短編1
  • 表示切替
  • 使い方

黒猫

この公園にはいつしか誰も寄り付かなくなった。

なぜだか理由はわからない。

カラカラと音を立てて転がっていく落ち葉の向こうから、老人が一人歩いてきた。

俺が座るベンチの前までくると、老人は前を向いたままポツリと言った。

おまえさんはもうとうの昔に亡くなっとるんじゃ。はよう成仏してくれんと、だーれもそのベンチを使えんから困っとる

老人はまたトボトボと歩み始めた。その背中は透けていて、みるみるうちに景色の中に溶けていった。

ふん、老いぼれが。おまえもとっくの昔に死んでるっつーの

黒猫が一匹。空を見上げるとカラスの群れが悪態をつきながら山へ向かって飛び去っていった。

チカチカと点滅を繰り返しながら街頭の明かりがつく。もう暗くなるのか、冬の夜は早い。

目の飛び出した赤ん坊を背負った酷い身なりの女が、木の陰からジッとこちらを見ている。昨日と全く同じ光景だ。このにらめっこは朝まで続く。

黒猫があからさまなため息をつくと、周りの木々がザワザワと唸り始めた。

今日もその公園には誰も寄り付かない。

なぜだか理由はわからない。

Concrete
コメント怖い
2
17
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信