短編2
  • 表示切替
  • 使い方

かくれんぼ

wallpaper:4526

とある山間の村でそれは起こった。

「神社で、みんなでかくれんぼしてたんだ。

鬼の子が、かくれている子をすっかり見つけたと思ったんだけど、ひとりだけどうしても見つからないんだ」

一番年上の子供が、困った様子で神主にそう告げた。

nextpage

夏の陽は山の向こうに姿を隠そうとしている。

そうなれば、山の陰があっという間に辺りを覆うだろう。

ここは、そういう場所だった。

nextpage

神主は電話で事情を話し、近所の大人たちを集めると、子供の捜索を始めた。

日暮れまでもう時間がない。

nextpage

「白いワンピースを着てたんだ」

「肩までくらいの長さの髪だよ」

「赤い靴を履いてたよ」

nextpage

子供たちが口々に、隠れている子供の特徴を口にする。

大人たちは神社の境内、裏の森、近所の庭や、河原の隅々まで、目を皿のようにして捜し回った。

nextpage

暗い森から遠く近く、金属質なひぐらしの声が聴こえてくる。

空は朱から紫に染まり、東の空は紺色に沈んで一番星が覗いていた。

nextpage

子供を捜す、大人たちの声が山間の村に響き渡る。

辺りはどんどん暗くなる。

山の向こうから、冷たい風が吹いてきた。

そして――。

nextpage

wallpaper:918

疲れはてた大人たちが、再び神社の境内に集まった。

もう、お互いの顔の表情がよく見えないほど、辺りは暗くなっている。

黄昏時(たそがれどき)だった。

nextpage

子供はいまだ、見つかっていなかった。

森の中に迷い込んだか、誰かに拐われたか。

銘々が不安を口にする中、ひとりがおずおずと皆に問いかけた。

nextpage

「なあ…

…俺たち、誰を捜してたんだっけか」

顔を見合わせる一堂。

その問いに答えられる人間は、その場にひとりもいなかった。

【了】

Concrete
コメント怖い
0
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ