短編1
  • 表示切替
  • 使い方

親切なおっちゃん

5年前の夏、私がまだ女子大生だった頃のはなしです。

真夜中に友人2人と、心霊スポットとして有名な廃病院に肝試しに行ったのです(今になって思えば、女の子だけで行くのは危なすぎる…)。

ビビりながらも、キャーキャーと盛り上がったいたのですが、いきなり

「何してんだ、こんなとこで」

と声をかけられました。

とっさのことに、悲鳴すらあげられず、慌てて振り返ると、

……おっちゃんがいました。

ペンキかなんかで薄汚れた作業者に、頭には手拭い。

工事現場に大量発生してそうなおっちゃんでした。

「さっさと帰ぇんな。冗談の通じないのもいんだからよ。」

そう言うと、おっちゃんはいきなり『消え』ました。

今度こそ悲鳴をあげて、全力で逃げました。

あのおっちゃんは何者だったのでしょうか?

誰かの守護霊ではないか?というのが、友人の見解ですか…

謎です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
87900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ