中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ベットの下には…

 数年前、埼玉県の大宮区にあるラブホテルで殺人事件があった。新聞には掲載されていたが、テレビのニュースに取り上げられた記憶はない。

nextpage

 当時の記事を思い返すと、「出会い系サイトで知り合った男女が、そのラブホテルを利用。金銭的なトラブルが発生し殺人事件にまで発展した。」との内容だったと思う。

nextpage

 男性は女性を殺害し、その死体をベットの下に隠して、何事もなかったように1人で帰ってしまったのだ。

nextpage

 その後、その女性の死体が発見されるまでの間、実に3組ものカップルが、死体が隠されたベットの上で行為そのものを楽しんでいたのである。

nextpage

 4組目のカップルの男性が、ベットに違和感を感じ、ベットの下を調べるように覗き込んだ結果、女性の全裸死体を発見し度肝を抜かれたのだ。

nextpage

 当時の大宮近辺のデリヘル譲は、ほとんどがこの事件を知っていて、どこのラブホテルで何号室であるのかまでを把握していた。

nextpage

今はホテルの名前が変わり、看板等やデザインも一新されたが、部屋自体の改装やリフォームはほとんど行われていないようだ。

nextpage

 このラブホテルは、主要道路と主要道路と並行に走る、一方通行の裏道にサンドイッチのように挟まれている。

nextpage

 主要道路から、並行に走る裏道へと移動するには、このラブホテルの直ぐ脇を通っている、私有の細い路地を抜けるのが一番早い。

nextpage

 私はその路地をよく利用するのだが、その路地は一種独特で陰湿な雰囲気が漂っている。

nextpage

 「いやだなぁ~」と思いながらも、その路地を歩いて行くと、街灯がほとんど届かない場所へと到達する。

nextpage

 ほんの6メートル程だが、正しく夜中は真っ暗なのである。

nextpage

 その場を、そそくさと小走りで通り過ぎようとすると、ふと後ろに人の気配を感じた…。

nextpage

 殺人事件の事が脳裏を翳める。

nextpage

 人の気配は、微かな足音が…妙な空気感として伝わってくる。

nextpage

 振り返りたくはないが、どうしても気になる。

nextpage

 そっと立ち止まり後ろを振り返ってみた。

nextpage

separator

sound:39

separator

nextpage

 私は全ての記憶を消し去り、何事もなかったように帰路を急いだ。

Normal
コメント怖い
6
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

そのホテル探しちゃうかもしれません…大宮近いので!

返信