短編2
  • 表示切替
  • 使い方

眠れる森の美女

王子は、茨を剣で薙ぎ払いながら、道を進んでいた。

この森の奥深くには、立派なお城があり、そこには百年の眠りの呪いをかけられた、美しい姫が眠っているというのだ。

王子は、婚期を焦っていた。

いい年になり、頭髪も薄くなり、おまけに不摂生の所為か、体も豚のように太っていた。

隣国の姫とも、お見合いをしても、やんわりと断られる始末。

そのうえ、この王子ときたら、極端な面食いである。

街の娘に恋して、告白するも、見事に玉砕ばかり。

一度は王室の財産目当ての女と結婚するも、その女は王子との営みを拒み、世継ぎを残すこともならず、離婚。

王子は、この森の奥深くで眠る美しい姫の噂を聞きつけ、こうしてはるばるやってきたのだ。

何でも、今年が百年の呪いから覚める年であるということで、各地から王子がこの森に集まってきた。

その一人がこの王子だ。

まだ誰一人、姫を見つけた者はいないという。姫は、噂によると、百年の眠りの呪いを解くべく、キスをした王子と結ばれるというのだ。

こんなチャンスを逃してはならない。

王子は、鍛冶屋に特別に作らせた、よく切れる特製の剣を携えて森へと進んだ。

「待ってろ、姫。君の唇を奪うのは、この僕だ。」

そして、ついに、王子は見つけた。

「やったぞ!見つけた!これが眠れる森の美女が住むお城だ!」

茨の絡んだ重い鉄の扉を切りつけると火花が散り、茨は解け、扉は簡単に開いた。

広い城の中の最上階に、その美しい姫は眠っていた。

王子は鼻の穴を膨らませた。

「なんて美しい姫なんだ。」

王子は、姫に近づくと、その小さな花のような唇にキスをした。

そのとたん、姫は目をさました。

よし、やったぞ!これで姫は僕のもの!

姫は、さらに、かっと目を見開くと、王子の唇を自分の唇の中に吸い込んだ。

えっ?なに?

それが王子の最後の記憶だった。

ずるずると王子は、姫の中に取り込まれて行く。

最後に足がスポンと姫の口におさまると、姫はごくりとのどをならした。

「げふっ。」

大きなげっぷをすると、姫はぺろりと舌なめずりをして、再び眠りについた。

Concrete
コメント怖い
4
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信