短編1
  • 表示切替
  • 使い方

高速

中学生の時の話です

夜、寝ていると

「フンフンフンフン」

と、超高速の鼻息が聞こえてきました

『なんじゃこりゃー!!』

と思ってしばらく布団の中にうずくまっていましたが、一向におさまらず、仕方なく起き上がって電気をつけましたが、それでもおさまらないので親の所に逃げ込みました

親に話すと、「兄ちゃんの鼻息じゃろう」と言われましたが、あんなめちゃくちゃ早い鼻息しないと思います…

その後も、みんな寝た後に足跡が聞こえて、「誰かトイレかな??」と思っても電気が付かず、調べたらみんな寝ていたり、トイレ扉のすりガラスに音もなく影が通りすぎたり…

「猫じゃろ」

といわれましたが

いやいやあれ人間の足音だし…

すりガラスに写るほど猫でかくないし…

多分こっくりさんをした後だったので、少し関係があるかもしれません

塩を部屋に置いたらおさまりました

今でも財布に塩いれてます

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ