短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ゆめをみたんだ

息子が妻に虐待されている。

というのは真下の部屋の田中さんに聞いたことなのだが。

nextpage

私は仕事の関係で一年の半分を海外で過ごす。

田中さんいわく、以前から決まって私のいない期間に、上(つまり私の部屋)から妻の罵声と子供の泣き声が毎日のように聞こえるらしい。

nextpage

思い当たる節があった。

5歳になる息子は怪我が絶えなかった。

私が帰るといつも体に痣をつくっていた。

なぜ気づけなかったのか。

鈍感な自分が腹立たしい。

nextpage

田中さんからの連絡を受け、事情を説明し予定より1日早く家に帰ってきた。

一気に階段を駆け上がる。

鍵を開ける。

中から物音は聞こえない。

nextpage

扉を開けると、息子が玄関に座っていた。

「パパ、おかえり!」

笑顔で抱きついてくる息子の顔には大きな痣があった。

気づいてやれなかったことに悔しさがこみ上げる。

涙で前が見えなくなった。

nextpage

「ごめんな…今まで気づいてやれなくて…ごめんな…」

息子はきょとんとして私を見る。

「…ママはどこだ?」

決着をつけるため、息子に問う。

nextpage

「ママはキッチンだよ。

それよりもきいてよ、パパ。

ぼく、きのうゆめをみたんだ。」

「うん?どんな夢をみたんだ?」

nextpage

「あのね、ママがぼくをこわいかおでみるんだ。

それから、おおきなあしでぼくをふみつけるの。

すごくいたくて、ぼくはがまんできなくて、ママをほうちょうでさすんだ。なんかいもさすんだ。

ぼくはママをころしちゃうんだ。」

nextpage

言葉が出なかった。

虐待とはこんなにも子供の心を毒してしまうのか。

「怖かったな。もう大丈夫なのか?」

nextpage

息子は不思議そうな顔をして答えた。

「だいじょうぶだよ!だって、」

nextpage

「 もう叶ったから。」

Concrete
コメント怖い
1
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖いです!
私も見てましたけど会員になってませんでした。

返信