短編2
  • 表示切替
  • 使い方

湿った手紙

行方不明になっていた幼なじみがおととし見つかった。

大雪が降った日、実家の玄関にノースリーブワンピースを着て立っていたそうだ。

本人いわく記憶がなく、保険証の住所を頼りに来てみた、と。

彼女の所持品は保険証と壊れた携帯だけだった。

私を忘れてしまった彼女との会話は難しく、時折断片的に口走る言葉が恐ろしくもあり、次第に会わなくなってしまった。

今年の正月のこと。

東京住まいの私は実家に戻り、家族と過ごしていた。

東京に帰る前の夜。

部屋で兄夫婦と飲んでいた。

深夜1時をまわり、そろそろ片付けて寝ようと話していたとき、雪を踏む音がする。

部屋は玄関の近く。窓から誰がきたかわかる。

カーテンを細くあけ見ると、その幼なじみだった。

夜のうちに積もった雪を踏み、玄関に立っていた。

『静かに』

声に出さず兄夫婦に言った。

幼なじみはポケットから何かを取り出し、冬の間は使っていない郵便受けに突っ込むと帰って行った。

眠れずに朝を迎えた。

外が明るくなるのを確認すると郵便受けを見に行った。

溶けた雪で湿った手紙が入っていた。

宛名は『美由紀へ』

『全部思い出したよ。

今まで迷惑かけてごめんね。もう大丈夫だから。』

短い手紙と一緒に写真が入っていた。

病院の待合室のような殺風景な部屋の写真。

『こいつが犯人』

矢印の先にはとある新興宗教の教祖の顔があった。

何が本当か

何が嘘かわからない。

何かが怖くて仕方ない。

ただ一つ言えるのは、

私の名前が美由紀ではないということだけ。

怖い話投稿:ホラーテラー 合法さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ