短編1
  • 表示切替
  • 使い方

鳥兜霧子の誕生

臍の緒は雑に毟られ、

産声だけを着てドブ川へ沈められた。

貧民街の死体の隣、鼠の首を噛んでいた推定3歳の真昼、

どうやら生きていることに気づいた。

自分というものがこの世界という場所へ在ると知ったのだ。

彼女は醜かった。

酷いブスであった。

貧民街の仲間達も彼女を嫌い、

いつか消え去ってくれることを願って霧子と呼ばれた。

10歳になる頃には霧子は、暗殺者としてテロリストに利用されていた。

彼女は薬殺が得意だった。

ブスの語源がトリカブトの毒であることを学んだ彼女は、

霧子の名前に鳥兜を冠した。

鳥兜霧子の人生はここから始まる。

つづく

Concrete
コメント怖い
1
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信