中編3
  • 表示切替
  • 使い方

絶望的な状況

 お盆前のある土曜日の夜。

羽田空港のチェックインカウンター前には、

長蛇の列が出来ていた。

真結美の携帯の着信音が鳴る。

「ああ、お父さん?

7時ちょうどの福岡行き107便に乗るから、

そっちには、そうねえ……

10時前には着くと思う。え?憲一?

もちろん、一緒よ。今、ここにいる」

野球帽を被りティーシャツに半ズボンの

10歳くらいの男の子が、

退屈そうに真結美の片手を握っていた。

今年45歳になる彼女は

黒髪をボブショートにし、

白いワンピースを着ている。

10歳年上の旦那は、

癌で4年前に亡くなったので、

今は息子と二人、東京で懸命に暮らしている。

separator

 真結美と息子の憲一が、福岡の実家に

着いたのは、夜10時を少し過ぎた頃だった。

真結美が高校時代までを過ごした、

二階建ての庭付きの一軒家。

少し古びたくらいで、

今もほとんど昔と変わっていない。

憲一が玄関の呼び鈴を何度も押している。

しばらくすると、ポーチに電灯が灯り、

玄関の鍵の音が聞こえると、ガラリと開いた。

白髪頭を7、3に分けた浅黒い顔の真結美の

父、竜三が、赤いスエット姿で立っている。

「おお、よう来たなあ」

そう言って、嬉しそうに憲一を抱き上げた。

nextpage

 三人は、リビングのテーブルに座った。

「お父さん、ちゃんと生活出来てるの?」

テーブルに並んだグラスに、

ペットボトルの烏龍茶を入れながら、

真結美は、目の前に座る父、竜三に聞いた。

「ああ、大丈夫だよ。あれがいなくなった

当初は大変だったけど、今はもう慣れて、

気楽なもんだ」

竜三の妻は去年、肺炎で亡くなっていた。

着物姿の似合う上品で古風な女性だった。

あまりの喪失感に、彼は鬱を発症し、

家に閉じこもり気味だったようだ。

「お前こそ、ちゃんとやれているのか?」

「大丈夫、大丈夫」

憲一が大人びた口調で応えたので、

真結美と竜三は揃って笑った。

nextpage

 壁際にある大型テレビでは、

クイズ番組をやっていたのだが、

突然チャイムが鳴り、

画面は報道スタジオに切り替わった。

スーツ姿の男性が、深刻な面持ちで

記事を読み上げている。

「たった今入ったニュースです。

本日、東京羽田19時発の福岡行きの飛行機

107便が20時頃、中国地方の山脈上空辺りで

消息を経った模様です。今、現場周辺には、

警察や自衛隊、地元の消防団などが

行っているようなのですが、

恐らくは山中に墜落している模様で、

乗組員ほか乗客102名の生存は絶望的、

という情報が入っております。

繰り返します。……」

竜三は、目の前に座る真結美と憲一を

青ざめた顔で見ると、呟いた。

「そうか、お前たちも……」

separator

wallpaper:4641

 リビングの窓から月明かりの下、

小さな庭がぼんやりと覗いていた。

そこには何本かの柿の木が並び、たくさんの

朱色の実がさがっている。その中の、奥にある

特に大きく枝ぶりの立派なものに、

一人の男が首にロープを通し、

ダラリとぶら下がっていた。

暗がりの中、首を傾げて

宙に浮いているように見える。

白髪頭を7、3に分け、

赤いスエットを着ており、

結構時間を経ているのか、雨風で

顔や服がかなり汚れて、くたびれていた。

その木の端には、岩が組まれた小さな池があり、

表に月を映しているのだが、

数匹の鯉が白い腹を上にして浮かんでいる。

nextpage

 そして池の傍らには、

絣の着物を着た上品な感じの老女が、

木にぶら下がる男をじっと見つめながら、

悲しそうに佇んでいた。

Normal
コメント怖い
4
13
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信