中編2
  • 表示切替
  • 使い方

痛いお父さん

 正月の間、家でゴロゴロしていて体が鈍っていたから、休み最後の日曜日。朝方、久しぶりに愛犬を散歩に連れて行った。

separator

 いつもだと妻が連れていってくれるのに、今日は私なので、犬は少し戸惑っていたが、すぐに慣れて、嬉しそうに走り出した。

犬に引っ張られながら、川沿いの道を歩いていると、いろいろな人にすれ違う。仲良く並んでジョギングする老夫婦。ダイエット中なのか、深刻な顔をしながら走る、おデブな若い女性。見るからにアスリート風のスリムな男性……。

しばらく歩いていると、後ろの方から元気な男の声と荒い息遣いが聞こえてきた。

nextpage

「よーし、よし、よし、良い子だ!頑張れよ!」

振り向くと、私と同年代くらい、四十過ぎくらいのジャージー姿の男性が、何か独り言を言いながら走ってくる。白髪交じりの頭を七三に分けて、実直な感じだ。白い息を吐き、太鼓腹を揺らしながら、近づいてくる。

nextpage

 私の横に並ぶと速度を緩め息を整えて、

「おはようございます!」

とにっこり微笑むので、私も、

「どうも、おはようございます」

と、返す。

「いやあ、良い天気ですなあ。わんちゃんの散歩ですか?」

首に巻いたタオルで顔を拭いながら、

尋ねてくる。

「ええ、まあ。体が鈍っていたから、久しぶりに」

と言いながら、私は、必死に紐を引っ張ている愛犬の黒いトイプードルの方を見た。自分のことで精一杯のようで、ただひたすら前を見ている。

「トイプードルですか。かわいいですなあ。うちは、真っ白な雑種ですわ」

と言うので、何気なく男の足元を見たのだが、そこには犬の姿はない。

「まあ、こんな雑種でも、飼うと、愛情が湧くもののですなあ。最近は私の方が、こいつと散歩するのが楽しみになってきてねえ。ハハハハ」

私は必死に、男の周辺を見回すが、やはり犬らしきものはいない。

「こいつはね、娘が学校帰りにガード下から拾ってきたんですよ。初めのうちは妻も私も、大反対していたんですよ。どうせ、途中でほったらかすんだろうってね。だけど、毎日一生懸命面倒を見ている娘の姿を見ていたら、私も放っておけなくなってね。あっという間に十五年。こんな雑種でも、今では、大切な家族の一員ですわ」

と言いながら男は、愛おしそうに目を細めながら足元をみているのだが、

そこには、やはり何もいない。

「あの……」

私が思い切って聞こうとすると、

「最近は妻も娘も、冷たくてねえ。私の相手してくれるのは、こいつくらいなもんですわ。ハハハハ」

と男は笑った後、一瞬、寂しげな横顔を見せると、

「それじゃあ、またいつか会いましょう!」

と言って、また元気に走り出した。

nextpage

 右手に持った紐をズルズル引きづりながら。

Concrete
コメント怖い
4
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@肩コリ酷太郎 様
怖いポチ、コメントありがとうございます。
犬おばさんですか。どんな人なんでしょうか。
興味あります。

返信

@珍味 様
怖ポチ、コメントありがとうございます。
自己完結してる人もいれば、攻撃的な人もいますね

返信

たまにいますねこういう人w
うちの近所にも犬おばさんというのがいました

返信
表示
ネタバレ注意
返信