短編2
  • 表示切替
  • 使い方

引っ越す理由

引っ越した初日にトイレで用を足していると、窓の外から楽しそうな子供たちの笑い声が聞こえてきた。

隣りの家には小さな子供がいるのかと一旦は納得して二階の部屋に戻ったものの、夜寝る前に窓を閉めようと外を見たら、隣りにあたる場所には家などはなく、あるのは手入れも行き届いていないような古びた墓石がいくつも並んでいるだけだった。

もちろん引っ越す前からそこに墓があるのは知っていたし、それが理由で家賃が安いのも納得の上でこの借家へ引っ越してきた。

まさかあんな時間に墓場で遊んでいる子供なんているはずもないから、先ほどの声はやはり聞いてはいけない声だったのかと、思い出すなり怖くなりその夜はなかなか寝付く事が出来なかった。

それからもトイレに行くたび窓の外からは様々な声が聞こえてきた。

子供の笑い声以外にも女性同士の話す声であったり、老人の鼻歌であったり。聞き耳を立てるがいつもギリギリ何を言っているのか聞き取れないほどの小さな声だった。

一度は本当にそこに人がいるのではないかと勇気を振り絞って窓を開けてみたが、その瞬間に話し声はピタリと止み、そこには静まり返った暗闇が広がっていた。

それ以来、俺はとうとう自分の家のトイレを使う事が出来なくなり、家から歩いて三分のコンビニで用をすませるようになった。

こんな状況だが家の中で霊障が起きているわけではないので不動産屋に文句は言えないし、今のところトイレ以外ではおかしな事が起きていないのでなんとか生活は出来ている。

でもおそらく次の更新手続きは受けずに俺は別の家へ引っ越すと思う。

やっぱり自宅のトイレを使えないってのは思ったよりキツいからね。

Concrete
コメント怖い
1
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信