短編1
  • 表示切替
  • 使い方

もうひとりいたよね?

中学生の時にあった話

いつも遊んでる友達二人と俺の家で遊ぶことになった。

馬鹿な話をしたりテレビゲームをしたりして過ごしてた。

時折部屋の曇りガラス戸越しに親の姿が帰ってきたのが分かる。

夕飯時になって友達二人は「そろそろ帰るわ」といって帰路についた。

その後母親に友達が帰ったことを話したら「誰が来てたの?」と聞いてきたからいつもの二人だよって答えたら「え?もうひとりいなかった?」って言われた。

妹も部屋から出てきて同じこと聞くから同じように答えたら「笑い声が4人だった」って言うから気味が悪くなった。

後で聞いたら霊感のない父親も「今日は友達が3人来てたな」って母親に話してたみたい。

友達二人の内一人が霊感強い奴だから心配になって連絡したら「あぁ俺たちと一緒にそいつ遊んでたよ。今は俺についてきてるから大丈夫。」と何事もなさそうに話してた。当時の俺は(全然大丈夫じゃないじゃん)って思ったけどそれ以上深くは突っ込まなかった。

Concrete
コメント怖い
0
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ