短編1
  • 表示切替
  • 使い方

祟られた

少し長めで、怖くはありませんが、実際の話しです。では・・・

我が家は

ユタに祟られている。

沖縄にはユタという霊能者が今なお存在する。

マブイグミ(魂拾い)や巡礼みたいなことをさせらる。

祟られた理由は

ある日、地元の大地主だった我が家の祖先が、あるユタの能力を疑い、器の中に何匹のネズミがいるのか当てるよう命じた。

ユタは「3匹」と言った。しかし実際は2匹であったため、嘘つき呼ばわりし、斬り殺してしまった。器を片付けようと女中が器を開けると、なんとネズミが子供を産み3匹になっていた。

この事件以後、

我が家は男性が短命になり、40歳までに死んでしまうことが続いていた。しかし、私の叔父が現在54歳で元気に生きている。というのも叔父の妻は偶然にも先に話したユタの子孫らしい。彼女の父親も現在ユタを生業にしている。

叔父が結婚する時

彼女の父親がこの話をして一言。

「○○家だから、嫁に行かせた。」

祟りはまだ続くのか。

怖い話投稿:ホラーテラー おきなわんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ