長編7
  • 表示切替
  • 使い方

<固執>

私は…

真面目に生きて来た。

nextpage

パブル絶頂期、同僚達がこぞってブランド物に身を包み、

『アッシー君』だの

『貢ぐ君』だの

異性との恋愛ゲームを楽しみ、ある意味青春を謳歌している間も、私は無関係に慎ましく、流される事なく生きて来た。

nextpage

化粧っ気の殆どない顔に、半年に一度、美容院でカットした髪は後ろでゴムで縛り。

お酒を飲む訳でなく、当時流行りのディスコに行く事もなく、毎日判で押したよう様に、アパートと会社の往復。

nextpage

田舎の両親は高齢で、年の離れた兄が家業の農家の後を継ぎ、義姉や甥っ子、姪っ子が同居している今は、もう、私には甘える場所も帰る実家もなくなっていた。

nextpage

友人と呼べる人も居ず、恋人と呼べる男性とも出会う事もなく、毎日働き、贅沢をする事もなく、曜日毎に決めたメニューを数十年繰り返し作り、食べ、生活に必要な物以外は買う事もなく、単調な毎日を繰り返して来た。

nextpage

大した給料ではなかったが、バブルが崩壊し、会社内の事業を縮小した際、幸いにもリストラ対象にもならず、勤続30年を超えた頃には思うよりも多額の預金額になっていた。

nextpage

このまま一人で生きて行くのも悪くない。

私は、終の住処となるべく中古のマンションを購入した。

都心から電車で20分圏内。2LDKのマンションは、築年数は古いものの、綺麗にリノベーションされている。

nextpage

今の流行りなのだろう。

2つある部屋のどちらもフローリングで、洒落た洋間になっている。

だがどうしても畳の部屋が欲しくて、リビングには二色の琉球畳をラグの様に敷く事にした。

nextpage

それまでいた古いアパートは30年以上も住み続けた部屋だと言うのに、荷物も予想外に少なかった。

長年家具の代わりに使用していたガムテープで何ヶ所も補修していたカラーボックスも捨てた。

nextpage

毎日朝にたたみ、夜には敷き、休みの日には干していた薄っぺらになった綿入りの布団も捨てた。

いつも脱水の度にガタゴトと激しく音を鳴らし、ベランダを揺らしていた二槽式の洗濯機も捨てた。

nextpage

ローンを組まずに一括購入した新居には、こんな古びた物を持ち込みたくはなかった。

仕事の合間を縫い、まとめた荷物を引っ越しの前に少しずつ新居に運ぶ。

nextpage

就職の為に上京して30数年。

……

私にとって必要な物は、たった数個の段ボールだけだった。

nextpage

ガランとした空間は、最初は落ち着かなかったものの、半月も経つ頃には広々とした心地良い空間に変わっていた。

仕事帰りや休日に、生活用品を見て回る事も楽しいと思い始めた。

nextpage

誰かを呼ぶ予定もなかったが、それでも食器もグラスも全てセットで購入した。

ボタン1つで沸くお風呂も、伸び伸びと手足を伸ばせる湯船も、以前、景気の良かった頃に会社の慰安旅行で行った温泉以来だった。

nextpage

不衛生な虫もいない、安心して寛げるキッチンやリビング。

畳のい草の香りを嗅ぐだけで幸せな気持ちになれる。

nextpage

贅沢など興味もなく、身の丈に合った暮らしを続けたご褒美だと、私の人生の集大成とも言える大きな買い物にも大満足の日々を送っていた。

nextpage

それなのに…

……

………

…………

nextpage

いつからか鳩尾の辺りに鈍痛を感じる様になっていた頃、たまたま有った会社の健診後、再検査をする様に促された私は近所のクリニックを訪れた。

nextpage

だが、クリニックでは大した検査も出来ないと、大学病院へ行く様にと紹介状を手渡され、その足で大学病院に行く事になった。

nextpage

新居に引越して来てから僅か半年。

新しく始めた暮らしに浮き足立ち、上品な花柄のファブリックを扱うショップでベッドカバーやテーブルカバーと一緒に一目惚れをして購入した、淡いブルー地に優しい花の柄のカシュクールワンピースも、いつの間にか胸の辺りがぶかぶかになっている。

nextpage

会社に連絡をし、有給休暇を取り、検査入院の為に準備をし、ふと…

新居に入居してすぐに買った籐で出来たドレッサーに映る自分の姿を見た。

nextpage

自分の顔をまじまじ見る事なんて久しぶりだったが…思ったよりも酷い顔にビックリしてしまった。

nextpage

土気色の肌。

カサカサに乾き、ひび割れたくちびる。

肉が削げ落ちコケた頬。

目の下には真っ黒と言って良いほどに黒いクマ。

nextpage

「いつの間に…?」

私は自分の頬を両手で撫でる。

元々瘦せぎすな体躯は、スカートのボタンを直しただけでは履けない程に大きくなっている。

いや…大きくなった訳ではなく、私が縮んだのだ。

nextpage

そして検査の為の入院の筈が、治療をする事になり、退院の目処も立たないままになってしまった。

nextpage

田舎からは実兄と義姉、年老いた父が見舞いに来てくれたが、母は腰を痛めて歩けない為に来れず、会う事は叶わなかった。

nextpage

会社からも上司が見舞いに来てくれた。仲の良い同僚もいない為一人で来てくれたが手持ち無沙汰なのか、仕事以外の話題もなかった事から会話も続かず、お決まりの励ましの言葉を残し帰って行った。

nextpage

「こんな筈じゃなかった…。」

同室の他の患者さん達が家族と話している声を聞き、子供を褒める声を聞き、ご主人なのだろう。優しく宥める様に労わる言葉を聞く度に一人の自分が堪らなく惨めに思う。

nextpage

私には何もなかった。

家族も友人も恋人も。

物欲すら無かったから自分一人の力で大きな買い物も出来たが、それが何だと言うのだ?

nextpage

心の拠り所となる者すら持つ事が出来なかった私は、誰にも甘える事も、泣き言を言う事も許されず、孤独の中で死んで行く。

nextpage

悔しい…

悲しい…

幸せになりたかった…

幸せな人が…

許せない…

nextpage

人の笑い声に耳を塞ぎ、ベッドから起き上がる事も出来なくなった私は怒鳴る事も出来ず、痛みでのたうち回りながらも誰かを…人を…恨んでいた。

nextpage

私は…

人生の集大成とも言える高額な買い物をしたのに、二度とその部屋に帰る事も出来ず、いつしか全身の痛みから解放された…。

nextpage

私の意識も身体も真っ暗な闇に包まれ、胸に渦巻く深い恨みや妬みがより増幅されて行く。

私の何よりも大切な場所。

その場所へ、私の…既に形を成さない黒い靄の様な闇は飛んで行った。

nextpage

私のたった一つのもの

誰にも渡すものか

それが例え肉親だろうと

私のものに指一本触れさせてなるものか

nextpage

強い想いだけが残る。

私のマンションを訪れる者全てを排除する。

新しく揃えた家電や家具。

食器や調理器具。

nextpage

カーテンやラグや畳や…

誰に見せる訳でもないのに新居に入って買ったレースをふんだんに使った下着も…

nextpage

誰にも

誰にも

指一本触れさせやしない。

全て私の物なのだから。

nextpage

私の想いのこもった部屋を訪れた実兄と義姉は、遺品整理との名目で私の物を仕分けして行く。

私がそこで見ている事にも気付かず。

nextpage

私の揃えた物をリサイクルショップに売り払おうと算段をし、義姉は私の服やアクセサリー、バッグと共に、未だ一度も使用していない食器を嬉々として箱に詰め、自宅に送ろうとしている。

nextpage

渡さない

許さない

触らないで

早くここから出て行け!!

nextpage

私は義姉の背中に覆いかぶさる様に張り付いた。

そして、そのままベランダへ引き摺る様に連れて行く。

nextpage

死ね

死ね

死ね

死ね

死ね

nextpage

死ね

死ね

死ね

死ね

死ね

義姉の耳元で囁く

nextpage

義姉はベランダの手すりにつかまり、まるで景色を楽しむかの様に辺りを見回し、そのまま足を柵にかけると空中に身を投げる。

nextpage

兄はフラフラとベランダに出た妻を目で追いつつも、作業の手を止める事なくただ見ていた。

突然、視界から消えた妻。

慌てて後を追い、ベランダから下を見ると、遥か下のコンクリートの上、広がる血溜まりの中に不自然な形で手足を曲げた妻の姿。

nextpage

兄はそのまま鍵もかけず部屋を飛び出した。

エレベーターのボタンを押すが下層階で止まり、上まで上がって来るのを待てなかったのだろう。

nextpage

上層階だと言うのに階段を使い、妻の元へ急いで駆け下りて居た。

……

私の物には兄だって触れさせない…

nextpage

私は兄の足首を両手で掴んだ。

兄は上半身を斜めにしたままの体勢で下に降りる足が動かなかった為バランスを崩し、勢い良く階段を転げ落ちて行った。

nextpage

手摺に首を打ち付けたのだろう。

頚椎がポッキリと折れ、そのまま動かなくなった。

私は兄の遺体を眺めていたが飽きると、自分の部屋に戻って行った。

nextpage

私はコツコツと貯めたお金で家を買った。

その部屋にいるだけ。

誰も呼んでなど居ないし、誰にも来て欲しくもない。

nextpage

なのに、人が勝手にやって来る。

色々な不動産屋がやって来た。

中には視える人も居た様で、怪しい霊能者や霊媒師などが何人も不動産屋に呼ばれて来た。

nextpage

だけど、私は自分の家に居るだけ。

私のテリトリーに入って来た者は、無条件で排除するのみ。

そんな者はことごとく、怪我を負い、中には命を落とす者もいた。

nextpage

私から言わせると自業自得。

人の住まいに勝手に入って来る不法侵入者なのだから。

私の物を私の許可なく売りさばこうなんて、盗人猛々しい。

nextpage

……

私は自分の家に居るだけ…

………

それだけ…

…… … …

Normal
コメント怖い
8
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@小夜子 様
コメント&怖ポチを有難うございます ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
私なんていい加減な人だから、自分ルールを作って、それを貫き通す人にはなれませんヽ(;▽;)ノ

だからこそ、「もっと肩の力抜いて生きようよ」と、この人に言いたいなぁと。

それから…
有難うございます。゚(゚´Д`゚)゚。
ちょっと長い手術になるそうです。
でも、もう少し進んでしまったら手術も出来なくなるから、手術が出来るなんてラッキーなんです(๐•v•๐)๓
今は治す事を頑張ろうと思っています。
小夜子さん…
生きていれば色々ありますよね ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

でも、それは生きているから感じられる事で…悪い事が起きても、辛い事が起きても、ある意味、マイナスだけではありませんから(。ゝ∀・)b

プラスに持って行くのもマイナスだけにしてしまうのも、自分次第なんだろうなって思っちゃっています(*´艸`)

だから私は…
少しでもプラスに持って行こうと思ってます♬

一緒に頑張りましょうね( ^^)人(^^ )

返信

@りこ-2 ちゃん
コメント&怖ポチを有難うございます ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
私は、こんなに真面目に生きた事がないから、この女性の気持ちが本当に分かるのかと聞かれれば、「分からない」としか答えられないけれど…
一人でいるのも好き。
でも少人数で語り合うのも好き。
大勢でワイワイキャッキャするのも好き。
そんな私なので、りこちゃんと同じ感想しか思い浮かばないです(´・ω・`;)

たまには良いじゃん♬
羽目を外したって♬
って。

返信

@むぅ 様
コメント&怖ポチを有難うございます ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
懐かしいワードを散りばめましたが、某お立ち台のあるディスコが流行った時には、既に2人の子持ちになっていた私ですww
その前の、◯本木の◯ハラジャの頃は、友達もメイクして(男)黒服なんてやっていたから、たまに遊びに行ったりもしてましたがw
(懐かしい過去ですww)
そんな時代でも、自分の道を外す事なく生きている女性はいました…よね…きっと…。

そして…
もう…
むぅさんてば…(´;ω;`)

本当にいつも嬉しい事言ってくれちゃって…

泣いちゃったじゃないですか。゚(゚´Д`゚)゚。

沢山の人から沢山の頑張る力を頂きましたから、どんな事があろうと私らしく乗り越えて行きますから(๑•̀ㅂ•́)و✧

又、元気になって戻って来ます!!

返信

@MEG 様

コメント&怖ポチを有難うございます ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

私と同じ様に感じて下さって嬉しいですヽ(;▽;)ノ

真面目に生きて来ただけなのに…

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信