中編4
  • 表示切替
  • 使い方

更にもう一つのヤマノケ

皆さんは伝説の怖話、「ヤマノケ」そして、「もう一つのヤマノケ」をご存知だろうか?

知らない方のために一応コメント欄にでも添付しておきます。

今回お話しすることは、つい先日俺の周りでおこった出来事がこの「ヤマノケシリーズ」に非常に酷似していた事から、皆さんにも注意して欲しいという意味で書いてみました。

それでは、最後まで読んで頂けたら幸いです。

1

その日俺は後輩の山村龍と、居酒屋でのみ、美人ママがいると噂のラウンジでボッタクられてお互い無言のまま帰路についていた。(もちろん飲酒運転)

夜も更けていて、道いく人や車もまばら。国道をそれて俺たちの車は山道に差し掛かった。

給料日までまだ10日もあるのにこんな身包みはがされちまって…これからどうやって生きていこう。後輩に払わせるわけにもいかないし、やっぱカッコつけて全額払ったのはマズかったかな?

カッコ悪いけど、龍に10000円借りようかしら…などと考えながら龍をチラ見すると、バカみたいに赤い顔をした龍がタバコに火をつけていた。

「おう、てめえ!何やってんだよ?!この車禁煙だぞコラ!」

「あっ!兄貴さーせん!忘れてました!」

慌てた龍が咥えていた火のついたタバコを、あろう事かシートの隙間に落としやがった。

「おい!てめえこんにゃろ!ブッコロされてーか!!」

「さーせん!さーせん!さーせん!」

龍が必死にその隙間へ手をつっこもうとするが、グローブみたいな拳が狭い空間に入るはずもなく、次第に車内は焦げくさいにおいで充満し始めた。

「こ、ここ!これしかない!」

次の瞬間、追い込まれた龍は信じられない行動に出た。なんとホルダーにささっていた缶ビールを俺の新車のシートにブチまけたのだ。

とりあえず車を山中の路肩にとめ、土下座する龍の頭をボコボコにしていたら、森の中から突然女の悲鳴のような声が聞こえた。

「な、なんだよ今の?」

「うう…。これはたぶん鹿ッス。鹿が鳴いたらこんな声だって前にも教えたじゃないですか兄貴」

「あんだとてめえ偉そうに!まだ殴られたいか?ああ?」

「ちょっとまってください静かに!なんか聞こえません?」

耳をすますと確かに暗い森の奥から、ガサ、ガサ、と何かが近づいてくる音がする。しかもまるでぴょんぴょんと飛び跳ねているような音だ。

「鹿か?」

「たぶん違います…鹿とも猪とも似ていない…これってもしかして…」

次の瞬間、龍は俺の車を指差して悲鳴をあげた。「うわー!兄貴!なにやってんすか?!か、カラス!前輪でカラス轢いちゃってますやん!」

見ると、確かに黒いカラスが俺の車に踏み潰されていた。腹はねじれ、クチバシはもげ、目玉も飛び出している。

「はやく!はやく逃げないとヤバイすよ兄貴!これはヤマノケッすよ!カラス轢いちゃダメですってバカだなー!何やってんすかアンタ?!!」

俺と龍は急いで車に乗り込み、エンジンがかかった事に安心した瞬間、フロントガラスに何かがぶつかった。

そいつはボンネットに飛びのり、熊みたいな毛むくじゃらの太い腕でガラスを叩いている。それはいままで見てきた動物とは明らかに違う、人間でいう胸のあたりに大きな顔がついていた。

そいつはドロドロになったガラスを撫でるように拭きながら、車の中を覗きこんできて、バラバラな歯を見せながら大きく口を開けた。

「おい龍!大丈夫か?!」

後輩の身を案じ隣りを見ると、龍も大きな口を開けて、ぼろぼろと涙を流していた。

俺はしばらく気を失っていたようだ。

数分かもしれないし、もっとかもしれない。一瞬、夢かと期待したが、フロントガラスはドロドロで、ヒビも入っていた。新車なのに。

幸い、近くにあのバケモノの姿はない。

隣りの龍はまだ寝ているようで、夢でも見ているのか何やらぶつぶつ言っている。

耳を近づけてみると、「ハイレタ、ハイレタ、ハイレタ、ハイレタ」などと、意味不明な言葉を繰り返していた。

「ちょっと待て!『ハイレタ…』って、何かどっかで聞いた事があるぞ?」次の瞬間俺はハッ!とした。

急いで最近はアクセスしていなかった、日本一のホラー小説サイト「怖話」を立ち上げ、「特選の話」から「ヤマノケ」という話を探しだした。

ヤマノケを読み終わり、ついでにもう一つのヤマノケも読み終わった瞬間、俺はアクセルを目一杯にふみ込んだ。

「寺!寺!寺はどこだ?!龍がやられた!!警察も病院もダメだ!寺!寺に連れてかねーと!!」

5分ほど走ると幹線道路にでたので少し安心した。俺は車を止めて、スマホのホームボタンを長押しした。

「へい、Siri!一番近くのお寺を探して!」

Siri「すみません、聴き取れませんでした」

つづく

Concrete
コメント怖い
4
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

夜行バスさ…失礼!夜行列車様、この度は僕の「実話恐怖体験」に怖ポチ&コメントをベリーベリーマーマレードです。
パンにマーマレードをつけて食べると美味しいですよね?最近発見しました。
はい、えっ?…いえいえ、僕は笑わせにいったつもりはこれっぽっちもありませんよ?至って真面目に…ひひ…
これからもよろしくお願いします!

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信