短編2
  • 表示切替
  • 使い方

先祖の大罪

wallpaper:1538

私は高校生の時、長崎にいる祖母父の家で遊んで行きました。

祖母父の家では、長年の持ち古い家でした。畑もよく居ます。

しかし、古いな手摺無し階段が建ている。雨を降りる時、危険な滑りやすいだので、注意に必要です。私は何度も滑り怪我をしました。

祖母と祖父は高齢ですが、まだ、元気してる。

祖母は元々中国の捨て子と祖父は長崎の被爆者です。

私は祖母と祖父が久しぶり会話をしました。楽しかったです。

会話の内容は、折り紙や歴史の事が教えました。そして、先祖の大罪に犯したことでした。

nextpage

wallpaper:70

先祖の一つ大罪では、

数代の当主は沢山ほどに猫の虐待をしました。猫の虐待は、口を裂けたり、目に潰けたり、猫の首に切断したり、などの残酷な方法でした。無数の死猫は桜の木の下に埋めました。

以来、奇妙のことに起きました。桃色のに桜は猫の血に吸われるように赤くなりました。

そのため、地民の人たちから「猫の怨霊に宿す桜」と呼び恐れることがなりました。

今も猫の怨念に残ります。

wallpaper:1538

私は怖かったです。

この会話を終わってから風呂に入りました。

午後20時頃、祖母の部屋に寝ました。

そして、午前2時10分頃ではトイレに行きたくなるので、私は目が覚ました。

トイレに行く間、私は歩けたら何処から「ニャー」の猫の声に聞いた。

私「・・・猫か。(汗)」

私「気のせいか・・・(汗)」

「ニャー」

また、猫の声が・・・!

私「まさか・・・(真っ青)

当時、祖母父の家は猫を飼っていませんでした。

だから、私はゾッと背筋を凍った。

しかし、なんと私の体が動かなくなりました。

そして、猫の声はどんどん大きくなります。

私「・・・何か来る。(真っ青)」

私「!!!(真っ青)」

wallpaper:460

shake

そして、たくさん猫の目が憎むように現れました。

私の体が震えて止まらないようだ。

そして、一匹の猫から近ってきた。

私「猫か。(汗)」

猫の顔を見ると、耳まで口を裂けると目が潰れるように黒く見えると耳はナイフを切る跡でした。猫の体は骸骨です。そして、血だらけの猫だった。

あまりに怖さで私は失神に倒れてました。

Normal
コメント怖い
27
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@雪-2
大丈夫です。気をしない下さい。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@雪-2
外国人ではなく日本人です。
恥ずかしい話だが、文章がとても苦手です。
ご意見ありがとうございます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信