中編2
  • 表示切替
  • 使い方

二人の子供

これは、会社の同僚であるK子さんから打ち明けられた話です。

以下、K子さんの語り。

その日は、雨が絶え間なく降っていました。

知人の葬式の帰り道、六歳の息子を連れて、二人で傘をさしながら歩いていた時の事。

手を繋いでいた息子が、ふと、私の手を振りほどいたんです。

執拗な雨のせいで早く帰りたかった私は、

「もう何してるの、早く帰るわよ」

と、振り返り、息子に言いました。

が、その時です。

振り返った先に息子はいました。

ですが、一人ではなく、二人……。

何を言ってるのかと思われるかもしれませんが、信じられない事に、私の目の前には、身に付けた衣装も、その顔も形も、全く瓜二つの息子がいたんです。

もちろん私の息子は双子なんかじゃありません。

一人息子です。

もう訳が分からず、

「えっ!えっ!?何で!?」

と、一人混乱していた時です。

二人の息子が、ほぼ同時に、

「ママぁ……」

口を歪め、ニヤァっと笑ったのです。

「あぁっ!うぁぁっ!」

気が動転した私は、目の前にあった小さな息子の手を取り、強引に引っ張りました。

持っていた傘も捨て、その手を掴んで必死にその場から走ったんです。

息を切らせながら一度だけ振り向くと、泣きながら私に引き摺られる息子と、その遥か後方に、傘をさして一人立ち尽くす、もう一人の私の息子が、此方をじっと見送っていました。

その後は無我夢中でした。

家に帰り着くと、息子はわんわんと泣いていて、そんな息子を抱きしめながら、私も声を上げて泣いていました。

ですが、それから十年が立った時です。

近所の土砂から、身元不明の子供の骨が、発見されたんです。

近所では結構大きな騒ぎでしたので、私も気になって野次馬に混じっていたんですが……。

見てしまったんです……次々と警察や消防隊の方が運んでゆく物の中に、十年前、私の息子がさしていたあの傘を……。

ボロボロで錆び付いた鉄クズでしたが、私にはそれが、昨日の事のように、明確に、ハッキリと、あれが息子がさしていたものだと、分かったんです。

以上が、K子さんが私に打ち明けてくれた話です。

最後にK子さんはこう言ってました。

最近、息子の行動や言動が変なんです……。

何もない虚空を見上げニヤニヤと笑ってみせたり、ブツブツと、独り言で誰かと喋っていたり……今家にいる息子は、本当に、私の息子なんでしょうか?

と……。

Normal
コメント怖い
3
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

偽物が夢に出たことはありますが・・・
身内、況してや子供が偽物なんて怖すぎますね。

返信
表示
ネタバレ注意
返信