中編4
  • 表示切替
  • 使い方

恐怖のLINE

music:1

学校で一時期流行った都市伝説の話をしたいと思います。

皆さんは、「何でも願い事を叶えてあげる」と言われたらどうしますか?

お金?愛?学力?そんな願い事を叶えてくれる魔法のアカウントのお話です。

nextpage

これは橋本真美(仮名)のお話です。橋本は、高校1年生での女子で3年生の先輩に片思いをしています。

そんな橋本のLINEにある日、不思議なアカウントが追加されていたのです。

そのアカウントの名前はヤマモトサンだった。(ヤマモトサン?知らない人だな)と橋本は思いましたが

とりあえずヤマモトサンに「こんにちは」と送ってみました。送ってから数秒経って

「橋本さんこんにちは(・∀・)ノ」とヤマモトサンから返信が来た。誰だろうと思った橋本は、

「誰?」と聞きました。すると「ヤマモトサンだよ~」と返ってきた。

「橋本さんの願いは何?」とヤマモトサンからLINEが来た。橋本は、

「3年生の●●先輩と付き合いたい」と返信しました。ヤマモトサンは「わかった」と返信がきた。

『わかった』ってどういうことだろうと橋本は考えていたが、そのうちに寝てしまっていた。

nextpage

翌日、橋本は●●先輩に告白された。こうして橋本の願いは叶った。

橋本は他にも沢山の願い事をヤマモトサンに頼んだ。

数日後ヤマモトサンから「私の願い事を橋本さん。叶えてくれる?」とLINEが来た。

ときた「いいよ。どんなお願い?」と橋本は聞いた。

すると、ヤマモトサンは「本当に叶えてくれるって約束してくれる?」と返信がきた。

「ヤマモトサンは私のお願い叶えてくれたから今度は私の番だよ」と橋本は返信した。

すると、「私ね、線路に突き飛ばされちゃったの。それでね、電車に轢かれちゃったの…」

「轢かれたときにどこかに左腕が飛んでいっちゃったの。だからね…」

shake

music:6

「だからね…アナタノ左腕ヲ下サイ。願イ叶エテアゲタデショ?ダカラ左腕ヲチョウダイ」

と来た。左腕を橋本は見つめてから、逃げなきゃ。と思った。どこまでも逃げようと思った。

財布とスマホをバックに詰めて家を出た。どうしようと途方にくれていると、

shake

LINEの着信音がした。ヤマモトサンからだ。LINEを開くと

「橋本サン、私カラ逃ゲラレナイヨ。モシ、今日一日逃ゲキレタラ見逃シテアゲル。」

ときた。腕時計を確認すると午後10時07分だった。あと約2時間で助かる。

「真美ーどこ行ったのー」と母親っぽい声が聞こえてきた。直感的にそれは母親の声ではない思って逃げた。

走り回って、色々逃げた。何度も捕まりそうになったが逃げた。もう夜になった。

誰も通らない夜道。歩く橋本の後ろに何かがいるような気がして何度も振り返るがいない。

とりあえず終電に乗って遠くに逃げようと橋本は考えた。終電に乗れば追いかけてこれないだろうと考えたからだ。

wallpaper:2103

駅のホームで終電を待っていた。もしここで見つかれば逃げ場が無い。

早く電車が来ないか焦っていた。電車が遠くに見えた。

早く乗らなきゃと思いまだホームに入っていない電車を白線を越えて待っていた。

ドンと後ろから突き飛ばされた。スローモーションのように落ちていく自分。

突き飛ばした人物の顔でも見てやろうと思い振り替えると

shake

wallpaper:653

music:3

左腕の無い血まみれの女がニヤニヤ笑って見下ろしていたのだ。驚いた橋本を電車は容赦なく撥ね飛ばした。

虚ろな目をした橋本を横目にヤマモトサンは左腕のあったであろう部分に橋本の左腕をくっつけた。

そうしてからヤマモトサンは悲しそうな顔をして「コノ腕ジャナイ」と言って消えた。

wallpaper:1

nextpage

今も左腕を求めてヤマモトサンは歩き続けている。

左腕の無い女性がいたらそれは多分ヤマモトサンです。

nextpage

music:1

このお話には厄介なおまけがついているんです。グ●コのおまけみたいなおまけです。

なんとですね。この話を知ってしまうとヤマモトサンが来てしまうのです。

助かるためには10人にこの話を伝える。か「怖い」を押すのどちらかをしなければいけないのです。

nextpage

おいそこ「怖い稼ぎ乙」って言うんじゃない。ヤマモトサンに言いつけるぞ!

あっ…(゜ロ゜;今の聞いてしまいましたか?聞こえなかったのならあなたは幸運です。

どうもざわわです。m(。_。)m今回のお話は冒頭で言ったように、

学校で流行った都市伝説を元に作った怖い話で知った当時はマジで怖かったです(>_<)

アカウントを調べても無駄ですよなぜならヤマモトサンはあなたが恐いからです。

なぜならヤマモトサンを突き飛ばしたのは

shake

wallpaper:653

あなただからです

Normal
閲覧数コメント怖い
1,1844
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@monkeysaiber
コメントありがとうございます。

返信

@りこぴん
コメントありがとうございます

返信
表示
ネタバレ注意
返信