短編1
  • 表示切替
  • 使い方

飢えたマリア像

ヨーロッパの怖い話

ある小さな山村の教会に、木彫りのマリア像があり、毎朝一人の少年が祈りを捧げていた

ある日、いつものように少年が祈っていると、マリア像が

「お腹が空いた」

と語りかけてきた

お告げだと思った少年は、すぐに食べ物も持ってきて、マリア像にお供えした

すると、マリア像は少年の見ている前で、ガツガツとお供えを食べてしまった

それからも少年は食べ物をお供えし続けた

マリア像はどんどんと肥え太っていった

それを見た村人は、

「マリア様が懐妊なされた」

と、騒ぎだした

半年程たったある日、マリア像は少年に

「お前はよい子だから、天国に連れて行ってあげよう」

と告げた

少年は喜び、マリア像に抱き付いた

すると、途端にマリア像が倒れ込み、少年は下敷きになって死んでしまった

流石におかしいと思った教会の神父は、思い切って斧でマリア像を切りつけた

するとマリア像は、獣のような絶叫をあげ、凄まじい異臭のする血を撒き散らしながら転げ回り、やがて動かなくなった

その後、マリア像の腹部を割り開いてみると、明らかに人とも獣とも違う、異様な臓物が出てきたという

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
41200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ