長編14
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊タクシー 完全版

市街地を抜けて、メインの国道へ出る手前に、真新しい歩道橋の掛かった小さな交差点がある。

深夜一時過ぎ、そこへ一台のタクシーが停車した。

辺りは少し前から降り始めた雨が路面を濡らしている。歩道橋の下では白いコートを羽織った若い女が一人、傘もささずタクシーへ向かって手を上げていた。

この片側二車線の道路は新興住宅地と国道とを結ぶ近道を目的として作られた道路で、その利便性の良さから昼夜を問わず交通量は多いが、まだ開通してから10年程しか経ってないそうだ。

だが、この道を造るにあたり夥しい数の墓石や、それを祀っていたのであろう社などが撤去された事は、今の若い世代には余り知られていない。

交差点の側にはそれらを祀る為に造られた大きな供養塔がある。三時間置きに塔の上に備え付けられた鐘たちがここら一帯の平和と鎮魂の念を願い、数種類の柔らかなメロディーを奏でる。

だがしかしその想いも虚しく、この交差点では過去10年間に5人もの自殺者を出し、見通しが良いにもかかわらずなぜか頻繁に死亡事故も起こり、計20人以上もの死傷者も出している。ここが「魔の交差点」と呼ばれる由縁でもある。

歩道橋の下の女に気づいたこの道20年のベテランドライバーは、サイドブレーキを引くと素早く運転席のドアを開けた。社訓により自らが車を降り、お客様が乗る後部座席のドアを開けて安全に中へと誘導するのが規則だ。

「いらっしゃいませお客様、今回は当社をご利用頂きありがとうございます!さてどちらまで向かいましょうか?」

「 ………… 」

返答が無いので、ルームミラーをお客様の顔に合わせ直して、もう一度ミラー越しに訪ねてみる。

「お客様、このまま真っ直ぐでよろしいでしょうか?」

「…はい、おねがいします」女は弱々しく答えた。

車は国道をぶった切って人気の無い山道へと差し掛かる。ここから先は延々と同じような山の景色が続き、峠をこえて隣町まででるには軽く30分かかる。

「お客様、このまま真っ直ぐに進んでもよろしいでしょうか?」

「…はい 」

女はもはや真っ青を通り越して真っ白な顔色だ。濡れた髪の毛がベタリと首に巻き付いていて、女はそれを拭おうともせずにただジッと窓の外を見つめている。

「……… 」

運転手の脳裏に、先日聞いた嫌な記憶が蘇ってきた。それは、休憩時に会社の待合室で同僚が話していた内容。

「 深夜にあの交差点で乗せた客が隣町の澤田病院まで行ってくれって言うもんで山道走ってたらさ、トンネルの手前で急に降りたいって言い出してな…」

「こんな何も無い所になんの用事かな?って思っていたら、誰も触れてないドアが急にバン!と開いたんだ。

そしたらその女、馬鹿笑いしながらガードレールを飛び越えてそのまま谷底に落ちて行っちまったんだよ!」

「マジだよこの話!もちろん警察も呼んであちこち調べて貰ったんだけど遺体も何も出て来ないし、ほんとに参ったよアレには…幽霊ってマジでいるんだな!」

「ああ、そういえばそのお客、真っ白なコートを羽織ってたな…」

同僚が言うその交差点とは、まさに先程この女を拾った交差点の事だ。女性の隣りには、乗車する際に脱いだ白いコートが置かれてある。

「ま、まさかな…」

運転手は生唾を呑んだ。そう考え始めてからはどうも女の動向ばかりが気にかかり、必要以上に何度もミラーを伺ってしまう。その時、不意に女と目が合ってしまった。

「あのう…」

「は、はい、なんでしょう!」

「澤田病院までおねがいします…」

来たーー!!運転手は思わず叫びそうになる口を必死で押さえた。しかも、しかも、このままあと数分も走れば、同僚が話していた例のトンネルまでもが見えて来るという絶望的な状況。

額に浮き出した脂汗をハンカチで拭いながら運転手は言う。

「お、お客様、あそこは救急形態も整っておりませんし、多分この時間は診療時間外だと思うのですが…ほ、本当に澤田病院で宜しいんでしょうか?」

お客様の行き先に疑問を持つなど不要。普段は絶対に口に出さない様な事を、運転手は思わず口にしていた。

長い沈黙の後、女は口を開く。

「ええとあの、澤田病院てなんの事でしょう?私そんなこと一言も言ってませんけど…」

「えっ?」

この女は名を佳代子といい、まだ二十歳の若さでグループ管理を任されるほど仕事に熱心な女性である。が、実は昨日まで高熱にうなされており会社を休んでいた。

三日ぶりに出社してみると人に任せられない仕事や雑務が山積みになっていて、一人会社に残って後片付けをしていたら見事終電を逃してしまった。

会社を出てから急に降り出してきた雨を避けようと歩道橋に避難していたところ、運良くこのタクシーが通りかかったのだ。

佳代子はさっきからやたらとミラー越しに目が合う運転手が気持ち悪いと感じていた。今だって言ってもいない行き先を確認してくるし意味がわからない。

運転手の目元を良く見てみると、まるで死んでいるように生気を感じない。

いつか新聞記事で読んだ、酔っ払った女性客をタクシーで連れ回し人気の無い所で暴行して殺害。遺体をトランクに遺棄したまま車を山中に乗り捨てて、自らは崖から投身自殺するとかいう残忍かつ悲惨な事件が頭をよぎる。

そこで佳代子ははたと気付く。その崖って確かこの先にあるトンネルの辺りじゃなかったかしら…、私もここで殺される?!

「お客様、顔色がお悪い様ですが、宜しければこの先で一旦休憩を入れていかれますか?」

「…い、いえ。大丈夫です」

一見、運転手は明るい話し口調だが、ミラー越しに見えるその目は全く笑っていない。ゾクリと寒気がして下がっていた熱がまた上がってくるのを感じた。乗った時から気になっていた妙に線香臭いこの車内の空気も、佳代子を更に不安にさせる。

嘘でしょ。この世に存在しないタクシーに乗っているなんてそんな事、絶対にありっこない。

確か…あの事件のタクシーの社名って「坂元タクシー株式会社」だった。記憶が正しければあの事件の後、すぐに社名が「大葉タクシー株式会社」に変わったはず。

でも、もしこのタクシーが「坂元タクシー」だったら、間違い無くこの車は、今は存在していない「幽霊タクシー」だという事になる。

佳代子は助手席の社名プレートを確認する為、前の座席に手をつきゆっくりと身を乗り出した。

その瞬間「ひぃ!!」と運転手が軽い悲鳴を上げた。

明らかな挙動不審に不安感が増す。早く確認したいが、助手席に座っている女性の肩が邪魔をして、中々プレートの字が確認出来ない。

『オリンピアタクシー株式会社』

ああ違う…、良かった…

どうやら佳代子の考えすぎだったようだ。プレートには全く違う社名が記載されていた。しかもオリンピアと言えば、「親切、丁寧、真心接客、お客様の為ならどこにでも駆けつけます!」がモットーの、料金的にもこの界隈では一番良心的で有名な会社だ。

佳代子はホッと胸を撫で下ろした。

良かった…。不思議な事にさっきまでは挙動不審なただの暴漢幽霊にしか見えなかった運転手さんが、今見ると人の優しそうなよいおじさんに見える。

そもそも落ち着いてよく考えてみたら、そんな「幽霊タクシー」なんて馬鹿げた物がこの世に存在する筈も無い。自分はなんて馬鹿らしい事を考えていたのだろうと思うと、顔から火が出そうになり、運転手さんに対して申し訳ない気持ちで一杯になった。

「ねえ運転手さん?」

ビクりと運転手の肩が上がる。

「あの、さっき運転手さんが言っていた澤田病院の事なんですけど…」

「あ、ああ、す、すいません!どうも私の聞き間違いだったようで、峠を越えましたらまた行き先をおっしゃって下さい!」

運転手さんは明らかに佳代子に対して怯えている。その姿を見て、助手席に座る女性がクスクスと肩を揺すりながら笑う。

「分かりました…。てか運転手さん。澤田病院に行かれるのはもしかしてお隣りのお客さんじゃないですか?私よりも先に車に乗ってらしたんだし、先に澤田病院へ行って貰っても私は全然構いませんよ?」

佳代子はお詫びのつもりでそう言った。

「お、お客様…隣りのお客さんとは?」運転手は一度だけ助手席の方をチラリと見ただけで、またすぐに顔を戻した。

「何言ってるんですか運転手さん。そのお客さん、私が乗る前からずっと隣りに乗ってらっしゃるじゃないですか?」

運転手はそれを聞いて明らかに同様している。あからさまにビクビクしながらルームミラーと助手席と前方とを順番に見回しながら、みるみると顔が汗でビッショリになってきた。

「は、はは、お客様こそ悪い冗談はよして下さいよ。別のお客様を同時に乗車させる訳が無いじゃないですか、いやーまいったなぁ…ははは…まいった、まいった…」

見ると、隣りに座る女性と運転手さんとの目線の高さが全く合っていない。

「えっ?運転手さんてもしかして隣りの女性が見えてないんですか?」

また「ふふふ…」と女性が笑う。イヤに気味の悪い声だ。

まさかこっちが幽霊?でも、これだけはっきりとした声と姿があるのに自分にしか見えてないとか嘘でしょ?佳代子は先週テレビで観た「ほん怖」を思い出して、少し怖くなってきた。

すると女性は自分の右手を持ち上げて、運転手さんの顔をサッと撫でる様な仕草をした。

「…ひぃ…!!」

キ、キキイイイイイイ!!!

車は軽く後輪をスピンさせながら、急停止した。

「もう!運転手さん危ないですよ!どうしたんですか?!」と、座席でしこたま頭を打ち付けた佳代子が抗議する。

「お、お客様が怖い事をおっしゃるからですよ!今車内には私とお客様しか乗っておりません、冗談は止めて下さい!」

佳代子の前に座る女性はあれ程の急停止だったにもかかわらず、どこを痛がる様子も無くまだジッと運転手さんを見つめている。

運転手さんには本当にこの人が見えてないのか?でも表情からしてふざけたり、嘘を言っている様にも見えない。

「じょ、冗談なんて言ってませんよ。今も隣りで運転手さんの顔をマジマジと見られてますし。髪は肩までで、服装はえっと…あっ!私と同んなじ白いコートを着てらっしゃいます」

「えっ!…白い…コートですか?!ひいいい!!」

そう言えばこのタクシーに手を上げた時、ワイパーが回っていたせいか助手席の女性には全く気が付かなかった。運転手さんの言った通り、今思えば何故、先客が乗っているのに自分を乗せたのだろう…

そんな事を考えていると、いつの間にか女性は身体を前に向けたまま、首だけをグルリと90度以上も曲げて、両座席の隙間からジッと佳代子を見つめていた。

初めて正面から見た女性の顔は真っ白で、左目部分は目玉が抜け落ちているのか、そこだけにぽっかりと黒い穴が開いていた。

separator

雨は止み、淀んだ雲の隙間からもういいかい?とばかりに月が顔を覗かせている。

そんな人気のない山間の中腹に、闇を切り裂くような叫び声があがった。

「ぎゃあああああ!!!」

転がるようにタクシーを飛び降りて来た佳代子は、最初に目に入った高さ二メートル程の立て看板の裏に身を隠した。

「う、うわあああああ!!!」

少し遅れて運転席のドアもバン!と開き、中からタクシー運転手が飛び出して来た。そして佳代子と同じように看板の裏へと身を隠す。

「はあ、はあ、お客さん!見たんですか?見たんですよね?し、白いコートの女!見たんですよね!」

運転手が佳代子の両肩をガクガクと揺する。

「い、痛いです!離して下さい!見ました、見ました!目の取れた女の人が乗っていました!ちょっ!痛いですから、とにかくこの手を離して下さい!」

運転手は佳代子から手を離すと、すぐに自身の顔を両手で覆い、激しく擦り出した。

「さ、触られたんです!何かに顔を撫でられたんです!アレは間違い無く人の手の感触でした!うわあ気持ち悪い!気持ち悪い!犯人は俺じゃないんだ、勘弁してくれー!!」

頭を抱えて唸り出す様子に佳代子は思う。

「へぇ、こんなおじさんでも幽霊見たらこんなに怖がるんだ…」

しかし佳代子はそんな運転手の姿を見て、逆に少しだけ冷静さを取り戻していた。

落ち着いて女性の顔を思い出す。

生気のない真っ白な顔、額から顎にまで伸びた血の筋。これ以上に無い醒めた冷やかな表情。目玉を失った空洞のような眼孔。デロンと下に伸びた長い舌。

人生でこれだけ恐ろしい顔を佳代子は一度も見た事が無い。

「お、お客様!今思い出しましたが、多分、ここでジッとしておれば大丈夫だと思います。昔、会社の同僚がアレと同じ物を見たと言っておりましたから」

幾分、運転手も落ち着きを取り戻してきた様子だ。

「 白いコートの女…同僚が乗せた時は突然車から飛び出して笑いながら崖の下へと消えて行ったそうです…話によればその時と場所も時間もほぼ同じだ。ほらあそこを見て下さい…」

運転手は数十メートル先に聳え立っている山を指差した。見ると、その山の腹にぽっかりと大きな穴が口を開けており、ぼんやりとオレンジ色の明かりが灯っている。

「ああ…トンネル…ですか?」

運転手は頷いた。

「そうです、この場所で間違い無い。恐らく我々はあの霊にここまで連れて来られたんだと思います。まあこれは私の推測に過ぎませんが、多分あの女性は過去にこの場所でタクシー運転手に殺され、崖の下に投げ落とされた被害者の霊だと思います」

「で、でも、どうして関係のない私たちが?」

「それはわかりません。しかし同僚の話がもし本当ならばおそらくこの後、彼女の霊体は崖から飛び降りるはずです」

「飛び降りる?」

「そう、彼女は多分、自分の遺体を誰かに発見して欲しくて、何度も何度もそこから飛び降りているんだと思います」

「本当ですかそれ?とても信じられないですけど…」

「まあ、彼女が飛び降りたら直ぐに警察に通報して、この辺り一帯を隈なく捜索して貰うように頼み込みましょう。おそらくそれが彼女の願いであり、我々にかせられた責任でもあると思います」

運転手さんが何を根拠にここまで堂々と胸を張って言い切っているのか佳代子には全く理解出来なかったが、この際、運転手のその推測とやらを信じる事にした。

「じゃ、じゃあ私達があの女に危害を加えられる心配は無いって事ですね?そういう事ですよね?ねっ、ねっ?」

運転手は黙って頷いた。

separator

あれから数分が過ぎた、いやもしかすると数十分かも知れない。

佳代子と運転手は互いに言葉を交わす事も無く、白い立て看板の裏で静かにその時を待っていた。

道路上に放置したままのタクシーには今の所これといった異変は起きていない。あの女性がまだ車の中にいるのか、それともいないのか、それさえもここからではよく分からない。

しかしいくら車から距離を取っているとはいえ万が一、車内から血だらけの女が飛び出して来て追いかけられたとしたら、佳代子には到底逃げ切れる自信は無い。もうこれは運転手さんの言葉を信じて、祈るしか無い…

ガチャ

と、その時タクシーの助手席のドアがゆっくりと開いた。

「……… 」

二人の視線の先、完全に開け放たれた助手席のドア。

そこからのそりと姿を現した女は、暫くそのままジッと突っ立っていたが、何かを思い出したかの様にゆっくりと左右を見渡し始めた。

幸いあの調子では、まだ自分達の存在はバレてはいない。満月の明かりが彼女の顔をテラテラと照らす。

赤い。

それは車の中で見たあの真っ白な顔ではなく、真っ赤な液体で余す所無く染められた血塗れの顔のようだ。

その血は顔だけでなく、首を伝って白いコートまでも赤く侵食している。

「ひっ!!!」

運転手が悲鳴を上げそうになり、慌てて隣りから佳代子が口を塞ぐ。

女が一瞬、こちらを見た様な気がしたが、またすぐにその顔は向こうを向いた。

「だ、ダメですよ運転手さん声出しちゃ!てか見えてるんですか?運転手さんにもあれが…?」

口を押さえられながらブンブンと顔を縦に振る運転手。

運転手の同僚の言葉を信じ、自分達に危害は無いと一度は安心した二人であったが、いざもう一度この女を目の前にするとそうも言っていられない。とても生きた心地がしない。

「う、運転手さん落ち着いて!私達、まだあの女に気付かれてないようですから絶対に声は出しちゃ駄目ですよ!早く崖から飛び降りてくれる事を願いましょう…」

「…ひぃあ!!」

その時、女を見ていた運転手が悲鳴を上げた。つられて佳代子もその視線の先を見る。

「………!!!」

完全に自分と目が合っている女がフワリと宙に舞うと、次の瞬間にはすぐ目の前にいた。

距離にして僅か1メートル。立て看板の向こう側に、あの女が佳代子を見つめて立っていた。

separator

その涙声から、おそらく女は泣いている。

佳代子はその後ろ姿をただ黙って見つめていた。

当時、女の腹にはもうすぐ生まれてくる子供がいた。予定より早く産気づいた女は、仕事中の旦那さんの指示のもと、澤田病院に向かってタクシーを走らせていた。

たまたま家の前で拾ったタクシー。しかし、そこにはたまたま獣のような運転手が乗っていた。

女は人気のない山中に連れ込まれ、乱暴をされた後に絞殺された。遺体は崖から捨てられて…運転手も同じ場所から飛び降りた。

深い渓谷の底、警察がいくら探してもいまだ二人の遺体は見つかっていない。

『早く見つけて欲しい』

それがこの哀れな女の、せめてもの願いだった。

佳代子は泣きながら、タクシーの後部座席で目を覚ました。

運転席に運転手さんの姿はない。慌てて車の外の様子をうかがうと、向こうに運転手さんの後ろ姿が見える。

目を凝らして良く見ると、体の透けたあの女に手を引かれている。

確かあの向こう側は崖だ。佳代子は我に返り急いで車を降りようとするが、ロックがかかっており、どうしてもドアが開かない。

「運転手さん!そっちに行っちゃだめ!」

佳代子は目が醒める寸前に女が言った最後の言葉を思い出していた。

『見つけられないなら、私のそばまで連れてってあげる…』

車道に放置されたままのタクシー。その中で、佳代子が必死になって車を降りようともがくが、その後ろから一台の大型トラックがすごい勢いで迫っていた。

『私の邪魔はさせないから…』

separator

新たな犠牲者を二人も出したこの場所は、数年の時を経て、すっかり若者に人気の心霊スポットになっていた。

「おい、あのトンネルの手前にあるヘアピンカーブあるじゃん?」

「あるある、噂の幽霊タクシーが出るとこだろ?」

「そうそうw 昨日シンジが夜中あそこに行ったら、マジで半分透けたタクシーが止まってたんだってよ」

「うそ、マジかよ!俺たちも行ってみようぜ」

「おお、で、中には血だらけの運転手と女二人が乗ってたんだってさ。おまけにその一人は妊婦さんだったらしいぜ」

「やべえ、それちょっと怖すぎねえ?シンジ大丈夫だったんかよ?」

「すぐに逃げたからセーフだったみたいw」

「あぶねーなw」

「あそこ見通しの悪い場所だから、トラックがタクシーに突っ込んでそのまま崖から転落したって話なんだけど、なぜか、遺体はまだ一つも見つかってないんだってな」

「ひえー、やっぱやめとこ!俺たちまで引っ張られたらやだし!」

「そうだなw」

separator

幽霊タクシー 完

Concrete
コメント怖い
13
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

マミお姉様、ご心配をおかけしております。はい、ご想像の通り僕はこの作品を最後に…

ってウソです。ピンピンしております!まだまだ駄作を量産していく所存です!
これからもどうか生暖かい目で僕を見守ってやって下さい…ひ…

つか、そろそろマミお姉様の新作も読みたいなー、ゾンビものとか…うふふ

返信
表示
ネタバレ注意
返信

はなお姉様、いつも嬉しいコメントをベリベリサンクスです。
結果はどうあれ「幽霊タクシー」なんとか、書ききりました!内心、本人も諦めていたのですが…ありがとうございます。

因みにですが、あの駄作「麗子OF THE DEAD」も人知れず無理やり完結させておりますので、おヒマな時にでも読んでやって下さいね…ひ…

返信

小夜子お姉様、毎日酔っ払うまで呑むと体に悪いですよ…ひ… 僕はここ一年くらい喘息になったので、あまり飲まない生活が続いていたので、今はもうビール一杯で酔っ払いますよ…ひひ…

返信

珍味お兄様、な、なんとか「魔の澤田病院」の伏線を繋ぐ事に成功?致しました!…ふう…

やはり、お話を書くときは見切り発車ではなく、ちゃんと構成からオチまで練って書かないといけませんね…ひ…

返信

とうとう!!!おつかれさまでした🌸
自分の感覚だとロビンさんの幽霊タクシーは新しい方のお話だけど、今考えるととても懐かしくて感慨深い🤣

これからもみんなの生活に最高の怖話をよろしくです!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ゴルゴム先生にこれほど褒められるとは…ロビンは嬉しすぎてコメントを三回も読み返した挙句、思わず記念にスクショしてしまいましたよ…ひひ…

えっ?まだこの続編を欲してらっしゃる?またまたご冗談をー、ゴルゴム先生の意地悪ー…ひ…

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ラグト先生、はい、今日は休みでしたので、昼過ぎから構想して書いて参りました…ひひ…

あの頃は、まだかまだか?と皆さんに冷やかされながらも、全く次の構想が思いつかなかったのですが、なんか今日は書けそうな気がして書いてみましたw

伝説の一つとは恐れ多いですが、思えば確かにこの「幽霊タクシー」には、他のお話にはない、特別な思い入れが僕にもあります。

あの頃、沢山の皆さまと仲良くなれたキッカケを作ってくれたのは、未完成だったこの幽霊タクシーが始まりだったのでは?と今になればそう思うのです。

あの頃仲良くしてくれた、ラグト先生や、ゴルゴム先生、よもつ先生を始めとして、マミ姐、さえ♪姐、まりか姐、沙羅姐、紫音姐、小夜子姐、りこ姐、珍味兄、あんみつ姐、はる姐、パグ兄、裂久夜姐、宵闇姐、apple様、ピノ姐、みぃねこ姐、マコ兄、にゃん姐、欲求不満先生、ナオキ先生、コノハズク先生、はな姐、牡丹姐、アイスマン兄、紫月姐、詩織姐、ケイ兄。そして、今は若干どころか、かなり疎遠になってしまっている鏡水花姐に番長にマガ兄まで。

色々ありましたが、あの頃は本当に楽しかったですね。まるで、昨日の事のように思い出します…ひ…(遠い目

とにかく、新しい区切りでもある四月までにこのお話を完結できた事で、内心、本当にホッとしております。(三年?ほどかかりましたがw)

ラグト先生、これからもどうかよろしくお願い致します…ひひ…

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ロビン様、お疲れ様です。
この幽霊タクシーだけでいくつスピン作品が書かれたかわからないほどの怖話の伝説の一つが今夜完結したんですね。

返信