短編1
  • 表示切替
  • 使い方

呪う女

漫画で読んで怖かったのでみんなにも

「ジョン散歩いくよ」

私達の散歩道はお寺の境内を一周と言う所でした。いつもの様に散歩しているとジョンは急に珍しく林の中へ入って行きました。私はすぐジョンを探しているとジョンは一本の木の前に…

「ジョン!ダメじゃな…い」

「わん!わん!」

私はジョンが泣いた方向を見るとそこには木に付けられたわら人形。私は気味悪く即家へと帰りました。翌日学校の友人にその事を話すと話が膨れ上がり夜そこに行く事になりました。

私達は現地に付きそのまま帰るのは楽しくないと言うことになり隠れわら人形をした人を見よう!!と言うことで草村に隠れていました。30分後現れました。

裸足にハンマー…その恐怖か他の何かに築いたのか友人の1人が急に立ち上がりました。『ガザっ!!』ヤバい。私はそう思い築かれる前に逃げようとする頃には遅かった。女性は私達に築いたのか私達に体と顔を向け言葉にならない何かを叫び私達めがけて走ってきました。私は立ち上がった友人の他3人の友達と逃げました。女性は巻き友人にどうして立ち上がったのかを聞いてみると話してくれました。「あの女に…あの女の体にへばりついて…いたんだよ…たくさんの赤ん坊が!!!!!」

怖い話投稿:ホラーテラー KANETAKEさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ