中編2
  • 表示切替
  • 使い方

さすがに焦った

家の近くの河川敷で、友人とふたりで遊んでいたときの話です。

ふと川を見ると、上流からダンボールが流れてきたのに気付きました。

すると、ちょうど目の前でダンボールが川岸に引っ掛かったのでした。

nextpage

中学生だった僕たちは「エロ本でも入ってるのかな?」と、興味本意でワクワクしながら引き上げてみることに…。

落ちていた木の枝なんかを駆使して、ようやく陸へ引き上げることが出来ました。

nextpage

ダンボールは少し小さめのもので、フタはガムテープでキレイにキッチリと閉じられていてました。

川の水で濡れてはいたものの、ふやけて型崩れしているようなこともなく、特に何のへんてつもありませんでした。

nextpage

すでにエロ本が入っていると思い込んでいた僕らは、下心丸出しでビリビリとガムテープを引き剥がしました。

開けてみると、お菓子の様なものが、ぎっしりと詰め込まれていました。

期待していたようなものは見当たりませんでしたが、そのお菓子の様なものをいくつか取り出して、よく見てみようとした、その時です。

nextpage

「うわあああぁぁぁぁぁ!!」

友人が変な悲鳴を上げました

そのまま腰を抜かして、

後ろにひっくり返ってしまいました。

nextpage

その次の瞬間、友人が腰を抜かしてしまった理由を理解し、ワンテンポ遅れて僕も全く同じリアクションをしてしまいました。

nextpage

お菓子の様なものをいくつか取り上げたとき、恐怖に耐え難いものを目にしてしまったのです。

それは…。

・・・

・・

nextpage

それは、猫の死体でした。

そして、僕たちは理解しました。

nextpage

おそらく猫は飼い猫だったのでしょう。

そして、何らかの理由で死んでしまい、飼い主の手によって、「川葬」(?)というかたちで、手厚く葬られたのだと…。

nextpage

ダンボールは棺であり、お菓子に見えたものは、猫用のおやつだったのです。

エロ本だと思い込んで、下心全開だった僕たちにとって、中身を知った瞬間は、さすが焦らずにはいられませんでした。

nextpage

僕たちは取り出したおやつを、丁寧に詰め直すと、しっかりとフタを閉め直し、再び川に流しました。

nextpage

川の流れにのって、ゆっくりと下流へ流れていくダンボールに向かって、心の中で何度も何度も・・・

そう、本当に何度も何度も「ごめんなさい。ごめんなさい」と謝りながら、一生懸命に手を合わせ続けたのでした。

・・

Concrete
コメント怖い
4
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

似たような体験された方おられませんか?

返信