてるみたいに、スゲー綺麗だったんだよww

nextpage

wallpaper:4137

でな

親父もオレと全く同じ経験してたから、そんな時は互いに起きた事を報告し合ってたんだ。

夜、1人で留守番してるだろ?

するとな、偶に、未だオレが起きてる時間に親父が帰って来るんだよ。

心細いし、怖いし。

親父が帰って来た事が嬉しくて、オレは居間から玄関に続く扉を開くんだよ。

nextpage

『お帰りー!』ってな。

でもな。

玄関にも、居間から真っ直ぐ続く廊下にも灯りは点いてない。

『親父?』声を掛けても、返事すらしねーんだよ。

居間から扉を開けたまま、ジッと玄関に続く廊下を見てると、暗闇の中、黒いモンが動くからよ。

慌てて扉をバチンと閉めて、居間の中から磨りガラスになった扉を見てるとよ。

nextpage

スッスッ

誰かが廊下を歩いてる音が聞こえて、黒いモンが近付いて来んだよ。

そんでよ

居間に入る手前にある部屋の襖がスーッと開く音がする。

誰かがスッスッて、手前の部屋に入るんだよ。

オレ、怖くてよ。

nextpage

でもよ?

部屋に入ったんなら、ちゃんと閉めろよ!って話しだ。

仕方ねぇから真っ暗な廊下に出て、開いた襖をバチンと閉めたりしてなぁww

(早く親父、帰って来ねーかなぁ)

そう思っても、親父、帰って来ねーし。

nextpage

しかも、その襖の部屋の向こうにトイレが有るからよ。

チビりそうになりながら我慢して…

我慢して…

どうにも我慢ならなくて、廊下の灯りを点けちゃ、走ってトイレに駆け込んだりしてたなぁww

nextpage

wallpaper:4138

そんなある日。

酔って帰った親父と布団を並べて寝てた時だ。

知らねぇ姉ちゃんがオレに馬乗りになって、オレの首をグイグイ締め上げてくんだよ。

すっげぇ怖い顔しながら、ギューギュー。

これでもかっ!!

ってくれぇ、首締め上げやがって。

nextpage

動けねぇし、苦しいし。

『オレ、もうダメかなぁ』って意識が遠くなった。

でも、殺されてなくて、朝になって飛び起きて、昨夜の事を親父に話したんだよ。

wallpaper:4139

そしたらな、親父…

吹き出して大笑いしやがって!

オレ、どんなに怖かったか、親父に訴えたんだけどよ。

親父の奴。

笑い過ぎて目に涙を溜めながら、言いやがった。

nextpage

「いやぁーwwwww

その女、最初にオレんとこに来やがったから、オレが言ったんだよww

“オレじゃなく、Nんとこへ行け!!”てなwww

本当にお前んとこに行ったのかwwwww」

オレ、マジで親父に殺意を感じたねww

nextpage

wallpaper:4140

暫くして、又同じ女が現れやがったから、オレ、女に言ったんだ。

『オレじゃねーだろ?

親父んとこに行けよ!』

そしたら、女。

スーッと消えた。

nextpage

wallpaper:4139

次の日、まるで死人みたいなツラした親父が居てよ。

「親父んトコに行ったか?w」って聞いたんだけどよ。

親父、頷くだけで、それ以上の事は言わなかった。

それから、親父とオレの会話に、風呂場の事も、脱衣所の事も、夜に現れる女の事も。

我が家の禁句になっちまったんだよな。

nextpage

wallpaper:4132

親父…

何をされたんだか、どんだけな目に遭ったんだか…

既にこの世に居ない親父に聞けねぇーから、永遠の謎だなw

wallpaper:4141

そして、親父の実家である、例の家に、オレと親父は住み着く事となる。

そこは、もっと酷いお化け屋敷だった訳だが。

ん?

実は、オレはちっともお化け屋敷だなんて思ってねぇんだww

居心地の良い我が家。

nextpage

だからさww

又、話したくなったら話しに来るからよ!

アバヨ\\(۶•̀ᴗ•́)۶////

Normal
閲覧数コメント怖い
1,09918
31
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@セレーノ さま
この度も読みに来てくださって、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
見抜いてますねww
そうなんです!
永遠のヤンチャ坊主です(≧▽≦)www
人の発するオーラも視えるNくん。
どうやら彼のオーラは、まるでドラ〇ゴンボールのスーパーサイヤ人のようにオレンジ色のオーラが身体を包み、天に向かって燃えているそうです。
因みに…私のオーラは、透明に近いうっすい藤色だったぞ!!との事です(T▽T)
それって、良いの?悪いの?
と、聞くと…知らん!!
だ、そうです(;´-ω-`)

返信

@ラグト さま
この度も読みに来てくださって、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
そして、私には勿体ないお言葉…そのように仰って頂けて、嬉しいやら焦るやらww

Nくん。
本当に真面目なおっさんですww
口は悪いですが、真っ直ぐで曲がった事の大嫌いな人間ですね(*´ー`*)
曲がったモノは、生きていようが死んでいようが、許してくれませんww
そうかと思えば、生きていないモノでも悪いモノでなければ、ちゃんと話も聞いてあげるし、霊に笑われる事もあるそうですw
でも、霊能者などではなく、ただ視えたり話が出来たりするだけだ!!!そうです。
浮世離れしているのは否めませんがww

返信

@珍味 さま
この度も読みに来てくださって、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
つい先日も…
Nくんが此奴はヤバい!!と思うようなモノに出会ってしまったと聞きました(_ _;)
ネタの宝庫のようなNくんの話。
出来れば時系列でお話して行きたいのですが、又、Nくんの話を忠実に、お届けしたいと思っております(*´ー`*)

返信

@むぅ さま
この度も読みに来てくださって、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
むぅさんの仰るように、何が有ったのか?何をされたのか?
私もとっても気になるところです。
だって、それからお風呂場や脱衣所、そして首を絞めて来る女…
それがNくん家の禁句になってしまったと言うから、余程の思いをしたのではないかと…。
Nくんの言う様に、永遠の謎…なのが又、気になっちゃうーっ(≧Д≦;)

返信

@mami-2 ちゃん
この度も読みに来てくださって、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
仙人…ですか((゜Д゜;)))?
いやいやww
食べ物に関する邪念に溢れたNくんですから、仙人にはどうやってもなれないでしょう(≧▽≦)ノシww
めっちゃ、食いしん坊ですww

そして、お父さんのキャラもかなり濃いんですよww
Nくん曰く、お父さんのご友人に会うと、お父さんとNくん…生き写しだと言われるとかww

返信

@。❀せらち❀。 さま
この度も私の投稿作品をお読み下さり、怖ポチ&コメントを有難うございます♥
そうなんです(´;ω;`)
私、怖い話しも映画も好きなんですけど、本当にビビりのチキンなんですよね(p_T`)
それなのに、Nくんとの電話中、何度も誰かの声が混じるんですよ…。
Nくんに聞くと、男か女か?と…。
だから、今は男の声だったけど、その前は女の声もしたと言うと、傍にいるそうなんです。
どちらも…。
偶に、とっても怖い声で唸る奴がいるから、その度にビクビクしています(T^T)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@都牟刈 さま

この度の話もお読み下さり、怖ポチ&コメントを有難うございます!!

あははは(≧▽≦)
そうなんです!!
可愛いと言っているのは、あくまでも本人であって、私ではありません(・`ω´・)ww

今回の話は、未だNくんが幽霊=怖いと思っていた頃の、そんな話です(≧艸≦)ww
余りにも当たり前に、普通に霊と接触してしまうNくん。
又、Nくんの独白にお付き合い下さると嬉しいです♬

返信

@りこ-2 ちゃん

いつもお読み下さって、怖ポチ&コメントを有難うございます!!
そ…そうなんですよ(≧∀≦)www

あのNくんが”破天荒な親父”と呼ぶ、Nくんのお父様。
どんな人物だったのか…思わず目が点になりそうな沢山の逸話の持ち主らしいです(◦艸◦;))

又、Nくんの言葉をそのまま忠実に、独白…と言う形でりこちゃん始め、皆様にお話いたします(*´ー`*)

返信

鏡水花さま

かわいい頃とおっしゃいますが、なかなかたくましいではないですか。すでに片鱗が見え隠れしてますね。
成長過程が楽しみです。
次回も楽しみにしております。

返信
表示
ネタバレ注意
返信