中編3
  • 表示切替
  • 使い方

夜空を舞う

鬱陶しいくらいに頭の中を巡る言葉がある。

nextpage

蜉蝣の一期(ふゆうのいちご)……

蜉蝣とはカゲロウとも読み、一期は一生と云う。

人生とは、カゲロウの一生の様に短く、儚いという意味の言葉である。

nextpage

幼い頃、夜空を舞う大量のオオシロカゲロウに川辺で出くわし、数百万匹が一斉に羽化する姿に息を呑んだ。

成虫のオオシロカゲロウには口が無い。

川の中で一年を過ごし、生殖行動の為だけに羽化した後、一時間で使命を果たす。言わば死ぬ為に成虫になる事から、摂食行動を必要としないのだ。

天敵のコウモリに喰われる仲間を尻目に、一心不乱に種の繁栄を目指し、彼等は一生の集大成を迎える。

separator

幼い頃、友人の死を目の当たりにした。

話題が豊富でスポーツ万能な彼は皆の人気者だ。一方僕は無口で目立たず不器用で、周囲の皆からは疎まれ、厄介者扱いをされていた。

nextpage

自業自得、身から出た錆……

nextpage

こんな風に僕は独り悟り、諦め、居直る。

彼は僕とは縁遠く、寧ろ真逆の存在であり、自己を肯定する思考が彼を忌み嫌わせる。

不条理な感情はより一層陰鬱な面持ちの僕を形成していく。

僕の気持ちを知ってか知らずか、皆が僕を蔑む中、彼だけはいつも明るく声を掛けてくる。

nextpage

「また声掛けてる。優しいんだね」

「アイツ、人気者に声を掛けられて調子乗ってるんじゃね? 一発締めとくか! 」

nextpage

彼が僕と接する度、周囲からの視線が僕を鋭く突き刺す。異質なものを見る皆の眼差しは、静かに過ごしていたいという、僕のささやかな願いを拒絶したものだった。

nextpage

やがて皆からの嫌がらせが始まり、それは虐めとなる。いつの間にか僕はクラスの中で、無害無価値の透明な人間となった。

辛い、苦しいという考えしか無い毎日は、僕の視界を闇で覆い尽くす。

nextpage

死のう……

nextpage

独り静かにそう呟く。

僕は自殺をしようと、宵闇が広がる学校の屋上への階段を登る。屋上へ着くと、何故か彼が転落防止のフェンスの外にいた。

nextpage

「お、おい! 」

nextpage

彼は僕の呼び掛けに気付くと、振り向き嗤っていた。嗤いながら手を広げ、後ろに倒れ視界から消える。

nextpage

「やっ、やめ……」

nextpage

ドシャッ!……

nextpage

僕は硬直し、その場から動けずにいた。後から耳にし、彼は頭から落ちて即死だったとの事。

separator

彼が何故死んだのか……それは母から語られる。

同じ会社である僕の父が上司、彼の父が部下という関係で、パワーハラスメントが行われていたそうだ。それを苦にした彼の父は精神を病んでしまう。

父親が仕事を辞めたため、彼の家族の生活は苦しくなる。

nextpage

彼の母は僕の父を訴え、手にした多額の慰謝料を抱え、家族を捨て姿をくらます。

家庭が崩壊した事による絶望、愛情を失った喪失感により死を選んだ。僕はそう理解し彼に対し、同情と贖罪の想いしか無かった。

nextpage

しかし、随分と経ってから、同級生から聞いた言葉にはショックを受けた。

nextpage

「お前の事を虐めようって言い始めたのって、彼だよ? 」

nextpage

僕に死を駆り立てるほどの虐めを、彼が首謀者として行っていたという事実。

ただ、僕への憎しみがそうさせたのであれば、彼が屋上で僕を待っていた事、そして最期の瞬間に、嗤いながら言ったあの言葉の辻褄が合った。

それが分かった上で、僕には更なる絶望が付き纏う。

nextpage

蜉蝣の一期……

カゲロウの生態は彼に教えてもらった。

彼は生殖行動ではなく、種の衰退に命を燃やしたのだ。それはあくまで僕への復讐のため、儚い人生の晴れ舞台に立たせないためなのだろう。

nextpage

だって彼は嗤いながら、“君に夜空は舞えないよ”と言っていたから……

Concrete
閲覧数コメント怖い
5768
13
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

久しぶりに、文学的で味のある怖い話を
読ませていただきました
ありがとうございます

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信