中編4
  • 表示切替
  • 使い方

拝啓、田中沙希様

女手一つで手塩にかけて育ててきた息子が自殺した。

息子の日記には、遺書ともとれる一文が記されていた。

私は息子が一度だけ家に連れてきたあの女を探す事にした。

あれから一年。誰にも気づかれてはいけない私の捜索は今も続いている。

分かっているのは息子と同い年で名前が沙希というだけ。朧げな記憶では、たしかあの女は腰までの黒髪に、笑うと片方にだけエクボが出来た。

今時の女の子はみんな同じような化粧だから、パッと見だけだと判別がつかない。だから私は名前の該当した女を見つけると、アンケートだなんだと理由をつけて近づいて色々と質問をした。極力、笑顔を引き出せるような内容の質問を。

これまで私が殺した女は四人。捕まれば絶対に死刑は免れない。でも私はここで止まる訳にはいかない。息子の仇を取るまでは。

結局、どの沙希も最後まで私の息子との交際を否定し続けた。どれだけ痛い目にあわせても泣きながら否定した。でもそれは当たり前の事だった。

私は偶然、沙希の苗字を知る事ができた。調べてみたら今まで殺してきた女は全員苗字が違っていた。本当に彼女たちには悪いことをしたわ。

田中沙希。

これがあの女の本名。

調べてみたらなんとこの町だけで同姓同名が何十人と該当する。信じられない。私、あと何人殺せばいいのかしら。

私は無い知恵を絞って、この町の全ての田中沙希様宛にお手紙を出したの。

『拝啓、田中沙希様。貴女は某有名化粧品会社が開発した新商品のモニターに選ばれました。』

なんて胡散臭いこの内容がダメだったのかしら。会場に現れたのは期待した田中沙希ではなくて、ラガーマンのような筋肉質の私服警官たちだった。

世間では同じ名前の女性が次々と殺されているから、疑われても仕方がないわよね。街中の田中沙希集まれーって言ったって、はいはいと集まるわけがない。

私が馬鹿だった。今まで通り一人一人潰していくべきだった。

こんな事もあろうかと隠し持っていた刃物で、私は自分の喉を刺した。

騒ぎ立てる周りの声を聞きながら、私の視界から徐々に色が失せていく。

でも苦しかったのは初めだけ。死ぬ間際に脳が魅せるという美しい幻覚で、私は文字通り天にも昇る最高の気分だった。

でも私は逝かない。

息子の仇を取るまでは、私は絶対に逝けないの。

本物の田中沙希を見つけるまでは、たとえお化けになろうとも私はおまえを探し続けるから。

待ってろよ。

田中沙希。

「喉を掻っ切って自殺した連続殺人犯の牧田淳子ですが、一年前に息子を自殺で亡くしているようです。」

「そうなのか。で、それがこの事件に関係しているってどういう事なんだ?」

「はい、調べでは息子の残した日記に今回殺された女性たちと同じ名前が記されてまして…」

「だからなんだ?」

「ええ、どうやら息子さんが自殺した理由は付き合っていた女性にふられたということが原因だと思われるのですが、その相手方の女性の名前が…沙希と」

「つまり、牧田淳子は結果的に息子を自殺に追いやった相手を憎んで、探して、ずっと同じ名前の女性をターゲットにして殺していたということか?」

「はい、そうだと思われます。」

「なんと理不尽な…逆恨みにもほどがあるな」

「それがですね… 日記を調べたらその後にも続きがありましてですね。」

「続き?」

「後半のページに消された文字があったので解析してみたら、どうやら息子が彼女と別れた本当の理由は、この母親のせいだったみたいなんですよ。」

「どういう事だ?」

「牧田淳子は息子を愛するあまり、今まで連れてきた彼女にことごとく辛くあたって強引に別れさせてきたらしいんです。今回の沙希さんもそうでした。」

「かわいそうに。マザコン、ファザコン、シスコンは聞いた事があるが、こんな場合はどう言うんだ?とにかく、今回の事件の残虐性から見ても、牧田淳子という女の異常性は計り知れんもんがあるな。殺された女性たちだけでなく、牧田淳子の息子もまた、被害者という訳か…」

「はい、そうだと思います。別で見つかった日記にはこうありました。」

またアイツのせいだ。もう我慢できない。もう我慢できない。もう我慢できない。もう我慢できない。もう我慢できない。沙希と別れるくらいなら死んでやる。俺が死んでから苦しむがいい。

「そ、そうか。で、その息子の日記にあった沙希さん。田中沙希さんは誰だったのか掴めているのか?」

「は、はい。ですが…」

「ん?どうした?」

「彼女、三日前から行方不明で捜索願いが出されてます… 」

Concrete
コメント怖い
3
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ヨーッソッロー♪ヨーッソッロー♪やあ、数年ぶりに行ったカラオケで、長渕剛先生の曲ばかりを12曲も熱唱してしまったロビンミッシェルだ。

まー様にラグト先生、いつもコメントを賜りまして、べりべり、ステイドリームサンクスです!…ひ… 人怖という高度すぎるジャンルに敢えて挑戦してみましたが、なかなか上手くいきません…うう…ムズイ… これからも精進します…

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信