短編2
  • 表示切替
  • 使い方

奇形

wallpaper:4807

A さんはKC 大学の生徒です。

毎日、帰りは誰もない古い家の隣道に歩ます。

しかし、夜18時ぐらいです。

A 「はぁ、沢山ほどの勉強で・・・疲れ」

A「しかし、夜になると古い家の不気味を増えてしまう。だから、早く帰らないといけない。」

古い家の噂では、借金に苦しみで家族心中したり、若い女は失恋に傷で自殺したり、母は新しい男のため、邪魔な息子を殺したりなどです。

近所たちは必ず古い家に近ければいけなかった。

A 「噂に聞いたせいで、怖くなった・・・(怖)」

そして、髪の長い女を現れて歩ます。

髪の長い女はスリルやきれいな髪を持ってるです。

しかし、右目は髪を隠れます。

だから、気になったA さんは

A「何故、右目に隠れるか。美女だから恥ずかしいではないか。目の病気を持ってるか。(考え中)」

A 「あっ、家に帰りますよ。」

A さんは歩いてます。しかし、美女は・・・

美女「あの・・・少し話せていいですか?」

A 「 はい?」

美女「貴方は右目のことが気になるね。」

A「!!!」

A「そうです。(しかし、心を読み取ったようだ。)」

美女「じゃあ、私の右目を見てなさい。」

A 「 はい?(汗)」

A さんは美女の右目を見ました。

shake

A 「ひっ!(真っ青)」

美女の右目は三つの目があるが、白いではなくて黒い目だった。

美女がこの世ではない者を知ったAは体を震えて

動かなかった。

美女は不気味ぐらいの笑える様子でした。

美女「私は幽霊です。貴方は私を見るなんか嬉しいだよ。」

shake

A「うわあああ!(悲鳴)」

Aさんは逃げたが、もう遅い。

美女は異常ほどのスピードに追えて捕まってしまった。

美女「おまえ・・・もう、逃げられない。・・フフ」

A「ゾクッと!(背中を凍る)」

明日、Aの遺体を発見しました。

しかし、Aの右目は大きな傷でほとんど取れてたようだ。

Normal
コメント怖い
2
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@ごうすけ
分かりました

返信

とりあえず日本語の勉強をしよう

返信