短編2
  • 表示切替
  • 使い方

暗示

この教室からグラウンドを見下ろせば、ちょうど真ん中辺りにぽつん建つ、一基のお墓が見える。

その黒い墓石はいつも太陽の光を受けてテラテラと鈍い光を放っている。

なんであんな所にお墓が?と進級した当初は周りの友達に話したりもしたけれど、決まってみんなは口を揃えてそんな墓は見えないと否定する。

あれだけハッキリと見えているのにみんなには見えていない、そんな筈はない僕をからかっているんだと思ったけれど、休み時間にグラウンドに降りてみたら確かにそんなものはなかった。

実際には存在しないが、教室から見れば確かに存在している墓。

でも僕にしか見えていないのにこれ以上人に話したらバカにされるか嘘つき呼ばわりされるのがオチだろうから、僕はこれに関しては一切口をつぐむ事にした。

でもそれから暫くしてふとグラウンドを見たら、墓が三つに増えていた。三つとも同じように黒くて、均等に三角形を形取るようにして並んでいる。

いくら目をこすってみても確かに墓石はそこにある。誰かに話したかったが僕はやはり誰にも言わず、口をつぐみ続けた。

そんな中、夏の体育祭で事故は起きた。

騎馬戦で同級生が三人も死んだ。

三人が死んだ場所は… あの墓石が建っている場所だった。これが偶然とはとても思えなかったし、死んだ同級生の中には僕の仲の良かった友達もいたから本当に辛かった。僕に何か出来る事はなかったのかと後になって悔やんだ。

でも悔やんだところで、何の答えもでなかった。

そして今、この教室からは新しく出現した七つの墓石が見えている。

職員室の前に一つ。体育館の木の下に二つ。そして、西門のそばに四つ。墓石は太陽の光を浴びてテラテラと異様な輝きを放っている。

事件?事故?これだけの人数が短期間で死ぬなんて只事ではない。僕は近いうちに起こるかも知れない大惨事に、今日も怯えながらグラウンドを見つめている。

Concrete
コメント怖い
6
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

おめでとうございます🌸😌
記憶に残る怖話がたっくさん!!いつも仕事の疲れをロビンさんの話で吹き飛ばしてますよ✨

返信

ふたば様、嬉しいお言葉をベリベリマグナムサンクスです!(^q^)/…ひ…はい!三百目指してがんはります。

返信
表示
ネタバレ注意
返信