短編2
  • 表示切替
  • 使い方

せんぱい

「先輩、もうすぐで現場着きますよ。コンビニでも寄って行きませんか?」

ああここか。いやここはやめた方がいい。子供の頃に友達とこの場所を歩いてたらさ、前からぎこちない動きで補助輪のついた自転車をこいでくる男の子がいたんだ。

道を開けようとその子の目を見た瞬間、どう見てもこの子は生きてる人間じゃないってそう思った。

それに気づいた途端、男の子はふっと消えちまってな。ベタだけどあの角を曲がったらガードレールのそばにオモチャや献花台が置いてあってさ。ああ、あの子は自転車をこいでて事故にあったんだなー、なんて一人で納得したもんさ。

「せ、先輩、なんすか急に?」

んっ?ああ、夜に走ってる貨物列車あるだろ。あれもタクシーなんかと一緒で霊が憑きやすいんだと思うよ。

これも子供の頃の話なんだけど、目の前を貨物列車が通り過ぎた瞬間、背中どころか身体中が痺れるくらいに寒くなったんだ。まあその時に見た映像は思い出したくもないから言わないけどな。はは。

「はは、じゃないですよ。じゃ、じゃあ先輩は人に憑いてる霊とかも見えるんすか?」

ん?残念だけど最近はあまり見ないんだ。多分、大人になるにつれてそういう怖いモノを見たくないっていう思いがだんだん強くなってきて、無意識に自分の力で見えないようにしてるんだと思う。

「先輩、朝からそんな話やめて下さ…」

うおーーー!!!

お、おい!今人轢いただろ!あれ?誰もいねえ、おかしいな、いま確かに道路の真ん中におばさんが立ってたんだけどな… お、おまえも見ただろ?

「……………… 」

Concrete
閲覧数コメント怖い
5780
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ