中編4
  • 表示切替
  • 使い方

常識

music:4

いつ頃からだっただろうか。俺があの概念に疑問を持ち始めたのは。

思えば俺は幼い頃から、なんとなく周りの人たちに対して違和感を感じていた。

小学校の高学年くらいになると、周りは常識とやらにしたがって行動しているらしいことがわかったが、常識という概念がまるで理解できなかったから、特に気にも留めなかった。

中学の頃、常識というものはどうやら生活していく過程で形成されるものらしいと知ったが、なぜ周りの奴らはそんな曖昧なものにこだわるのか毛ほども理解できなかった。

高校の頃の俺はいわゆる問題児だった。俺を殴ったクラスメイトを消火器で殴ったり、筆箱を隠したクラスメイトの荷物を鞄ごと焼却炉で燃やしたり、バケツの水をかけたクラスメイトを池に突き落としたり、そんなことがあるたびに教師に呼び出されて説教を受けていた。そしてそのたびに俺の担任は同じセリフを言った。

「まあ、お前の気持ちも分からんではないが、物事には限度というものがある。やって良いことと悪いことの区別くらい常識で考えればわかるだろう?」

いつもこんな感じだ。

「先生。その常識というものはそんなに大事なものなんですか?」

「なんだと?」

「例えば先生、日本では常識でも、外国では常識じゃないなんてことざらにありますよね?50年前の常識だって今だったら通用しませんし、明日通用しなくならないとも限らないものになんでそんなにこだわるんですか?」

「む……、も、もういい。とにかく、以後気をつけなさい」

結局最後はこうなる。俺が常識に対する疑問を投げかけると、教師は反論できずに、説教を切り上げてごまかす。

俺は何度となく停学をくらった。それで、結局俺が出した結論は、「高校なんて常識とかいう無益な概念に縛られる無能の集まり」だった。そんなわけで俺は高校を中退した。

高校を中退した俺は高等学校卒業程度認定試験を利用して、大学に進学した。しかし、大学でも依然として周りの学生は常識とやらに縛られるくだらない人間ばかり、少しはましかと思った教授もいたが、結局たいしたことはなかった。

大学を卒業し、俺は一般の企業に入社した。だが、そこの人間も常識に縛られるくだらない奴らばかりだった。もっとも、最初から期待はしていなかったが。結局一年ほどで会社を辞めた俺は、常識に縛られない人間がいる場所を求め各地を転々とした。だが、それは無駄な努力だった。場所によって、多少の違いはあれど、どいつもこいつも自分が属する集団の常識に縛られるくだらない奴らばかり、結局のところこの世界に常識に縛られない人間などいないのだ。

ならば、俺はどうすればいい?答えは単純だった。人間であるから常識に縛られるのなら人間であることをやめればいい。自分が人間であることを捨てればいいのだ。俺はその結論にたどり着き、あの日人間であることを捨てた。

人間であることを捨ててからしばらくは俺の姿は人間の外観を保っていた。しかし、人間を捨てたものが人の姿のままでいることを神は許さなかったようだ。次第に俺の犬歯は長く鋭くなり、筋肉が異常に発達していく、さらに額からは角が生えてきた。俺はもう人間の世界では生活できないことを悟り、一人山の中へと身を隠すように移り住んだ。山に住むようになってからは俺の体は以前にも増して早く変化していき、二月も経った頃には俺の姿はまさに鬼のそれとなっていた。俺の体が完全に鬼となってから、心も次第に鬼になっていったようで俺は山で野生の鹿や猪を捕まえては、その生肉を食らうようになった。

山に移り住んでから半年ほど経った頃、どこからききつけたのか大勢の人間たち俺の住処へと押しかけてきた。奴らは武器を手に俺に襲いかかってきたが、俺の暑く硬い皮膚には傷一つつけられない。結果、俺は無傷で人間たちを全員殺してしまった。

まずいことになった。人間を殺してしまった。こいつらが帰らなかったら、仲間がここに来るだろう。

(逃げなくては)

俺はそう思い。そこからできるだけ遠くに逃げることにした。

その日から俺は人間から逃げ続けた。できるだけ人が近寄りそうもない場所を探して逃げた。それでも見つかれば、殺してまた逃げる。その繰り返しだった。やがて、警察や自衛隊が動き出し、逃げられる場所も減っていき、俺は追い詰められ、最後には捕まった。

そして今日、俺は処刑される。常識に縛られる人間に、常識に縛られない俺は殺される。俺は「常識」に殺される。どこで間違えたのか、俺の頭の中にこれまでの人生が走馬灯のように思い出される。小学校で、スカしたやつといじめられていたこと。中学で、KYと言われハブられていたこと。高校で、校舎裏でリンチされていたこと。俺が常識に従わなかったことで受けた様々なことが思い出された。

(ああ、そうか。そういうことか)

全てが繋がり、自然と笑えてきた。

「最期に、何か言い残すことは?」

刑務官が俺に問いかける。

俺は答える。

「よく覚えておけ、歴史は繰り返す」

そして、俺は死んだ。

Concrete
コメント怖い
0
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ