短編2
  • 表示切替
  • 使い方

鈴木

 鈴木が標的にされたのは、クラスのマドンナが発した一言だった。

 「鈴木ってかっこいいよね♥️」

 

 それを面白く思わないクラスの男子達は鈴木を虐め始めた。

 履き物をトイレに流され、私物は何処かに隠された。

 給食にこっそりと虫を入れられ、咀嚼してから気付く、本当に様々な嫌がらせをされ、鈴木の我慢も限界に達した。

 

 鈴木は臨海学校の夜に殺ることを決めた。

 なるべく多くを殺るには、ここ以外考えられなかった。

 決行の夜、鈴木は皆が眠る迄、慎重にまった。

 やっと寝静まり、大丈夫だと思えた頃には午前1時をまわっていた。

 ゆっくりと音を殺し、バッグからハンマー、ナイフ、アイスピックを取り出す。

 最初のターゲットは決まっている。虐めのリーダー格だ。

 彼の前にゆっくりと移動して、腰を下ろし、力一杯ハンマーを降り下ろすと、派手に額が陥没して目玉が飛び出した。

 大した音は出ていないと思ったが、隣で寝ていた生徒が目を覚ましかけたので、素早く首にナイフを突き刺す。

 あまりに刺した感触がないので心配になり、もう一度刺し直そうとナイフを抜くと、大量の血が吹き出した。

 噴水の様に噴き上がる血が楽しく、次のターゲットも同様に首にナイフを突き刺す、三人目を殺った時に悲鳴があがった。

 一番はしに寝ていた生徒が上半身を起こして、こっちを見ながら声をあげている。

 鈴木は、黙れとばかりに早足に近づき、脳天にハンマーを降り下ろす。

 続々と目を覚ます生徒達を、ナイフとアイスピックで刺しまくる。

 騒ぎを聞きつけた教員たちが血まみれの部屋へ雪崩れ込んで来た。

 尚も刺すのを止めない鈴木に、教頭らしき男が口を開いた。

nextpage

「何をしてるいんですか! 鈴木先生!」

 

 

Concrete
コメント怖い
31
38
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@深山 様
凄いタイミングだったのですね...!
お目に触れれて嬉しいです(*´ω`*)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信