中編2
  • 表示切替
  • 使い方

空気清浄機

先日、空気清浄機をある電気店で購入してきた、プラズマクラスター対応の高性能商品である。

リビングに設置し、電源を入れて放置しておくと、自動的に「ヴィーン」と稼働する。

汚れた空気をどのように探知しているか不明だが、時おり稼働しては唸っている。

nextpage

当初は定期的に稼働していると思っていたが、そうでもない。

臭いのキツイものを感知すると、稼働することも分かってきた。

nextpage

夜な夜なテレビを見ていると、いきなり空気清浄機が「ヴィーン」と唸った。

臭いのするものもない、空気も汚れてはいないはずだ、

『時間の経過でも、稼働するようになっているのかな?』と思い、気にしないようにしていた。

nextpage

突然、ふと気がついた、『そういえば恐怖映画や心霊番組を見だすと、空気清浄機が稼働してたな…』

『まさか?』と思い、映画リングのDVDを再生してみた。

nextpage

すると突然

「ヴィーン」空気清浄機が動き出した。

『嘘だろ…』

貞子が画面から、出てこようとする場面では、いきなり

「ヴィーーン」と強く稼働しだした。

nextpage

リングの映画も怖いし、空気清浄機も怖い。

リモコンでDVDを止めたとたん、空気清浄機は、ものの見事に静かになった。

nextpage

「心霊探知機かよ!」とつぶやき、恐る恐るトイレにいく、もちろん全ての電気をつけて、

鏡を見ないように、そして歌を歌いながら…、さっきのことを無理やり忘れてたふりをして、急いでトイレをすませた。

nextpage

リビングに戻り、雰囲気を変えようと、お笑い番組にチャンネルを合わせた。

するといきなり、

nextpage

shake

「ヴィーーン」「ヴィーーーン」「ヴィィーーーーーーーーーン」

shake

nextpage

狂ったように空気清浄機が唸る。

ぞわぞわと首筋から背中へと鳥肌が立ち、嫌な汗が噴き出してきた。

何かが、部屋の中に…、何かがいるような気配を感じる。

nextpage

テレビ画面がCMに切り替わり、ほんの一瞬、画面に反射した俺を映し出した。

その画面には、俺の後ろに…もうひとり得体のしれない何かが写っていた、

「うっ!」体は硬直し、神経のみが洗練されてとても敏感になる。

全身で感じる、何かがいる…、俺のうしろに…

nextpage

shake

sound:7

「ヴィィーーーーーーーン」「ヴィィーーーーーーーン」

shake

「ヴィィーーーーーーーン」「ヴィィーーーーーーーン」

空気清浄機は狂ったように唸りまくっている。

nextpage

「南無阿弥陀仏…」「南無阿弥陀仏…」

俺も狂ったかのように念仏を唱えた…

Normal
コメント怖い
5
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

心霊現象を予め探知できるって、便利なようでいて恐怖を増幅させるだけですね…

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信