中編2
  • 表示切替
  • 使い方

公園下の生活 (前)

この話は、ある友人から聞いた実話です。

話にするとたいして怖くないかと思いますが、想像力が豊かな方だと、精神的に参ってしまう恐れがあるので、あまりお勧めは出来ません。

この話の主人公をAさんだとします。

Aさんが夏休み期間限定で、高額アルバイトを探していた時のこと。その噂を耳にした友人のBが、条件の揃った仕事を紹介してくれた。

仕事の内容はこうだ。

”8月1日からの2週間。○○公園の管理だけで、42万!!

18歳以上の方。若干名募集中”

こんなバイト誰でも飛びつく。

Aさんも迷わず応募したそうだ。

運良く、そのバイトの応募総数は少なく、Aさんは直ぐに受かった。

そして、バイトの初日を迎えた。

茶系のスーツを着た40代半ばの男性に連れられ来た場所は○県にある樹海だった。いくら鈍感なAさんでも、流石にヤバいなと思ったそうだ。

しばらく歩くと、ひらけた崖場にでて、目の前には海が広がっていた。

その崖の先端部が何故か公園になっており、(公園と言っても二人用のブランコとボロいベンチがあるだけ)その直ぐ横に下に伸びる階段があるのが見えた。

どうやらこの公園を管理するらしい。

その男についていき、公園の横の階段を下っていくと、海に手が届くほど低い場所に出た。

その直ぐ後ろに洞窟があり、その奥に管理小屋らしきものが建てられてある。(つまり、公園の真下に管理小屋があるとゆう事)ここで2週間生活するだけの仕事だ。

管理小屋には、テレビやクーラーはなく、あるのは、氷で冷やす珍しいタイプの冷蔵庫と、ダイアルのない黒電話、ボロボロに破れたベッドだけだ。

男から、仕事の内容が告げられる。

この崖は自殺の名所で、この時期になると志願者が増すという。

2週間この管理小屋で生活をしながら、自殺をしに来た人を止めて欲しい。止め方は自由とのこと。いきなりそんな事言われてもと、反論するも虚しく。

男から仕事に置けるルールが告げられる。

1、1時 9時 17時

に、管理小屋の黒電話に電話が掛かってくる。これは必ず取ること。

尚、こちら側から掛けることは出来ない。

2、この公園からは絶対に出てはいけない。

3、自殺をしてはいけない。

と、言い残し、その男は樹海に消えて行った。

しばらく小屋でうとうとしていると、ジリリリンと黒電話が鳴った。

時計は17時を指していた。

すいませんつづきます。

怖い話投稿:ホラーテラー くじらUFOさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
29800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ