だるまさんがころんだの怪談

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

だるまさんがころんだの怪談

俺の弟は霊感の強いです。

「だるまさんがころんだの怪談」の経験しました。

nextpage

wallpaper:594

弟は小学生の時、よく「だるまさんがころんだ」を遊びました。

そして、母と一緒に風呂で入っても、「だるまさ・・んがころ・・んだ。」の歌を歌います。

8月19日、母と父は仕事を遅れるため、弟は一人で風呂に入りました。

いつもの通り、弟は髪を洗うと「だるまさんがころんだ」の歌を歌え始ました。

弟「だるまさんが・・・」

弟「・・・ころんだ」

弟「だるまさんが・・・」

弟「・・・ころんだ」

弟「だるまさんが・・・・?」

いつか、どんどん寒くなると感じた。

弟は気をせいだと思いました。

弟「じゃあ、だるまさんが・・・・」

そして、・・・・謎の声が・・・!

shake

??「助けて・・・くれ」

弟「!!?」

もちろん、家は弟だけにいるはず。誰も居ないのに・・・聞いた弟は首を振っていません。

弟「・・・・・・・・」

??「助けて・・・くれ」

弟「・・・・・・・・」

??「助けて・・・くれ」

弟は無視でした。しかし、謎の声がどんどん大きくなっていく。

弟もイライラに増えていたので、

弟「もう!いい加減にしろ!!!」

弟は怒鳴で首を振ってしまった。

弟「あっ・・・・・」

見たのは・・・・

shake

wallpaper:4135

髪の長い女性でした。異常ほどに瘦せるや腰まで髪を付ける姿です。

wallpaper:3056

しかし、不気味な笑顔だ。

弟は悲鳴で逃げました。

以来、弟は「だるまさんがころんだ」の歌や遊ぶにやめた。小学6年まで、一人で風呂に入る事が大嫌いになりました。

Normal
閲覧数コメント怖い
4671
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

風呂に入る前に読むんじゃなかった、、笑

返信