中編5
  • 表示切替
  • 使い方

画面から覗く目

二年前の今頃に体験した不気味な話。

投稿初めてなので乱文駄文かもしれないがご了承ください。

当時私の勤めていた会社は、都内の雑居ビルの中にあるごくごく普通の会社だった。

転職サイトで手当たり次第に履歴書送ってたら、その会社だけあっさり面接のその日に採用になった。ちなみに他は全部不採用。

んで、会社自体も全部で30人程の小さい会社で、給料はそんなに高くはなかったけど、パワハラとかセクハラとかもほとんど無くて、上司も社員の人も良い人が多くて、正直前の会社はややブラックだったから、安心した。

ただ、会社の雰囲気が全体的にちょっと薄暗くて、常に空気がじめっとした感じなのは気になった。なんていうか、どんよりではないけど、湿気のある感じ。まあでも会社のあるビル自体が裏通りの日当たりがあまり無い所にあったし、空気がこもりやすい造りなんだろうな、まあしゃーないよなと思って仕事してた。

私が入社して5か月くらい経った頃、社員の一人が退職することになった。仮にAさんとする。送別会もせず3日後には退職するとのことで、よっぽどの事情があったのだろうなと思っていた。

そしてAさんの業務を私が引き継ぐことになった。Aさんの席まであいさつに向かったら、

「急で悪いけどよろしくね」と言われて、気になって理由を聞いたら「健康上の理由」だそうで、顔色もあまり良くなかった。なんていうか・・・灰色っぽい感じのもやが掛かってるような。そんな雰囲気。きっと大変だったろうな・・・とその時はどうかお大事にと言葉をかけて終わった。

そしてAさんが退職した次の日、業務を引き継いで、Aさんのいたデスクに移動した。席に座った時、なんか違和感があった。前のデスクより空気が生暖かい感じ。しかし、業務を早く覚えなきゃと思って、気にしないことにした。

新しい業務になかなか慣れず、その日は残業することになってしまった。

一人で会社残っていて、夜の9時過ぎくらいかな。ひたすら作業をしながら、なかなか終わらないなー疲れたし一休みしようと思って、座ったまま背伸びしてぼーっと窓の景色を眺めてたんだ。そしたら、なんか誰かに見られているような、視線を感じた。でも自分霊感ないし、多分気のせいだ多分って気にしないようにした。

・・・けど、明らかに見られてる感じがした。それも私の背後からじゃなくて、前方から。

帰りたい・・・でも今日中にこれ終わらせないと、大丈夫、気のせい!霊感ないし!

と無理やり思い込んでパソコンに向かった瞬間、ビクッとした。

パソコンのデスクトップの上のほう、上から5センチくらいの所から、両目玉がこちらをじーーっと見ていた。なんだか眠そうな感じの目だった。

へ、何これ?と一瞬固まったけど、あ、これあれか、デスクトップの画像の一つかな、と思った。データ画面を閉じて見てみたら、川なのか池なのか、水面に目だけ浮いてるような絵だった。ビビるわ!と若干イラっとしながら、デスクトップの設定で別の画像に変更した。

それから何とか業務を終わらせて、帰宅したころにはへとへとで、目玉のことは忘れて寝た。

次の日いつものようにパソコンを開いたら、目玉は無く昨日変更した画面のままだった。気味悪い画像だったなー、と少しホッとして、普段通り仕事した。

その日も慣れない業務で残業して、夜10頃やっと仕事を終わらせてデータ画面を閉じると、

デスクトップの画像があの目玉の絵になっていた。

それと、変わってるんだ、目玉の位置。下に移動してる。

画像の設定おかしくなってるのかなと、設定画面を開いて確認した。あの目玉の画像はどこにもない。ほかのフォルダを見てもそれらしき絵は無い。

そもそもこれは絵なのか?妙にリアルな絵だと思ってたけど、もしかしてこれって写真なのか?画面の中では、水面に目だけがはっきりとこちらを向いていた。よく見ると白目の部分、赤茶色に濁っていて、鼻筋と思われる影がうっすらと見えていた。

一気に背筋が寒くなって、パソコンもシャットダウンしないまま走って帰ってしまった。

次の朝、会社に行くのが怖くなっていた。それに起きようとしても体が重い。なんとか体を引き摺って洗面台に向かって鏡を見た。鏡は曇ってないはずなのに、顔に灰色っぽい、もやが掛かっていた。Aさんを最後に見た時と同じ感じ。そのままへたり込んでしまった。

会社は病欠にした。

ベッドで横になりながら、ふと、Aさん大丈夫かなと思った。

もしかしてAさんもあの目玉を見ていたのだろうか。あの濁った眼に見つめられてたのだろうか?そしてあの画像、あのまま見続けていたらどうなってしまうのだろう。

もうスマホ見るのも、テレビに映る自分の顔すら見るのが怖くなって、布団をかぶって寝た。

次の日、出社してAさんのことについて上司に聞いてみた。上司も詳しい退職理由はわからなかったけど、Aさん入社して辞めるまで半年しか経ってなかったそうだ。入社してしばらくは明るい感じの人だったけど、数か月したころから何だか体調が優れなくなったらしい。

それを聞いて正直私も辞めたいと思ってきた。けど上司に話をしても信じてもらえないだろう。それにパソコン見るのが怖い。席についてため息ついてたら、デスクの電話が鳴った。出たら、なんとAさんの母親という女性だった。話を聞くと、Aさんは退職後実家に戻ったのだが、テレビやパソコンの画面が怖いと言って、自分の部屋にこもりがちになってしまった。

もしかして前の職場でなにか酷いことされたのではないかと、会社に電話をしたそうだ。

言うかどうかどうすればいいかわからなかった。ていうか体が震えて声が出なかった。

何故ならふと目をやった、目の前のパソコンには、水の中から浮かんでる濁った目の顔が、こちらをじっと見ていた。

それから会社を早退して、三日後くらいに会社を辞めた。あれからなんか変なことも病気も無いけど、画面見るのはやっぱり躊躇する。あの顔、何だったんだろう。もしかして皆知っていたのかな?

そういえば私も半年位しか居れなかったな。

Normal
コメント怖い
0
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ