私に棲み憑くソレ(中編)

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

私に棲み憑くソレ(中編)

あれから店主の言葉が耳を離れない。

その為、帰路につく私の足取りは重い…

まるで足首に枷を掛けられているか、人でもぶら下がっているかの様に。

…それもそのはず。

延々と店主の言葉が私の脳裏を駆け巡っている。

nextpage

 『あっ…居るね……』

放たれたあの言葉は時間が経つにつれ、私の恐怖心と相まって生々しい【言霊】となってゆく。

( 帰りたくないな… )

しかし、そんな訳にもいかない。

仕事は休めない。

nextpage

当時の私は医療関連施設に勤めていた。

月に数回、夜勤がある。

今日がその日だ、だから美容室を予約した。

施術が終わってからでも、眠る時間はある。

そう考え、今日にしたのだ。

今となっては美容室に行った事…いや、店主に相談した事を深く悔いているが…

nextpage

【ソレ】は認識するべきではなかった。

【ソレ】を明確にしてはいけなかった…

【ソレ】が私の生きている世界に足を踏み入れてしまった…

nextpage

( あ゛-…どうしたもんか…マジでヤダ…マジで無理… )

無駄な足掻きだとは分かっている…

だが私は現実逃避する事しか出来ず、普段の倍以上かけて家に向かっている。

nextpage

( こんな事してても結局帰るしかないじゃん…

   ウチん家、あそこしか無いんだし… )

【ソレ】に対して成す術もない私は、ただただ虚しかった。

自問自答は悲しい程、解かり切った答えしか生まない。

nextpage

帰路に時間をかけている為、刻一刻と睡眠時間が削られてゆく。

職務への責任感と、現実味を帯びた【ソレ】への恐怖が鬩ぎ合う。

仕事から逃れられない憤りと【ソレ】に対する恐れが混ざり合い、嘔吐きとなってこみ上げてくる。

nextpage

shake

sound:32

 プルルルルルッ…

突然携帯が鳴り出す。

怯えきっていた私の体が瞬時に飛び上がった。

恐る恐る、携帯の画面に目をる。

nextpage

【Sさん】

彼は私の友人であり、同僚。

肉体的にも親密な時期があったという、奇妙な関係だ。

 「どしたの?」

親しい人間から連絡がきた事により、張り詰めていた緊張の糸がほんの少し緩む。

 『あ~…私ちゃんゴメンやねんけど、今夜泊まってもイイ?

   明日早番になってもうてさ…』

nextpage

我が家は職場まで徒歩で行ける距離だ。

通勤が便利だった為、たまにSさんは泊まりに来る。

 「ん~…別にイイんやけど、今日ウチ夜勤なんよ。

   それでも良ければイイよ~」

気を許してる間柄なので鍵を預ける事に躊躇はなかった。

ただ、【我が家】に他人を独りで寝泊まりさせるのはこれが初めてだ。

nextpage

 『全然大丈夫やで~

   マジ助かるー!ありがと~ね~』

今の私の心境を知らないSさんは、いつも通り陽気に話す。

彼の聴きなれた声のお蔭で【ソレ】に対しての恐怖心が一瞬緩む。

だが、顔が綻びそうになった瞬間、ある事を思い出してしまった。

nextpage

以前からSさんも【ソレ】の存在を認識していたのだ。

( せやのに独りで泊まる事は抵抗ないんかな?

  逆なら無理だわ…)

そんな疑問を抱くが、敢えて言葉にはしないでおく。

これ以上、【ソレ】という存在を強く意識したくなかったから…

nextpage

separator

あれからSさんと合流し、一緒に帰宅した。

( Sさんが居てくれるから、ちょっとは怖くないかも…)

【独りではない】という安心感から、情けないながらもどうにか我が家の敷居を跨ぐ。

家の中はいつもと変わりはない。

…はず。

nextpage

separator

店主との遣り取りを知らないSさんは、リビングで普段通りに寛いでいた。

私はというと、夜勤の支度をする。

夜勤は1人体制なので、必要な物が多い。

支度をする為に、家の中を歩き回っているので何度か1階の廊下を通る。

【ソレ】への恐怖はSさんが居る事と、徐々に増してくる激しい睡魔によって多少紛れだしていた。

nextpage

緊張と恐怖からくる心労がたたり、ゆっくりと限界が近付く。

少しずつ意識が朦朧としだす私は廊下を通る度に、店主に言われた【階段の踊り場】を見れずにいた。

理由は考えたくない。

nextpage

だが、今なら言える…あの時、今まで以上に【ソレが居る】と思い知らされていたからだ。

【ソレ】がこちらを凝視していた。

今ならハッキリと、言い切れる…

nextpage

私はリビングでテレビを見て寛ぐSさんの近くで怯えながらも、眠りに就こうとしていた。

寝ない事には身体がモタない。

夜勤は13時間拘束・休憩なしといった、なかなかの肉体労働なので尚更だ。

疲れ切っていた為か、入眠してから目覚める迄は、あっという間だった…

nextpage

separator

日が沈みだした頃、Sさんに留守を頼み、私は職場へと急いだ。

出勤すると同時に、怒涛の如く業務を投げ付けられるのが私の職場環境だ。

その為、【ソレ】への恐怖など感じる暇を与えてくれない。

この時ばかりは、過酷な職場環境に感謝した。

nextpage

Sさんには店主の話をしないでおいた。

だから【ソレ】の存在をSさんが無駄に意識する事はない。

私はそう楽観的に捉え、Sさんを【我が家】に独りにしてしまったのだ…

今となっては申し訳ない気持ちと後悔しかない…

あんな事になるとは思ってなかったんだ…

nextpage

ゴメンね…

Normal
コメント怖い
2
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@ゆっけ-2 さん

コメントありがとう御座います。
頑張って続きをあげます!
読んで頂いてる方がいると励みになります。

返信

続きが気になって気になってしょうがないです。。更新楽しみにしております。

返信