中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ももいろクローZ

●登場人物

美佐子

まゆ

陽子

(全員二十一 高校時代からの友達)

男(美佐子の彼氏)

○美佐子の部屋 玄関 ※以下、全て美佐子の部屋にて。

   玄関の前。まゆが玄関のベルを鳴らす。

   反応がないので、もう一度、鳴らす。

   再び反応がない。

   が、何度目かのベルの後、やっとドアが開く。

美佐子「まゆ……?」

   ドアチェーンは掛けたまま。

まゆ「ごめんね。久し振りに美佐子の顔を見たくなっちゃった。ん?」

   美佐子の手が濡れている。

美佐子「(一瞬、戸惑ったような表情をしてから)ちょっと掃除してたの。さ、入って」

   ドアチェーンを外して、まゆを招き入れる。

○リビング

美佐子「楽にして」

   そう言ってキッチンに入る。

○キッチン

   美佐子が紅茶の準備をしている。

○リビング

   美佐子がトレーに紅茶を載せて入って来る。

   が、まゆがいない。

美佐子「まゆ?」

   そのとき美佐子の携帯が鳴る。

   トレーを置いて携帯に出る。

携帯、陽子「(慌てた声で)あ! 美佐子!」

美佐子「陽子? どうしたの?」

携帯、陽子「き、聞いた?」

美佐子「何?」

携帯、陽子「まゆが……まゆが死んだの……」

美佐子「え?」

携帯、陽子「一時間前、大学の研究室で実験しているとき、爆発事故が起きて──まゆが、まゆが死んじゃった……。美佐子はまゆと仲がよかったから早く知らせておこうと思って……」

美佐子「わ、分かった……」

携帯、陽子「じゃあ切るね……他にも知らせないといけないから……」

美佐子「あ、ありがとう……」

   携帯を切って床に崩れ落ちる。

美佐子「まゆ……。最後に会いに来てくれたのね……」

   泣く。

○クローゼットの中

   クローゼットの中に、まゆが隠れている。ドアを薄く開けて美佐子を覗き見ている。

まゆのM「わたしのために泣いてくれるのね……。ごめんね。今、出て行くからね。あ!」

   そのとき、まゆに何かがもたれ掛かる。

まゆ「何?」

   それは若い男だった。まゆ、悲鳴を上げながらクローゼットの外に飛び出す。

○リビング

   クローゼットの中から飛び出して来た、まゆを見て、

美佐子「まゆ……」

まゆ「(腰を抜かしている)な、中に人が──」

   クローゼットを指差す。

美佐子「まゆ……。どういうこと……? 死んだんじゃなかったの……?」

まゆ「(ヒステリックに)ごめんなさい! 陽子と組んでイタズラしたの!」

   クローゼットの中の男が倒れ出て来る。

   胸に刺し傷がある。一見して死んでいることが分かる。

まゆ「キャー!」

美佐子「……」

まゆ「し、死んでる! どうして? どうして?」

美佐子「(突然、笑い出す)ふふふふ。あははは。だって他の女と付き合うから別れろって、料理していたわたしに向かって平気な顔で言うんだもの」

   そう言うと、立ち上がってキッチンに向かう。

まゆ「美佐子?」

   美佐子、包丁を持って戻って来る。

まゆ「美佐子?」

美佐子「まゆ……ごめんね……」

   まゆに向かって包丁を振り上げる。

まゆ「美佐子! やめてー!」

包丁を刺した音「グサッ!」

   暗転。

   放心状態の美佐子がいる。

   二人の死体が消えている。が、カーペットには、まゆの血の痕が。

   そのとき美佐子の携帯が鳴る。

美佐子「はい」

携帯、陽子「あ、美佐子? ごめん。怖かった?」

美佐子「──え? 何が……?」

携帯、陽子「ひょっとして怒ってる? まゆと代わって」

美佐子「来てないよ。だってまゆは死んだんでしょ」

携帯、陽子「それはもういいの! 来てないはずないじゃない。携帯で連絡を取り合って、まゆとタイミングを合わせたのよ」

   クローゼットの中から、まゆの死体が倒れ出て来る。

携帯、陽子「(音を聞いて)あー。今の音」

美佐子「(否定する)ううん。違うよ。まゆじゃないよ」

   今度は男の死体が倒れ出て来る。

携帯、陽子「(再び、音を聞いて)ほらー! 早くまゆと代わりなよー!」

美佐子「ううん。今のは……今のは少なくともまゆじゃないよ……」

   暗転。

Normal
コメント怖い
1
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

りこ-2さん。はな-2さん。怖いよ怖いよ、ありがtwo。
肩コリ酷太郎さん。怖いよ、ありがとう。

返信