中編3
  • 表示切替
  • 使い方

2つの冤罪

「私じゃない!」ずっと叫び続けている。

俺は大手銀行に勤めていた。

妻と子供(小学一年生の女の子)が一人。

銀行での仕事はストレスもあるが、充実して幸せな毎日を過ごしていた。

幸せは失ってから気づくものだ。

その時はまだ、その当たり前の幸せに、気づいていなかった。

満員電車に揺られ通勤する日々。

ある朝の電車の中。

今日も詰め込まれ勤務先に運ばれる。

変わらない景色を車窓から眺める。

いつもと同じ。

そのはずだった…。

不意に目の前にいた女性が叫ぶ。

「やめて下さい!」

「この人痴漢です!!」

(は?)

俺の右手を掴み離さない。

「ちょっ、何ですか?」

訳が分からない。

周囲の視線が集まる。

汚物でも見るような目でみる女子高生。

呆れたように溜息をつく爺さん。

回りの男達に囲まれ、駅に着くと引きずり降ろされた。

「私じゃない!痴漢なんてしてない!!何かの間違いだ!」

「この人です、間違い有りません。スカートの中に手を入れて来たんです!」涙目で訴える被害女性。

女子大生だろうか、露出の多い服に短いスカート。確かに痴漢に会いそうな姿だが、断じて俺はしていない。

弁明を続けるも、駅員と共に駅事務所に連れられていかれた。

俺は無実を訴えたが、駆け付けた警察官は一切耳を傾けず。

話にならないので帰ろうとしたら、現行犯逮捕されてしまった。

nextpage

separator

数日後、被害女性の代理人を名乗る男から和解を持ちかけれた。

「300万円支払えば被害を取り下げます。」

払えない金額ではない。

自分の弁護士からも和解した方が良いと言われた。

初犯だから実刑判決は無いだろうが、有罪となれば社会的信用を失う事になると。

さらに数日後、示談金を200万円にしても良いと女の代理人が言ってきた。

間違いない…あの女は金目当てで偽証したんだ。

俺はやってないんだ、臆する事はない。

裁判で争うことにした。

やってもいない罪を認めて和解など出来るものか。

nextpage

separator

だが…結果的に裁判には敗れ、罰金刑を言い渡された。

勤めていた銀行は懲戒解雇。

妻とは離婚することになった。

「あなたの事を信じて無いわけじゃないのよ…。でも子供の事を考えたら…あの子…学校でイジメにあっているの。私も周りの視線が辛い。」

そう言われては判を押す他無かった。

全て失った…。

許せない…あの女への復讐を誓った。

略式起訴だったので、通知書から女の名前はすぐに分かった。

数ヶ月後、住所を突き止め、その家の前に車を止め待ち伏せた。

あの時と違い地味な格好だが、間違いない…あの女だ。

女が出てきたところで車のトランクに押し込み、人気のない山中に連れ去った。

nextpage

トランクから女を降ろした。

ナイフを突き付けながら問いかける。

「俺の事を覚えているか?」

「し、知りません!」

「お前が痴漢呼ばわりした男だよ!」

「私じゃない!人違いです!」

衝動的に顔を殴り付け、服を引き裂いた。

泣き叫ぶ女をなぶり、犯し、殺した。

因果応報…。

この女は俺の人生を奪ったんだ。

nextpage

separator

数日後、女の遺体が発見されニュースになっていた。

被害者の名前がテレビに映しだされる。

その時、違和感を感じた。

何だ…

名前が…違う?

名字は一緒だが、名前が一字違う。

被害者の姉だという女がインタビューに答える「妹は真面目で誰からも好かれるコだったんです…。」

姉の姿が一部映った…派手な服に短いスカート…。

nextpage

あれから毎日、夜になると俺の横で女の霊が叫び続けるんだ…

「私じゃない!」

Normal
コメント怖い
2
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信