長編8
  • 表示切替
  • 使い方

滝の音

絢子が消えた。

nextpage

それはちょうど一週間前の、まだまだ寒い二月の日曜日のこと。

俺は絢子と、ネットで調べた地元の心霊スポットに出掛けた。

絢子は同じ大学の同級生で、俺の彼女だ。

nextpage

そこは、市街地から車で北に一時間ほどの山あいにある古いトンネルで、二年ほど前に数体のバラバラ遺体が発見されたらしい。

犯人はいまだに捕まっておらず、それ以来、そこを歩いた者は、奇妙な物音を聞いたり、不気味な黒い人影を見たりする、ということだ。

nextpage

日の落ちかけた位から俺のオンボロ軽で、

山あいにあるその場所に向けて走りだした。

その日は朝から粉雪が舞っていて、片側に山肌の迫る国道を走っている頃には、ワイパーを動かさないといけないほどだった。

nextpage

「何か変な胸騒ぎがする。もう帰ろうよ」

助手席の絢子が、せわしなく動くワイパーの向こう側で舞う白い粒子を見ながら、不安げに呟く。

彼女は幼い時から霊感が強いよそうで、この世の者ではない者を何度か見ているそうだ。

nextpage

「もうここまで来たんだから、行くだけ行こうよ」

俺は嫌がる絢子の言葉を聞き入れず、ひたすら山あいの暗い道を走り続けていた。

nextpage

最初の長いトンネルをようやく抜け出てしばらく国道を走ると、右手に小さな祠(ほこら)が見えてきて、その横に細い道がある。

nextpage

ここだ。

ゆっくりと右にハンドルを切り、その横道に入っていく。

国道に並行した旧道のようだ。

急に道幅が狭くなった。

ほとんど対向車と離合出来ないくらいだ。

道の両側からは、木々が覆いかぶさるように迫っている。

用心しながらゆっくり走っていると、

前方に忽然と、目的のトンネルが視界に入ってきた。

nextpage

それは古い煉瓦で作られたアーチ型の小さなトンネルだった。

入口の上方には石の看板があるのだが、蔦が邪魔して字が読めない。

ネットの情報によると、それは全長僅か三十㍍ほどの距離ということだ。

nextpage

トンネル入口傍の空き地に車を停め、二人で外に出る。

見上げると漆黒の闇に、白い雪の粒が無数に舞ってきている。

雪を逃れるようにトンネル内に入った。

nextpage

湿った白い煉瓦の側壁には何カ所か電灯があり、

天井にも蛍光灯が灯っており、

中は比較的明るくシンとしている。

前方にアーチ型の暗い出口が、小さく見えていた。

nextpage

「ああ、何かいやな予感がする。しかも寒いし……」

ダウンのジャケットを羽織った絢子が白い息を吐きながら、不安げに呟く。

確かに、トンネル内はかなり冷え込んでいた。

俺たちは肩を並べて、歩き始める。

nextpage

コツ、……コツ、……コツ、……コツ、……

nextpage

二人の靴音だけが、狭いトンネル内を反響している。

天井から染みてきているのだろうか。

あちこちから大粒の水滴が落ちてきて弾けると、気味の悪い反響音を響かせていた。

nextpage

真ん中辺りまで来たところで突然、絢子が立ち止まった。

nextpage

「どうした?」

俺も立ち止まり、彼女の白い横顔に向かい尋ねる。

nextpage

「何か聞こえない?」

目を閉じ、耳を澄ましている。

俺も同じように、耳を澄ます。

nextpage

……

シンと静まり返っていた。

たまに聞こえてくるのは、天井から落ちてくる水滴のはねる音と、天井にある蛍光灯の「ジー、ジー、」という音くらいだ。

nextpage

「いや、何も聞こえないけど、どんな音がするの?」

神妙な顔をして目を閉じている絢子に、尋ねる。

「分からないけど、何かテレビの砂嵐のような……」

nextpage

「砂嵐?あの『ザーー』という?」

「うん。でも、ごめん、やっぱり私の空耳かな。 

行こ、行こ」

そう言うと絢子はまた、歩き始めた。

俺は彼女の背中に続いた。

nextpage

数歩進んだところで、また絢子が立ち止まった。

「どうした?」

横に並び、声をかける。

彼女は目を大きく見開きながら「あれ……」と、

震える指先を出口の方に向けていた。

nextpage

何だろうと、恐る恐る俺もそちらに視線を移した。

十㍍ほど先にはアーチ型の出口があり、

外では暗闇の中、白い雪が舞っているだけだ。

nextpage

「何が見えるんだ?」

恐怖に包まれた彼女の横顔に、俺は尋ねる。

nextpage

「いや、さっき、黒い雨合羽を着た男が、出口のところに立っていたように見えたんだけど……」

彼女は呆然としながら、何度となく目を凝らしている。

nextpage

だが再び、いつもの顔に戻ると、

「ごめん。見間違いみたい」

と言って、また、歩きだした。

nextpage

結局トンネル内では、これということも起こらず、

出口のところまで辿り着いた。

外では相変わらず闇の中、雪が舞っている。

nextpage

「おや?」

ふと見ると、出口を出たすぐ右側の岩肌の傾斜地に、十体以上のお地蔵さんがある。

暗がりに、まるでひな壇のひな人形のように並んでいる。

そのすべてが、赤い涎掛けをしていた。

nextpage

「こんなところに、どうしてこんなにたくさん……」

俺は一人トンネルを出て、お地蔵さんたちの正面に立ってみた。

誰かのイタズラだろうか、

あるものは首がなく、あるものは腕がなく、

すべてがまともなものがなく、白い雪があちこち積もっていた。

nextpage

これはひどいな……

目を閉じてしばらく手を合わせた後、トンネルの方を振り向いた。

nextpage

あれ?

さっきまでトンネルの出口の辺りに立っていた絢子がいない。

nextpage

「絢子ー!、絢子ー!」

大声で呼びながら辺りを探してみたのだが、

姿はなく、もちろん返事もない。

反対側の岩肌の方まで歩き探すが、やはり、いない。

nextpage

再び周辺を十分以上かけて探したが拉致があかないので、今度は名前を叫びながら、トンネル内を入口に向かって歩いた。

nextpage

そして今度は、入口周辺を探す。

だが、全く見当たらない。

しょうがないので車まで行き、車内に入りエンジンをかけ、携帯をかけてみる。

コールはするが、でない。

nextpage

「そんな、バカな!」

俺はハンドルを二、三回叩いて叫んだ。

ふと、時計に目をやる。

午後八時五分。

やむを得ず、警察に電話をした。

separator

「なるほど、あなたが振り向いたときには、もう既にいなかったんですね」

停車したパトカーの運転席の制服警官が、後部座席に座る俺の方を振り返りながら、確認している。

もう一人の警官がトンネル入口辺りを動き回りながら、テキパキと写真を撮っている。

そしてあらかた撮り終えると、助手席に乗り込んできた。

nextpage

「明日の朝から地元の消防団と共同で、捜索をしていきますので、今日のところはお引き取り下さい。絢子さんの身内の方には、私どもの方から連絡いたします」

雪もひどくなってきたので、その日はそのまま帰った。

nextpage

あれから警察は地元の消防団十数人と一緒に、トンネル周辺の捜索を続けているらしい。

だが、絢子は見つかっていない。

俺も昼間に一人で何度かトンネルに行き、探したが、ダメだった。

nextpage

いったい、どういうことなんだろうか?

平成のこの時代に、こんなことがあるのだろうか?

これでは、まるで「神隠し」じゃないか

大学の講義のときもバイトの最中も、俺の心の奥から絢子の姿が消えることはなかった。

nextpage

そして、あれから一週間が経った日曜日のことだ。

その日は予定もなかったので、夜までコンビニのバイトをしていた。

仕事を終えアパートに帰ったときは、夜の十一時を過ぎていた。

翌日、朝一から講義だった俺は、早めに床についた。

和室の暗い天井を眺めながら、ウトウトし出した時だ。

nextpage

shake

ピピピピピピ!ピピピピピピ!ピピピピピ……

nextpage

突然、枕元の携帯が鳴りだした。

誰だ、こんな時間に?

眠い目を擦りながら携帯を取り、目の前に持ってきたとき、

心臓の心拍数が一気に上がりだした。

nextpage

絢子からだ!

nextpage

慌てて応答ボタンを押すと、耳元に携帯を持ってくる。

nextpage

「もしもし!もしもし!絢子か!?」

上ずった声で問いかける。

nextpage

「もしもし!もしもし!」

「…………」

返事がない。

nextpage

俺は暗闇の中、携帯を当て全神経を耳に集中した。

すると、微かだが、何か音が聞こえてくる。

nextpage

ん?何だ?

nextpage

それは、まるでテレビの「砂嵐」の音のようだった。

nextpage

ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…………

nextpage

渓流が流れる音のようにも聞こえる。

nextpage

ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…………

nextpage

音は延々と続いていた。

その間、何度か問いかけたが、やはり返事はなく、奇妙な砂嵐の音のみが続いている。

そして、それに被さるように見知らぬ男の声が聞こえてきた。

それはまるで、ラジオの電波が混線したときのDJの声のような、聴き取りにくくて不快な声だ。

nextpage

………あ………あ……んた

…………

も……う、…………

あき……らめろよ…………

nextpage

俺は驚いて、必死に問いかけた。

nextpage

「もしもし!もしもし!あんた、誰だ!?

もしもし!もしもし!誰なんだ!?……」

nextpage

いつの間にか電話は切れていた。

暗闇の中、俺は携帯を耳にあてたまま、呆然としていた。

nextpage

翌朝、昼ごろ、大学のキャンパスを歩いていると、

携帯が鳴った。

警察からだ。

nextpage

「どうも、F警察の〇〇です。

今、大丈夫ですか?」

「はい」

緊張が走る。

nextpage

ちょっとの間の後、おもむろに警察の人はしゃべり始めた。

「実は…………

絢子さんが見つかりました」

「え!本当ですか!?

無事だったんですか?」

nextpage

「…………

残念ですが。」

「え……」

突然目の前の光景がぐにゃりと曲がり出した。

軽い吐き気がする。

nextpage

「もしもし!もしもし!大丈夫ですか?」

「……

あの……

絢子はどこで

見つかったんですか?」

nextpage

「それが、あのトンネルから一㌔ほど先にある滝つぼで。」

「え!滝つぼ?」

nextpage

「はい、消防団の方がたまたま道沿いから滝つぼを眺めていると、何か変なものが浮かんでいるのを発見したそうなんです。 

それは切断された女性の右腕だったらしく、しかも、その腕は携帯を握りしめていたそうです。

それからさらに調べたら、頭部や胴体などの他の部分が水底で見つかりました。

これから詳しく調べていくつもりですが、

死因は頸部の圧迫。

つまり、首を絞められての窒息死であろうと思われます。

nextpage

死亡推定日と時刻は、二月四日もしくは遅くとも五日の辺りだと思われます。先週の日曜日、つまり失踪当日か、もしくは、その翌日ということです」

nextpage

「…………」

nextpage

「もしもし。お辛いとは思いますが、

いろいろお聞きしたいことがありますから、

近々、署に来ていただけないでしょうか?

もしもし、もしもし!聞いてますか?

もしもし!…………」

Normal
コメント怖い
6
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@千堂 幾虎 様
怖ポチ、コメントありがとうございます。
多くの謎を残しながらも、最後まで読んでいただければ、満足です。

返信

@珍味 様
怖ポチ、コメントありがとうございます。
「不条理感」こそが、私のホラー小説を書く上でのテーマです。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信