短編1
  • 表示切替
  • 使い方

霊感の強い男が

自宅前の坂道でよく出会う自転車に乗ったおばちゃんがいる。

比較的ゆるいその坂道を、いつも必死の形相で、まるで何かに追われるように額に汗して登っていくので、通りすがりに振り返って見てみると、自転車の荷台に、猿のような人間の少女が座っているとゆう。

あんまり頻繁にそのおばちゃんに出会うので

ある日男は不憫に思い、荷台に乗っている妙な少女のことを教えてあげようと、声を掛けようとすると、おばちゃんはいつもの必死の形相のまま、

「知ってます。」

とだけ言って通り過ぎて行った。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
7430
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ