中編2
  • 表示切替
  • 使い方

カーテンの向こう側。

その日、俺は異様に疲れていた。

久々の残業で、いつもは夜の7時には家に着くのだが、その日は夜の11時に帰宅した。

シャワーを浴び、ビールを飲み、布団の中に入った。

俺のマンションは4階にあり、寝室には1箇所窓があって、そこは青いカーテンで閉められている。

俺は疲れていたこともあり、すぐに眠りについた。

しかし、ある物音で目が覚めた。

時計を見ると、時刻は深夜2時を回っていた。

カーテンでしきられた窓。

どうやら物音はそこあらのようだ。

「コツン、コツン」

最初、風か何かか?と思ったが、それは明らかに人間が「ノック」をする音に似ていた。

開けようと思ったが、自体の異常さに気づいた。

なぜならここは4階なのだ。

人間が4階の窓からノックなんて、不可能なのである。

俺はそうおもうと、背筋にサーッと寒気が走った。

俺はじっと音がやむのをまっていた。

音はいつまでもつづいた。

と、

音が鳴り出してから30分後くらいに、急に音がやみ、辺りが静寂に包まれた。

帰ったか・・・?とそのときなぜかそう思った。

ほっとした俺は、また寝ようと思い、目をつぶった

そのときだった。

「バァン!!バン!バン!!バァン!!」

さっきとは比べ物にならないくらいの轟音で、驚いて飛び起きた。

窓ガラスが割れそうな勢いである。

これだけうるさいのに、近所の人たちどころか、犬さえも起きない。

俺は明日も仕事があるのだ。こんなことで寝不足になっては困る。

俺は息を思い切り吸い込むと、一言怒鳴った。

「うるさい!!!!」

と同時に音がやんだ。

とたんに目の前が暗くなり、気づいたら朝になっていた。

時計を見る。

時刻は早朝の5時。

まだ寝れる・・・。

そう思ったとき、部屋の異変に気づいた。

窓が開いていたのだ。

カーテンは風でなびいている。

窓には無数の血の手形があった。

カギはちゃんとしめたはずだ・・・。窓を割られた形跡もない。

一体どうやって?

そんなことを考えているとまた部屋に異変があった。

部屋はところどころ散らかっており、俺の頭の近くの枕が鋭利なものでメッタ刺しにしたように、ぐしゃぐしゃになっていた。

そして・・・

俺は見てしまった。

俺の布団の後ろ側にある押入れ。

そこから、血のついた白いワンピースがはみ出しているのを・・・。

友人にかけようとしていた携帯電話を落とし、俺はへたり込んだ。

押入れの戸が・・・静かに開いた。

怖い話投稿:ホラーテラー 達人さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ