短編1
  • 表示切替
  • 使い方

叶姉妹の呪?

十月十日

 昼、四日ぶりで栄子が来た。

 しかし、この隠遁生活を、いつまで続けなくてはならないのか?

 早くワクチンが出来ればいいのだが……。

十月十一日

 あれが始まって、すでに半年。“かのう”と発声すると、男性が男にしか興味を持てなくなってしまう不可解な病。しかも巨乳になってしまう。口にすることは出来ないが、かのう病と呼ばれている。

「叶姉妹の呪が原因なのでは?」と言う人もいる。もちろん、そんな非現実的なことなど有り得ない。本人達も否定している。

 すでに七割強もの日本人男性が、かのう病に罹っている。

 俺は栄子の希望で、こんなところに閉じこもっている。誰かと話していて、ついうっかり言ってしまわないように。

 女性は罹っても構わない。むしろ望ましいくらいだ。巨乳になるだけのことなのだから。

 今では栄子も巨乳だ。

十月十二日

 かのう病のワクチンが完成した! マスコミは大騒ぎだ!

 だが、すでに罹っている男性には、全く効果がないらしい。

 とりあえず万歳!

十月十三日

 栄子が来ちゃった。

「今から病院に行こう! コネでワクチンを打ってもらえるの! でも、お願いだから浮気なんかしないでね。罹らなかった男の人は、きっとモテるわ」

 それを聞いたあたしは、そのときは、がぜん嬉しくなっちゃって、

「俺がモテる……? そ、そうかのう……………………………………………………」

Normal
閲覧数コメント怖い
6016
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

SnowRinさん。
読んで頂いて、ありがとうございます。
怪談なのに面白いとは、これいかに。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

月舟さん。
読んで頂いて、ありがとうございます。
僕の作品を、みなさんが最高と褒めて下さいます。
夢の中では。

返信

むぅさん。
読んで頂いて、ありがとうございます。
人が一生懸命に書いたホラーを笑うなんて!(笑)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信