中編3
  • 表示切替
  • 使い方

コンビニフィットネス

皆さんはコンビニフィットネスをご存知だろうか?

今流行りの箱だけ用意して、後は勝手にどうぞのトレーニングジム。

有名なのが○○タイムとかがある。

24時間営業という事もあり、自分の時間でトレーニングできる手軽さなど人気だが、管理は図三だ。

そのコンビニフィットネスで僕が体験した話を書こうと思う。

細マッチョを目指し、週三回ほど某コンビニフィットネスに通っていた。

大体は深夜帯が多く、客も少ないため、何不便なくトレーニングをできていた。

nextpage

「たしか、先週も来てましたね!精が出ますね!」

不意に声をかけられた。

トレーナーはもういない時間、声がする方に振り向くと、2mあるであろうか、ムキムキの強面な大男が立っていた。

しかも、上裸……。( 上裸でトレーニングは禁止事項なんだが……。 )と思いつつも、そこからトレーニングの話しなどで、盛り上がり、トレーニング仲間としてLINEを交換する事になった。

nextpage

ちょっと年上だろうか?20代後半くらいで、トレーニングの知識が凄く、色々教えてもらっていた。

高倉さんといい、少し容姿に圧倒されながらも、仲良くしていた。

nextpage

三ヶ月くらいたった頃だろうか。

仕事が忙しくなり、ジムに行けない日、むしろ疲れて行きたくない日が続いていた。

しかし、月会費も払ってるため、勿体ないと思い、最低週一回は行くようにしていた。

その際、毎回、高倉さんはいて

「最近来ないじゃん。トレーニングは続けないと意味ないだろ。そんな事お前でもわかんだろ?」など、何故か説教を受けて、流していたが、少し嫌気がさしていた。

nextpage

それが段々エスカレートしていき、LINEにて、良いプロテインがあるから今日は絶対来い。今日は俺のペンチプレスの補助に入れ。など言ってくるようになっていた。

仕事で行けないの返事や無視をすると鬼電。

出ると物凄い勢いで

shake

「てめー!!なに無視してんだ!舐めんじゃねーぞ!今日来なかったらお前、覚えてろ!」

正直めちゃくちゃびびっていた。

もうこのまま解約して行くのを辞めようかと思ったが、後が怖いので指定された時間にジムに向かった。

「おせーぞ!てめぇふざけてんのか!?」

いつもの黒いタンクトップ。極太い腕で、胸ぐらを掴まれた。

他の客もいたが、ザワザワ、チラチラ、勿論止めてくれるトレーナーもいない。

監視カメラはあるが、所詮何もしてくれない。

「ちょっと来い。」

僕は男性更衣室に引きずられるようにして連れて行かれた。

「脱げ。」

え?

「全裸になれ。今からお仕置だ。」

ここで、初めて気づいた。

こいつは最初からこれが目的の○○だったのか……と思った。

助けを求めようとしたが、恐怖で声が出ない。

殺されるかと思うほど、僕は完全に支配されていた。

両手で頭を鷲掴みされ、覚悟してブルブル震えながら脱ごうとした瞬間、数人の大学生くらいの兄ちゃん達が更衣室にワラワラと入ってきた。

高倉が、出入口に視線を向けた瞬間。

火事場の馬鹿力とでもいうのか身長165cm細身の僕が全身で高倉にタックルをした。

ここは余り覚えてないのだが、高倉は後方に吹っ飛んでいたと思う。

後ろから罵声が聞こえたが、気にせず全力で逃げた。

無我夢中で家まで走り、途中何度も転んだと思う。

家に着いて気がついた時には足が傷だらけになっていた。

その日は恥ずかしい話し、友達に電話をして夜通し慰めてもらった。

nextpage

翌日、ジムの本部に報告。監視カメラを確認して、高倉を出禁にする検討をするとの事だった。

ロッカーに入れっぱなしの財布、携帯などは直接、本社の人間が届けてくれ、月会費も全額返金してもらった。

「昨日はごめんなさい。また一緒にトレーニングしませんか?」

高倉からそんなLINEが来ていたが、当然無視してブロックをした。

これが2年ほど前の話し。

今現在は報復なはないが、たまに不安になる時がある。

現在僕は民間のジムでトレーニングを続けている。

トレーナーが目を光らせて巡回してくれている事がこんなにも安心できるのかと改めて感じている。

もし、コンビニフィットネスに通っている方。

通おうと思っている方がいたら是非注意をしてほしい。

身長2m程、全身焼けていて、白ぶち眼鏡の大男がいたら、それは高倉かもしれないから。

Concrete
コメント怖い
3
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信