中編2
  • 表示切替
  • 使い方

1つの世界

大きな部屋にベッドとテレビと時計…

そして、ボタンが1つ…

これが、私の世界…

テレビに映るのは同じような部屋…

毎日、9時と13時と19時…テレビの画面が30分だけ映っている…

私の世界で起こる変化はこれだけだ…

separator

お腹が空いた。

テレビがついたらボタンを押す…

そうすると、穴から食事が出てくる。

テレビがついていないとボタンを押しても意味がない。

テレビがついたらボタンを押す…

お腹がいっぱいになる…

separator

今日もテレビがついたからボタンを押す…

テレビの画面には大きな部屋…そして、小さな子猫が歩いていた。

凄く珍しい光景…

初めて見る光景…

あっという間に時間は過ぎてテレビは消えてしまう。

あわててボタンを押したが何も起きない。

お腹がすいた…

13時…再びテレビがついた…

今度は子犬が2匹遊んでいる…

私は食い入るように画面を見つめていた…

テレビが消えてボタンを押す事を忘れた事を後悔した…

お腹が空いた…

19時…画面は部屋のみ映っている…

ボタンを押すと食事がでてきた…

お腹いっぱいだ…

separator

何日かたった…

画面には老猫が映っている…

お腹が空いたからボタンを押した…

画面の中が煙でいっぱいになって消えてしまった。

食事をしながら疑問に思う。

あれはなんだったんだろうか?

13時…画像には老犬が…

ボタンを押すと煙がたちこめて画面は真っ暗…

食事がでてくる…

老猫や老犬はどうなったんだろう?

19時…老猫・老犬が寝ている画像が映される。

画像が口元に近寄っていく…

泡を吐いているが大丈夫だろうか?

画面が消えて食事が取れない事に後悔する…

何が起ころとボタンを押さないと飢えてしまう…

ボタンを押す…

ボタンを押す…

飢えない為に…

生きる為に…ボタンを押さないと…

separator

食事をする為に…ボタンを押す。

生きる為に…ボタンを押す。

子犬がでてもボタンを押した…

子猫がでてもボタンを押した…

必要だからボタンを押した…

いくら可愛い生き物が動かなくなっても…

ボタンを押す…

生きる為に…

nextpage

朝の9時…

画面が映される。

いつも通り…

映っているのは画面を食い入るように見ている男…

私はいつものようにボタンを押す…

食事をする為に…

生きる為に…

画面の中は煙に包まれいく…

ボタン押す…

押す…

押す…

押す…

生きるた・め・に…

nextpage

私の世界は2つの部屋と2匹の猫そして3匹の犬…

私達は生きる為に…

Concrete
閲覧数コメント怖い
5914
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@よもつひらさか
わかっていただけましたか!
良かった(笑)
終わり方も中途半端…
話も説明無し…
他の300オーバーの読者(読んでいただいた方々)はどう思っているのだろうか?
とか、思いながらコメントをくれた方に返信をしながら考えていたりします。

返信

@blue_east
コメント&怖ポチありがとうございます。
この話は完結させないで想像して怖がって(楽しんで?)もらえれば…と思い書き上げた作品です。
なので、終わり方も中途半端です…
コメントをいただいて嬉しかったのは何度か読んでもらう事ができる作品だと言っていただいた事…
こんな感じで未熟な私ですがちょこちょこ作品を掲載しているので今後もお付き合いお願いします。

返信

一度読んだだけだとわかりませんでしたが、意味がわかったら怖くて面白かったです!

返信