中編2
  • 表示切替
  • 使い方

井戸の昔

すでに廃寺だった。

秋風が冷たく感じて、

井戸の周りにもすすきが、

伸びて茂って、

旅の僧はかつての、

人びとを弔っていた。

nextpage

女が一人、

井戸を見つめている。

nextpage

女は僧に語りだす…

nextpage

「夫とは仲むつまじく幸せだった

 けれども夫は女のもとへ行き

帰らない」

nextpage

「幼い頃、

この井戸の周りで遊んだり話をしたりしました。

でも年頃になると恥ずかしくなりました。

二人でいることが…

だんだんあなたとは疎遠となりましたが、

また歌を送り送られする仲となり結ばれたのです」

nextpage

そう語り終えると、

女は消えた。

nextpage

夜、僧は眠りについた。

nextpage

夢の中

nextpage

幽玄に舞っている。

nextpage

あの女が、

夫の形見の衣装を身に羽織って。

nextpage

「昔を思い返しているのですが、

井戸に映った月がこんなにも小さく、

ささやかだったなんて思っても見ませんでした」

nextpage

「同じでしょうか

 月は

 同じでしょうか

 春は

 あなたがいらした頃の、

 そう歌を詠みあなたを待ち続けたのは、

 いつの頃だったのでしょうか」

nextpage

女は年老いた自分に気づいた。

nextpage

井戸にたどり着いた女は、

昔のように、

幼い日の夫がそうしたように、

水面に姿を映した。

nextpage

「懐かしい…」

nextpage

映し身は夫だった。

nextpage

女は一体となれた

夫と。

nextpage

〈筒井筒 井筒にかけし まろがたけ

生いしけりしな 妹見ざるまに〉

nextpage

  夫が昔送ってくれた、

  歌を女は思い出した。

nextpage

  女は次第に消えてゆく…

nextpage

  井戸を蔽う萎れた、

  すすきにうもれながら、

nextpage

鐘が鳴っている。

nextpage

この世の鐘が。

nextpage

nextpage

僧は目覚めた。

Concrete
コメント怖い
2
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。
この話は能狂言の「井筒」を基に、
書いたものです。幽玄な気分に、
浸っていただけたらいいかなぁ
と思ったりしています^-^。

返信

幻想的な(古風な)文体が好きです。

返信