中編2
  • 表示切替
  • 使い方

1死の森

wallpaper:158

夜1時、若者4人は興味深いで死の森へ行った話です。

(但し、面白半分は危険ので、厳禁。)

nextpage

若者4人は大きな車に乗り走ます。Rさんは運転している。

S「おお!!死の森へ!!」

T「そう。」

W「死の森か。」

R「はい、」

T「聞いたことがあります。」

W「どんな森ですか?」

Tさんから説明の内容は、

元々平和な村に住んでいる森だった。しかし、悪帝の異国から侵入に来ったです。異国の兵士たちは、罪な無い村人を虐殺したり、家は焼き払ったり、家畜に奪ったりなど犯罪行為を犯されました。虐殺した村人はほとんど犠牲者だった。村は廃墟になりました。しかし、虐殺現場は血のみに残ります。以来、村人の亡霊に出るという噂で地民たちは死の森と呼び恐われる。

W「なるほど、死の森か。」

T「そう。」

S「じゃあ、死の森に行きます!!(ワクワク)」

W「なんか、ワクワクか。(汗)」

W「しかし、死の森に行くと危険に遭うため、油断しないように!!(怒)」

S「分かってる!!(怒)」

W「おいおい、運転中に喧嘩しない!!(怒)」

T「まあまあ、喧嘩しない(汗)」

S「(舌打ち)」

W「舌打ちか。」

S「(無視)」

W「無視か!?お前か!!(怒)」

R「もう、運転中に集中できない!だから、いい加減にしろ!!(怒)」

W・S「・・・・・・・(無口)」

W「(溜息)」

そして、死の森に着いた。

wallpaper:1106

しかし、暗闇で想像以上の不気味な森でした。

R「なんか、不気味だ・・・・・」

W「そうよ・・・仕方がない(汗)」

S「早く死の森に入れろ!!」

R・W「ハイハイ(汗)」

T「・・・・・・」

4人は死の森に入りました。

S「おお、木が一杯に植えるか!」

T「はい・・・・(汗)」

W「幽霊で出るのが注意したいよ・・・Rさん」

R「はい、俺も」

S「おい、RさんとWさんは何の話をしたか?」

W「別に無い」

R「いいえ・・」

S「そうか、」

T「じゃあ、Sさんだけにワクワクする様子ですが、何故か?」

S「何に言ってるか。俺は幽霊に信じらないだよ!!」

T「だから、死の森に行かないほうがいい。」

S「はぁ?何故、俺は死の森に行かないですか?」

T「ワクワクするのは面白半分と同じです。」

S「(マジ切れ)」

shake

S「意味が分からない!!クソ真面目さん!!(怒)」

しかし、Sさんから殴っていた。

T「おい!殴れてやめなさい!!(汗)」

shake

S「黙れ!!!(怒)」

T「!!(汗)」

SさんとTさんが殴り合い喧嘩になったようだ。

R「おい、ここは死の森です!!(汗)」

W「喧嘩をやめろ!!(汗)」

W「以上騒ぐなら、幽霊で出るかしれません。だから、喧嘩をしないでほしい!!(汗)」

WさんとRさんは喧嘩をやめる事に伝えたが、SさんとTさんは耳に持てず、殴り合い喧嘩に続けてる。

W「どうしょう・・・・(汗)」

R「・・・・・(汗)」

Normal
閲覧数コメント怖い
39690
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@たけ
間違いすいません。
4人です。

返信

5人いますね?

返信

@sun
なるほど、分かりました。

返信

名前を変えなくてもいんじゃないかと思います。
怖い話しは怖い!怖くなかったらポチしない。
みなさんそれだけなのではないかと思います。

返信

@666
あー良かった(笑)
話のニュアンスが似てたのでそうかな?と思ってしまいました。
とりあえずは、お帰りなさい。
また楽しみましょう!

返信

@まー-3
はい、元武田ヒロミです。

返信

@さわ
すいません

返信

誤字脱字?が多くて読みづらいです

返信